JWSSNニュース

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

カテゴリ:ビルボード

 前作「MIC Drop」の初週累計を7万枚超上回り、初週526,274枚を売り上げたBTS (防弾少年団)「FAKE LOVE」が、シングル1位、ダウンロード86位、ストリーミング18位、ルックアップ3位、Twitter9位、ラジオ56位、動画再生23位と、シングル・ポイントが牽引する形で“JAPAN HOT100”総合首位となった。また、Twitter1位となったのは、同シングル収録の「Airplane pt.2」。こちらは動画再生回数11位で、「FAKE LOVE」をTwitterと動画で上回る初動となり、総合25位につけている。

 前週ラジオ解禁、当週ダウンロード解禁となったback number「オールドファッション」は、ダウンロード1位、ラジオ16位(前週9位)、Twitter51位で、総合では81位から4位にジャンプアップし、相変わらずの訴求力の強さを見せつけた。シングル・リリースを11月21日に控え、勢いを維持することとなるか、今後のチャート・アクションに注目だ。

 夏から秋にかけて長期間チャート上位を維持していたDA PUMP「U.S.A.」が徐々に後退して総合7位となっている。当週はTWICEの新曲「YES or YES」が、いきなり動画再生数9,890,892回をマークして1位、「U.S.A.」は6,196,860回で2位となった。「U.S.A.」の再生数自体は前週とほぼ変わらないものの、新曲「YES or YES」の勢いに後塵を拝した格好だ。また、あいみょん「今夜このまま」に2週連続でストリーミング1位を奪われ、当週では「YES or YES」がストリーミングでも2位となり、「U.S.A.」は3位となった。DA PUMPは『第69回NHK紅白歌合戦』への出演も決まり、今年の代表曲として「U.S.A.」にスポットが当たるであろうことから、更なるポイントの積み上げは確実視されるものの、それまで上位を維持できるか、今後の展開にこちらも注目だ。


◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「FAKE LOVE」BTS (防弾少年団)
2位「Flamingo」米津玄師
3位「Lemon」米津玄師
4位「オールドファッション」back number
5位「YES or YES」TWICE
6位「UNION」OxT
7位「U.S.A.」DA PUMP
8位「GOOD and EVIL」UVERworld
9位「今夜このまま」あいみょん
10位「帰り道は遠回りしたくなる」乃木坂46
11位「Catch up, latency」UNISON SQUARE GARDEN
12位「風をみつめて」コブクロ
13位「TEENAGE RIOT」米津玄師
14位「プロローグ」Uru
15位「Chapter II」SUPERNOVA
16位「天道虫」THE YELLOW MONKEY
17位「獣ゆく細道」椎名林檎と宮本浩次
18位「DEATH RESPECT」ヒプノシスマイク(MAD TRIGGER CREW・麻天狼)
19位「Office Love」SOLIDEMO
20位「BAAM」MOMOLAND



 2018年11月19日付(集計期間:2018年11月5日~11月11日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、My Hair is Badの最新作『hadaka e.p.』が総合首位を獲得した。

 2017年11月にリリースされた3rdフルアルバム『mothers』以来、約1年ぶりの新作となる『hadaka e.p.』は、全5曲入りのEP作品。初週20,999枚を売り上げてフィジカル・セールス3位、2,377DLを売り上げてデジタル・セールス4位、ルックアップ6位と全指標が高ランクで、総合ではトップに立った。My Hair is Badの当チャート最高位は『mothers』の2位だったので、今回が自身初の総合アルバム首位獲得となる。

 アプリ・ゲーム『A3!』のミニアルバム・シリーズ第3弾『A3! VIVID AUTUMN EP』と『A3! VIVID WINTER EP』は、それぞれ初週27,595枚、24,667枚を売り上げてフィジカル・セールス1位、2位を独占していたが、ダウンロードでは100位内チャートインを逃し、それぞれ総合2位、3位に入った。また、同シリーズ作品から、10月にリリースされた『A3! VIVID SPRING EP』が47位、『A3! VIVID SUMMER EP』が51位にまで、どちらも前週から順位を大きく上げている。

 総合4位には、ザ・ビートルズが1968年に発表し、11月9日に“50周年記念エディション”としてリリースされたアルバム『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』がエントリー。デモや未発表音源を多数収録しているほか、形態によってはブックレットやポスター、ポートレート写真などが付属していることもあって、18,216枚を売り上げて4位に入ったフィジカル・セールスが総合順位を牽引した。

 クイーンの初代ヴォーカリストで、1991年に亡くなったフレディ・マーキュリーの生き様を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、11月9日に日本公開となったことを受けて、映画のオリジナル・サウンドトラック『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』が総合6位をマーク。2,404DLを売り上げて3位となったデジタル・セールスが牽引し、総合順位を前週の30位から大きくジャンプアップさせた。10月19日に全世界同時発売された本作は、10月29日付チャートで31位に初登場、4週目のチャートインにして初のトップ10入りを果たしてみせた。

 なおクイーンは今回、総合13位に『クイーン・ジュエルズ』、33位に『グレイテスト・ヒッツ』をチャートインさせており、映画のサントラを含めると、全3作を100位内に送り込んでいる。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『hadaka e.p.』My Hair is Bad
2位『A3! VIVID AUTUMN EP』(ゲーム・ミュージック)
3位『A3! VIVID WINTER EP』(ゲーム・ミュージック)
4位『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』ザ・ビートルズ
5位『BOOTLEG』米津玄師
6位『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』クイーン
7位『YES or YES』TWICE
8位『重力と呼吸』Mr.Children
9位『Life In The Sun』HEY-SMITH
10位『初恋』宇多田ヒカル
11位『TAEMIN』テミン
12位『メカクシティリロード』じん
13位『クイーン・ジュエルズ』クイーン
14位『NOT IDOL』BILLIE IDLE
15位『ケツノポリス11』ケツメイシ
16位『アンコール』back number
17位『シミュレーション・セオリー』ミューズ
18位『女優姉妹』吉澤嘉代子
19位『笑顔。』安野希世乃
20位『うたいろ』吉岡聖恵



 2018年11月19日付(11月5日~11月11日集計)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”は、back numberの「オールドファッション」が62,927DLで堂々の首位デビューを飾った。

 ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』の主題歌に起用されている「オールドファッション」は、11月21日にリリースされるフジカル盤に先駆け、11月9日にデジタル解禁。金曜日に発売されたこともあり、集計期間は週末を含む3日間のみだったが、2位以下に大差をつけての首位獲得となった。DLに加え、エアプレイでもポイントを稼ぎ、総合ソング・チャート“JAPAN HOT100”では前週81位から急上昇し、当週首位のBTS (防弾少年団)の「FAKE LOVE」、米津玄師の「Flamingo」と「Lemon」に続き、4位につけている。

 48,095DLを獲得し、2位に初登場したのは、OxTによるTVアニメ『SSSS.GRIDMAN』のオープニング主題歌「UNION」。Twitterやルックアップでもポイントを積み上げ、“JAPAN HOT100”では6位初登場となった。なお、カップリング曲の「夢のヒーロー」は“Download Songs”16位に初登場している。

 この2曲以外に、THE YELLOW MONKEY「天道虫」(6位)、乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」(7位)、ヒプノシスマイク(MAD TRIGGER CREW・麻天狼)「DEATH RESPECT」(8位)の計5曲が当週はTOP10デビューを果たしている。乃木坂46の「帰り道は遠回りしたくなる」は、デジタル配信スタートを受け、“JAPAN HOT100”では前週61位から当週TOP10入りを果たしている。


◎【Download Songs】トップ10
1位「オールドファッション」back number(62,927ダウンロード)
2位「UNION」OxT(48,095ダウンロード)
3位「Flamingo」米津玄師(45,828ダウンロード)
4位「Lemon」米津玄師(33,802ダウンロード)
5位「プロローグ」Uru(29,171ダウンロード)
6位「天道虫」THE YELLOW MONKEY(24,906ダウンロード)
7位「帰り道は遠回りしたくなる」乃木坂46(22,045ダウンロード)
8位「DEATH RESPECT」ヒプノシスマイク(MAD TRIGGER CREW・麻天狼)(21,888ダウンロード)
9位「TEENAGE RIOT」米津玄師(19,547ダウンロード)
10位「Over "Quartzer"」Shuta Sueyoshi feat.ISSA(17,398ダウンロード)



 『MIC Drop/DNA/Crystal Snow』以来、約11か月ぶりとなるSG、BTS (防弾少年団)『FAKE LOVE/Airplane pt.2』が、初動3日間で422,376枚、その後10万枚超を売り伸ばし、初週累計で526,274枚を売り上げ、週間シングル・セールス・チャート首位を獲得した。前作の初週累計は453,721枚で、それよりも7万枚超の伸びを見せる初週スタートとなっている。

 前週1位の米津玄師『Flamingo/TEENAGE RIOT』は、当週15,790枚を売り上げて同7位に。発売以来累計で255,867枚と、25万枚を突破した。大きく旧作も動いた前週に比べると、当週は徐々に沈静化の方向となり、『Lemon』は当週5,302枚セールスで同12位から16位にダウン。とは言え発売以来累計で393,436枚と、こちらは40万枚突破目前だ。

◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2018年11月5日~11月11日までの集計)
1位『FAKE LOVE/Airplane pt.2』BTS (防弾少年団) 526,274枚
2位『GOOD and EVIL/EDENへ』UVERworld 31,875枚
3位『Chapter ?』SUPERNOVA 31,605枚
4位『Catch up, latency』UNISON SQUARE GARDEN 27,410枚
5位『風をみつめて』コブクロ 27,132枚

 今週のCDシングル売上レポートから2018年11月5日~11月7日の集計が明らかとなり、BTS (防弾少年団)『FAKE LOVE/Airplane pt.2』が422,376枚を売り上げて首位を独走している。

 BTSが日本でシングルをリリースするのは、2017年12月に発売された『MIC Drop/DNA/Crystal Snow』以来、約11か月ぶり。表題曲の「FAKE LOVE」「Airplane pt.2」は、韓国で今年5月に発売された『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear'』に収録されていた楽曲のJapanese ver.で、初回限定盤Aには「Airplane pt.2 -Japanese ver.-」のMVが収録されている。

 『FAKE LOVE/Airplane pt.2』は、現在までに422,376枚を売り上げており、これは『MIC Drop/DNA/Crystal Snow』の初動3日間売上379,101枚を約4万枚上回る数字となっている。なお、2位以下に40万枚近くの差を付けての1位となっているので、週間チャートでの首位獲得もほぼ確実と言えるだろう。

 2位には、SUPERNOVA『Chapter ?』が30,678枚を売り上げ初登場。本作は、改名&グループ再始動後初の作品となる。続いて、コブクロの20周年記念シングル『風をみつめて』が3位に。表題曲は、ドラマ『ハラスメントゲーム』の主題歌に起用されている。

 また、4位にUVERworld『GOOD and EVIL/EDENへ』、5位にUNISON SQUARE GARDEN『Catch up, latency』がそれぞれ2万枚以上のセールスを記録しチャートイン。ロックバンドが並んで速報入りを果たした。


◎Billboard JAPAN シングルセールス集計速報
(集計期間:2018年11月5日~11月7日)
1位『FAKE LOVE/Airplane pt.2』BTS (防弾少年団) 422,376枚
2位『Chapter ?』SUPERNOVA 30,678枚
3位『風をみつめて』コブクロ 25,146枚
4位『GOOD and EVIL/EDENへ』UVERworld 22,118枚
5位『Catch up, latency』UNISON SQUARE GARDEN 20,205枚

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。



 今週のCDアルバム売上レポートから2018年11月5日~11月7日の集計が明らかとなり、『A3! VIVID AUTUMN EP』と『A3! VIVID WINTER EP』がそれぞれ2万枚超を売り上げTOP2を独占している。

 『A3! VIVID AUTUMN EP』と『A3! VIVID WINTER EP』は、イケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』の各組ミニアルバム第3弾となる“VIVID EP”シリーズ作品となっており、それぞれ秋組と冬組の楽曲が収録されている。2作とも、10月にリリースされた春組・夏組に続き、キャラクターデザインは冨士原良氏の描き下ろしとなっている。

 2作は、それぞれ初動3日間で『A3! VIVID AUTUMN EP』が23,412枚、『A3! VIVID WINTER EP』が21,186枚を売り上げTOP2を走っており、その差は現在約2,000枚。次週発表の週間結果では両作の売上枚数と順位に注目したい。

 そして、昨年11月にリリースされたアルバム『mothers』以来の音源となるMy Hair is Badの新作『hadaka e.p.』が14,420枚を売り上げ3位にチャートイン。また、メンバーチェンジ後にリリースされた『Stop The War』以来2年半ぶりとなるHEY-SMITHのアルバム『LIFE IN THE SUN』が7,337枚を売り上げ4位に続いている。

 TOP5ラストには、6,377枚を売り上げているBILLIE IDLE(R)の『NOT IDOL』が入っている。本作は、BiSの元リーダーであるプー・ルイ加入後初の新録アルバムで、メンバーそれぞれが作詞を手がけた全8曲が収録されており、サウンドプロデュースはこれまでの作品同様にKEVIN MARKSが担当している。なおBILLIE IDLEは今作を携えた全国ツアー【NOT IDOL TOUR】を開催中で、12月24日に東京・渋谷ストリームホールにてツアーファイナルを迎える。
  

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2018年11月5日~11月7日の集計)
1位『A3! VIVID AUTUMN EP』(ゲーム・ミュージック) 23,412枚
2位『A3! VIVID WINTER EP』(ゲーム・ミュージック) 21,186枚
3位『hadaka e.p.』My Hair is Bad 14,420枚
4位『LIFE IN THE SUN』HEY-SMITH 7,337枚
5位『NOT IDOL』BILLIE IDLE(R) 6,377枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

 2018年11月12日付(集計期間:2018年10月29日~11月4日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、Mr.Childrenの最新アルバム『重力と呼吸』がトップに返り咲き、4週目となる総合首位を獲得した。

 10月3日にリリースされた『重力と呼吸』は、初週274,894枚を売り上げてフィジカル・セールス1位、ルックアップ1位となり、10月15日付チャートで総合首位にデビュー。初登場から3週にわたってトップを守り、前週は総合4位まで順位を落としたが、5週目の集計となる当週、9,859枚を売り上げてフィジカル・セールスで1位に再浮上。ルックアップは初登場から当週まで5週連続で1位を堅持しており、今回4週目となる2冠を達成して総合首位返り咲きを果たした。同一作品による首位獲得回数としては、DREAMS COME TRUE『DREAMS COME TRUE THE BEST ! 私のドリカム』の7回、西野カナ『Just LOVE』の5回に次ぐ歴代3位となる数字で、今年度では最多となる記録。過去4回の総合首位を獲得したアルバムにはほかに、RADWIMPS『君の名は。』、宇多田ヒカル『Fantome』、back number『アンコール』がある。

 大ヒットを記録している「Lemon」に次ぐ最新シングル「Flamingo」がCDリリースを迎え、当週“JAPAN HOT100”で総合首位を獲得した米津玄師。新作リリースを受ける形で過去のディスコグラフィが軒並みチャート順位を上げる傾向は、「Lemon」のリリース時にも見られたが、今回も2017年11月リリースの『BOOTLEG』を筆頭に、既発アルバムが一斉にチャートを上昇している。『BOOTLEG』は4,403枚を売り上げてフィジカル・セールス8位、2,390DLを売り上げてデジタル・セールス3位、そしてルックアップ2位で、総合順位は前週6位から当週2位となり、24週ぶりのトップ3入りとなった。そのほか『YANKEE』が前週20位から当週16位、『Bremen』が前週40位から当週25位、『diorama』が前週66位から当週32位までそれぞれランクアップしている。なお、2018年度における現時点での全週チャートイン・アルバムは計7作で、そのうちの3つを『BOOTLEG』、『YANKEE』、『Bremen』と米津の作品が占めている。

 そんな米津玄師『BOOTLEG』やEXOの最新アルバム『Don't Mess Up My Tempo』を抑え、当週デジタル・セールス1位となったのは、日韓混合のガールズ・グループIZ*ONEのミニ・アルバム『COLOR*IZ』。秋元康がプロデュースする48グループから宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美の3人も参加しているIZ*ONEにとって韓国デビュー作品となった『COLOR*IZ』は、初週3,973DLを売り上げて総合では3位に入った。

 そのほか、当週の初登場作品としては、EXO『Don't Mess Up My Tempo』が総合5位、柴田淳の12枚目オリジナル・アルバム『ブライニクル』が総合7位、7月に日本武道館でラスト・ワンマンライブを行ったチャットモンチーのオールタイム・ベスト『BEST MONCHY 1 -Listening-』が9位、lolの2枚目アルバム『lml』が10位をマークし、それぞれトップ10内にデビューしている。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『重力と呼吸』Mr.Children
2位『BOOTLEG』米津玄師
3位『COLOR*IZ』IZ*ONE
4位『ケツノポリス11』ケツメイシ
5位『Don't Mess Up My Tempo』EXO
6位『うたいろ』吉岡聖恵
7位『ブライニクル』柴田淳
8位『STARTING OVER』高橋優
9位『BEST MONCHY 1 -Listening-』チャットモンチー
10位『lml』lol
11位『アンコール』back number
12位『ラブとポップ ~好きだった人を思い出す歌がある~ mixed by DJ和』DJ和
13位『17才が美しいなんて、誰が言った。』JUNNA
14位『TVアニメ『Free!-Dive to the Future-』キャラクターソングミニアルバム Vol.1 Seven to High』(アニメ)
15位『Finally』安室奈美恵
16位『YANKEE』米津玄師
17位『初恋』宇多田ヒカル
18位『S・S・S』FIRST STORY
19位『松任谷由実 40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。』松任谷由実
20位『ミュージカル『刀剣乱舞』~結びの響、始まりの音~』刀剣男士 team幕末 with巴形薙刀



 Mr.Children『重力と呼吸』が、当週売上9,859枚で週間アルバム・セールス首位に返咲きを果たした。発売以来、1位→1位→1位→5位→1位と推移、4回目の首位獲得となった。発売以来累計で368,373枚となり、40万枚の大台到達が見えてきた。前週1位のケツメイシ『ケツノポリス 11』は、当週売上7,765枚で同2位、発売以来累計で49,046枚をマークしている。

 週間シングル・セールスで『Flamingo/TEENAGE RIOT』が1位となった米津玄師のAL『BOOTLEG』は、こちらもSG『Lemon』同様ロング・セールスを続けており、当週売上4,403枚で当週週間アルバム・セールスが16位から8位にジャンプ・アップ、発売以来累計で467,203枚となった。

◎Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2018年10月29日~11月4日までの集計)
1位『重力と呼吸』Mr.Children 9,859枚
2位『ケツノポリス11』ケツメイシ 7,765枚
3位『BEST MONCHY 1 -Listening-』チャットモンチー 6,979枚
4位『ブライニクル』柴田淳 6,742枚
5位『lml』lol 6,595枚



 2018年11月12日付(集計期間:2018年10月29日~11月4日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”は、あいみょん「今夜このまま」が制した。

 あいみょんは前週に引き続き、計4曲がトップ10入り。しかもその4曲全てがランクアップを果たした。今週9日には『ミュージックステーション』、来週15日には『ベストヒット歌謡祭2018』への出演も決定し、ますます波に乗るあいみょん。その勢いが顕著に表れる結果となった。

 2018年7月16日付チャートより首位をキープしていたDA PUMP「U.S.A.」は当週2位に。連続首位記録は17週でストップとなったものの、このチャートイン回数は2017年10月のストリーミング・チャート開始以来最多となる記録となる。

 12位には、GENERATIONS from EXILE TRIBE「少年」が初登場。また13位には、IZ*ONEのデビュー・ミニ・アルバム『COLOR*IZ』より「La Vie en Rose」が初チャートインを果たした。


◎【Streaming Songs】トップ10
1位「今夜このまま」あいみょん
2位「U.S.A.」DA PUMP
3位「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」MISIA
4位「マリーゴールド」あいみょん
5位「トリコ」Nissy(西島隆弘)
6位「君はロックを聴かない」あいみょん
7位「HANABI」Mr.Children
8位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
9位「愛を伝えたいだとか」あいみょん
10位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン



 前週11位まで順位を上げていた米津玄師「Flamingo」が、240,077枚を売り上げてシングル1位、ルックアップ1位、ダウンロード1位、ラジオ1位と計4冠を達成。そのほかTwitter2位、動画再生回数3位と各指標で高ポイントを獲得し、予想通り“JAPAN HOT100”総合首位となった。同じく表題曲の「TEENAGE RIOT」もダウンロード2位、Twitter1位などで総合4位に初登場、こちらのTwitter1位も含めれば、米津玄師は当週で合計5冠を獲得したことになる。

 米津は今回、DAOKOとのコラボ・ソング「打上花火」を含め、“JAPAN HOT100”に計10曲を送り込む快挙を成し遂げている。チャートインしたのは、「Flamingo」「Lemon」「TEENAGE RIOT」「ごめんね」「LOSER」「打上花火」「アイネクライネ」「ピースサイン」「灰色と青(+ 菅田将暉)」「orion」の10曲。これらはダウンロードと動画再生回数の2指標のポイントが牽引してチャートインしており、かつ「灰色と青(+ 菅田将暉)」以外の楽曲が全て順位を上げていて、新曲リリースと同時に2014年の「アイネクライネ」まで、彼の旧作にまで注目が一気に集まったことが分かる展開だ。

 また、あいみょんも複数楽曲を“JAPAN HOT100”に送り込んでいる。ストリーミングで前週2位から当週1位へとランク・アップした「今夜このまま」に加え、「マリーゴールド」「君はロックを聴かない」「愛を伝えたいだとか」の合計4曲が前週に引き続きチャートインしている。米津と異なるのはストリーミングでのポイントが牽引する形でのチャートインであることで、この好結果が11月14日にリリースとなるフィジカルにどう影響するか、注目される。


◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「Flamingo」米津玄師
2位「少年」GENERATIONS from EXILE TRIBE
3位「Lemon」米津玄師
4位「TEENAGE RIOT」米津玄師
5位「U.S.A.」DA PUMP
6位「Now or Never」SF9
7位「いきなりパンチライン」SKE48
8位「君のうた」嵐
9位「タデ食う虫もLike it!」アンジュルム
10位「プロローグ」Uru
11位「今夜このまま」あいみょん
12位「ごめんね」米津玄師
13位「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」MISIA
14位「ADAMAS」LiSA
15位「ツナグ、ソラモヨウ」Afterglow
16位「Defiance」ジェジュン
17位「贈る言葉」GReeeeN
18位「アイリス」藍井エイル
19位「ウェイスト・イット・オン・ミー feat.BTS (防弾少年団)」スティーヴ・アオキ
20位「LOSER」米津玄師

このページのトップヘ