アリアナ・グランデの「サンキュー、ネクスト」が初登場1位に輝いた、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 2013年4月13日付チャートで最高9位をマークした、故マック・ミラーとのコラボ・ソング「ザ・ウェイ」から、通算11曲のTOP10ヒットをもつアリアナだが、これまでの最高位は2014年リリースの「プロブレムfeat.イギ―・アゼリア」が獲得した2位で、シングル曲での1位獲得は意外にもこの曲が初となる。UKチャートでは、その「プロブレム」と「バン・バン (ジェシー・J、アリアナ・グランデ、ニッキー・ミナージュ)」に続く、3曲目の首位獲得。

 米ビルボード史上、通算32曲目の初登場1位獲得曲で、女性アーティストとしては、2015年11月14日付チャートで1位にデビューした、アデルの「ハロー」以来、3年ぶりの快挙。2018年では、チャイルディッシュ・ガンビーノの「ディス・イズ・アメリカ」と、ドレイクの「ゴッズ・プラン」、「ナイス・フォー・ホワット」に続く4曲目のNo.1デビュー。1995年には、マライア・キャリーの「ファンタジー」と「ワン・スウィート・デイwithボーイズIIメン」、マイケル・ジャクソンの「ユー・アー・ノット・アローン」、そしてホイットニー・ヒューストンの「ため息つかせて」の4曲が初登場1位を獲得していて、およそ23年ぶりのタイ記録となる。

 週間視聴回数は5,550万回で、ストリーミング・チャートでも同1位を獲得。また、初週ダウンロード数は81,000で、セールス・チャートでもNo.1デビューを飾り、主要2チャートを制した。エアプレイも週間1,130万回と好調な出だし。11月6日にオーディオ・クリップとリリック・ビデオがリリースされているが、現在までにミュージック・ビデオは公開されていないため、リリースされればストリーミングの上昇により、さらに勢いを増すだろう。

 先週まで7週の首位をキープしていたマルーン5の「ガールズ・ライク・ユーfeat.カーディ・B」に続き、ポップ・ソングとしては2曲連続の1位獲得となった「サンキュー、ネクスト」。2018年は、そのほとんどがヒップホップ・アーティストの首位独占で、「ガールズ・ライク・ユー」は1月27日付チャートで1位に輝いた、カミラ・カベロの「ハバナfeat.ヤング・サグ」以来、およそ8か月ぶりのポップ・ソングによる首位獲得だった。ポップ・ソングがワンツーフィニッシュを飾るのも、「ハバナ」がエド・シーランの「パーフェクト」と並んで以来、およそ10か月ぶりのこと。

 2018年に女性がメイン・アーティストで、首位を獲得した楽曲は、カミラ・カベロ「ハバナfeat.ヤング・サグ」、カーディ・B「アイ・ライク・イットfeat.バッド・バニー&J.バルヴィン」、そしてアリアナのみ。この3曲の首位獲得はそれぞれ1週で、2018年の女性アーティスト首位獲得総週は、現在までにたった3週ということになる。前年は6週、2016年は16週、2015年は10週、2014年は28週と、近年の記録と比べても非常に少ない。また、フィーチャリング・アーティストが参加していない、女性アーティストの首位としては2017年10月21日付のカーディ・Bによる「ボーダック・イエロー(マネー・ムーブス)」以来となる。

 アリアナは、この曲の他にも「ゴッド・イズ・ア・ウーマン」が20位、ミュージック・ビデオの公開により<Streaming Gainer>を獲得した「ブリージン」を21位にランクインさせている。なお、この2曲は8月にリリースされた4thアルバム『スウィートナー』からのシングルだが、今週1位に輝いた「サンキュー、ネクスト」は本作には収録されておらず、次作からの先行シングルとしてリリースされたもの。発売日は決まっていないが、この曲のヒットを受け、近いうちにサプライズ・リリースされるかもしれない。

 アリアナの登場により2位にダウンしたマルーン5の「ガールズ・ライク・ユー」だが、エアプレイ・チャートでは16週目の首位獲得を果たし、ノー・ダウトの「ドント・スピーク」(1996年)、マライア・キャリーの「ウィー・ビロング・トゥゲザー」(2005年)と並ぶ歴代2位タイに浮上した。

 今週も、R&B/ヒップホップ・チャート、ラップ・チャートの2冠を制した、トラヴィス・スコットの「シッコ・モード」は3位に下降。次期首位獲得曲として期待されていた、マシュメロ&バスティルの「ハピヤー」も4位に落ちている。その中で順位を上げたのは、ホールジーの「ウィズアウト・ミー」。先週の9位から6位に最高位を更新していて、自身のシングル「バッド・アット・ラブ」が獲得した最高5位を上回る可能性も高い。先週TOP10入りしたシェック・ウェスの「モー・バンバ」も、今週は9位にひとつランクアップしている。

 TOP10以下では、グッチ・メイン、ブルーノ・マーズ、コダック・ブラックによるコラボ・ソング「ウェイク・アップ・イン・ザ・スカイ」が先週の26位から14位に上昇した。ミュージック・ビデオの視聴回数も好調で、次週、TOP10入りも期待できそうな動きをみせている。33位には、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の公開を受けて、クイーンの代表曲で同タイトルの「ボヘミアン・ラプソディ」がリエントリーを果たした。


Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、11月16日以降掲載予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「サンキュー、ネクスト」アリアナ・グランデ
2位「ガールズ・ライク・ユー」マルーン5 feat.カーディ・B
3位「シッコ・モード」トラヴィス・スコット
4位「ハピアー」マシュメロ&バスティル
5位「ルーシッド・ドリームズ」ジュース・ワールド
6位「ウィズアウト・ミー」ホールジー
7位「ベター・ナウ」ポスト・マローン
8位「ZEZE」コダック・ブラックfeat.オフセット&トラヴィス・スコット
9位「モー・バンバ」シェック・ウェス
10位「ドリップ・トゥー・ハード」リル・ベイビー&ガンナ



現地時間11月3日にサプライズ・リリースされたアリアナ・グランデの新曲“thank u, next”が、リリースから11日でSpotifyのストリーミング再生回数1億回を突破したことが明らかになった。

「NME」によると、この記録はSpotify史上最大のものとなるとのことだ。

アリアナ・グランデは同楽曲で、自身初となる全米シングル・チャート「Billboard Hot 100」の1位も獲得している。

“thank u, next”では交際1ヶ月足らずで婚約し、わずか4ヶ月で婚約解消したピート・デヴィッドソンの他、9月に26歳で逝去したマック・ミラー、リッキー・アルヴァレス、そしてビッグ・ショーンの4人の元恋人たちについて歌われている。



アリアナ・グランデ
がサプライズ・リリースしたシングル「thank u, next」が、最新の全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)で初登場1位を獲得した。

◆アリアナ・グランデ画像

アルバムは3枚──『Yours Truly』『My Everything』『Sweetener』が全米1位に輝いているアリアナだが、シングル・チャートでは初となる。これまでは、イギー・アゼリアとのコラボ「Problem」(2014年)の2位が最高位だった。

「thank u, next」は、全英でも初登場1位を獲得。UKでは「Problem」、ジェシー・J&ニッキー・ミナージュとコラボした「Bang Bang」(2014年)に次ぐ3枚目のNo.1シングルだった。

アリアナは週末、「thank u, next」というフレーズをきっかけに、俳優のマーク・ハミル(またの名をルーク・スカイウォーカー)からお褒めの言葉をもらい大喜びしている。ハミルが土曜日(11月10日)、「“Thank you, next”」とツイートしたのを知ったアリアナは「息ができない」と感動。

実は、ハミルは彼女の曲のタイトルだとは知らずにつぶやいただけだったが、それに気づくと、あらためてアリアナを「ショウビズの歴史で最もポピュラーなアーティストの1人 #ImSorryAri #ItsUnotYou(ごめんねアリ YouじゃなくてU)」と称賛するツイートを残し、アリアナは「これ、おでこにタトゥする」と喜んだ。