JWSSNニュース

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

カテゴリ: 週間レンタル

今週(7月22日〜7月28日)のTSUTAYAレンタルランキングが発表された。

1位には「バンブルビー」が初登場でランクイン。そのほか、初登場作品は2位「十二人の死にたい子どもたち」、5位「サムライ・マラソン」がランクイン。

1位の「バンブルビー」は、人気映画シリーズ「トランスフォーマー」初のスピンオフ作品で世界興収は4億6700万ドルを超える大ヒットとなった作品。2位の「十二人の死にたい子どもたち」は2016年発売の冲方丁によるホラー小説の実写映画化作品。杉咲花・新田真剣佑・北村匠海・高杉真宙・黒島結菜・橋本環奈など若手人気役者が勢ぞろいし、興収13億円を突破するスマッシュヒットとなった話題作。5位の「サムライ・マラソン」は2014年発売の土橋章宏による時代劇小説を佐藤健主演で実写映画化した作品。興収は1億円にも満たない大コケ作品となってしまったが、レンタルは5位スタート。内容面の評価が芳しくないが、マラソンのようにどこまで伸ばせるか。



【週間レンタルTOP10】
1位、バンブルビー(初)
2位、十二人の死にたい子どもたち(初)
3位、アクアマン(1位)
4位、キャプテン・マーベル(2位)
5位、サムライ・マラソン(初)
6位、ドラゴンボール超 ブロリー(3位)
7位、ダンボ(4位)
8位、シュガー・ラッシュ:オンライン(6位)
9位、運び屋(5位)
10位、来る(9位)

カッコ内は前週の順位。

今週(7月15日〜7月21日)のTSUTAYAレンタルランキングが発表された。

1位は今週も「アクアマン」がキープ。2位「キャプテン・マーベル」、3位「ドラゴンボール超ブロリー」とTOP3は前週と変わらず。

初登場は4位の「ダンボ」のみ。本作はディズニーが往年の名作を初めて実写映画化した作品。監督はティム・バートン、主演はコリン・ファレルと豪華タッグながら世界興収は1億ドルちょっとと、日米共に不振でディズニーの実写映画化作品としては過去最低を叩き出した。レンタルでも4位スタートと出遅れたが、挽回できるか。

そのほか、「トイ・ストーリー4」公開の影響でシリーズ1作目「トイ・ストーリー」が前週13位から13位、シリーズ2作目「トイ・ストーリー2」が前週21位から19位とシリーズ過去作が好調。


【週間レンタルTOP10】
1位、アクアマン(1位)
2位、キャプテン・マーベル(2位)
3位、ドラゴンボール超 ブロリー(3位)
4位、ダンボ(初)
5位、運び屋(4位)
6位、シュガー・ラッシュ:オンライン(8位)
7位、雪の華(5位)
8位、ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(9位)
9位、来る(6位)
10位、ボヘミアン・ラプソディ(7位)

カッコ内は前週の順位。

今週(11月5日〜11日)のTSUTAYAレンタルランキングが発表された。

1位は前週に続いて「孤狼の血」が2週連続で1位をキープ。2位も「いぬやしき」が2週連続でキープ。

3位には主人公・しんちゃんの声優が変わってから初の劇場版となる「映画 クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ」が初登場でランクイン。

そのほか初登場作品は9位に「アメリカン・アサシン」がランクイン。本国から約1年近く遅れての日本公開となった作品だ。

11位には阿部寛主演「のみとり侍」がランクイン。


【週間レンタルTOP10】
1位、孤狼の血(1位)
2位、いぬやしき(2位)
3位、映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ(初)
4位、名探偵コナン ゼロの執行人(3位)
5位、50回目のファーストキス(6位)
6位、ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(4位)
7位、パシフィック・リム:アップライジング(5位)
8位、家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(初)
9位、アメリカン・アサシン(初)
10位、ボス・ベイビー(7位)

カッコ内は前週の順位。
続きを読む

今週(10月29日〜11月4日)のTSUTAYAレンタルランキングが発表された。

1位には役所広司・松坂桃李・真木よう子・中村倫也・竹野内豊・江口洋介・中村獅童など豪華キャストで実写映画化されたヤクザ映画「孤狼の血」が初登場でランクイン。

2位も同じく初登場で「いぬやしき」がランクイン。累計発行部数200万部を突破する人気マンガ「いぬやしき」をとんねるず・木梨憲武主演で実写映画化した話題作。共演には佐藤健・本郷奏多・二階堂ふみら実力派若手俳優が揃っている。

3位には前週1位の「名探偵コナン ゼロの執行人」がランクイン。

そのほか初登場作品は、6位に福田雄一監督、山田孝之・長澤まさみがタッグを組んだ「50回目のファーストキス」が、8位には榮倉奈々・安田顕の「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」がランクイン。「家に帰ると〜」は小出恵介が出演予定だったが淫行騒動で降板している。

16位には2013年に山火事で死亡した19人の消防士を描いた「オンリー・ザ・ブレイブ」がランクイン。監督は来年公開予定のトム・クルーズ主演「トップガン」続編を手がけるジョセフ・コシンスキー監督。


【週間レンタルTOP10】
1位、孤狼の血(初)
2位、いぬやしき(初)
3位、名探偵コナン ゼロの執行人(1位)
4位、ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2位)
5位、パシフィック・リム:アップライジング(3位)
6位、50回目のファーストキス(初)
7位、ボス・ベイビー(5位)
8位、家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(初)
9位、ランペイジ 巨獣大乱闘(4位)
10位、デッドプール2(6位)

カッコ内は前週の順位。
続きを読む

今週(10月22日〜28日)のTSUTAYAレンタルランキングが発表された。

今週の1位は「名探偵コナン ゼロの執行人」が前週2位からランクアップし1週で首位を奪還。通算3週目の1位獲得となった。コナンシリーズでは異例の好記録が続いている。

今週は初登場作品はなく旧作が細々な順位変動があるものの前週と変わらない顔ぶれとなった。

10位には生田斗真と瑛太が共演の話題作「友罪」が前週11位からランクアップし初登場7位以来のTOP10入り。

15位には「映画ドラえもん のび太の宝島」が2週連続で順位を大きくあげ前週20位からジャンプアップ。


【週間レンタルTOP10】
1位、名探偵コナン ゼロの執行人(2位)
2位、ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(1位)
3位、パシフィック・リム:アップライジング(3位)
4位、ランペイジ 巨獣大乱闘(4位)
5位、ボス・ベイビー(6位)
6位、デッドプール2(5位)
7位、ちはやふる-結び-(7位)
8位、アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(9位)
9位、メイズ・ランナー:最期の迷宮(8位)
10位、友罪(11位)

カッコ内は前週の順位。
続きを読む

↑このページのトップヘ