JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

カテゴリ:週間シングル

 米津玄師のシングル「Flamingo/TEENAGE RIOT」が、初週22.9万枚を売り上げ、11/12付オリコン週間シングルランキング(集計期間:10月29日~11月4日)で初登場1位を獲得した。シングルでの1位獲得は、今作が自身初となった。

【ライブ写真】発売から8ヶ月越しに「Lemon」をライブ初披露した米津玄師

◆「これが当たり前だと思わぬよう、これからも精進していきたいと思います」

 また同週付の週間デジタルシングル(単曲)ランキングでも、「Flamingo」が初週7.0万DL(6万9760DL)で1位を獲得し、こちらも自身初のシングル、デジタルシングル(単曲)同時1位を記録。また2位にも「TEENAGE RIOT」(初週4.6万DL(4万6174DL))がランクインし、6/4付で「LOSER」、「Lemon」が史上初の「同一アーティスト作品の1位、2位独占」を記録して以来、史上2度目の1位、2位独占となった。さらに、ロングヒットの続く「Lemon」が4位、本作のカップリング曲「ごめんね」が5位に初登場と、合計4作がTOP5入りとなり、「同一アーティストの同時TOP5入り記録」の歴代最多を記録した。

 米津は今回の記録について「初のシングル1位ありがとうございます。光栄なことだと思います。これが当たり前だと思わぬよう、これからも精進していきたいと思います」とコメントを寄せた。

 本作は9作目となるシングルで、自身が楽曲をイメージして描いたイラストをジャケットに使用。「Flamingo」は、先鋭的なサウンドに民謡や都々逸を彷彿とさせるメロディーと歌詞、独特の節回しでのボーカルが印象的な楽曲。また、ミュージックビデオが史上初となる東京・渋谷ハチ公前広場で初解禁されたことも大きな話題となった。一方の「TEENAGE RIOT」は、中学生の頃に作った作品を元に、思春期の衝動的な感情を余すところなく詰め込んだロックチューン。自身初のモノクロ映像によるミュージックビデオは10月27日、28日に開催した『米津玄師 2018 LIVE/Flamingo』のライブ演出として初披露された。

 なお、来年1月19日からは、故郷である徳島のアスティとくしまを皮切りに、自身初のアリーナツアー『米津玄師 2019 TOUR/脊椎がオパールになる頃』を開催する。



米津玄師が、またあらたな記録を樹立、さらに自身の持つ歴代記録を更新する快挙を達成した。

【画像】「Flamingo / TEENAGE RIOT」ジャケット写真

10月31日にリリースとなった米津玄師の両A面シングル「Flamingo / TEENAGE RIOT」が、11月12日付最新オリコン週間シングルランキングにて自身初となる1位を獲得。同週付の週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは「Flamingo」が1位を獲得し、初登場で両ランキング1位を独占した。

CDシングル「Flamingo / TEENAGE RIOT」は、オリコンデイリーランキングで初登場1位を獲得したあと、連日1位をキープ。

初登場でデイリーの推定売上枚数が12万2,872枚を記録し、週間ランキングで22万8,566枚となるなど、自身の記録を大幅に更新、破竹の勢いでの達成となった。

また、11月12日付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは、「Flamingo」が6万9,760ダウンロードで1位を獲得。以下、TOP5のうち4作品が米津の作品となっている。

2位には同じく今シングルの表題曲「TEENAGE RIOT」、4位には先日ミュージックビデオが2億再生を突破した「Lemon」、5位には今作のカップリング曲「ごめんね」がランクイン。

今年6月4日付のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで記録した「Lemon」「LOSER」での史上初の“同一アーティスト作品の1位、2位独占”以来、史上2度目の1、2フィニッシュを記録。さらに“同一アーティストの同時TOP5入り記録”の歴代最多を記録した。

PHOTO BY Jiro Konami

■米津玄師コメント
初のシングル1位ありがとうございます。
光栄なことだと思います。
これが当たり前だと思わぬよう、これからも精進していきたいと思います。




 米津玄師(27)の最新両A面シングル「Flamingo/TEENAGE RIOT」(10月31日発売・配信)が、初週売り上げ22万9000枚を記録し、12日付の最新オリコン週間シングルランキング(集計期間10月29日~4日)で初登場1位を獲得。自身初のシングル1位を達成した。

 また同週付の週間デジタルシングルランキングでも、「Flamingo」が初週6万9760ダウンロードで1位を獲得。自身初のシングル&デジタルシングル同時1位となった。2位にも「TEENAGE RIOT」が初週4万6174ダウンローに入り、6月4日付で「LOSER」、「Lemon」が史上初の「同一アーティスト作品の1位、2位独占」を記録して以来、史上2度目の1、2フィニッシュとなった。「Lemon」が4位に、本作のカップリング曲「ごめんね」も初登場5位と、計4作がTOP5入り。「同一アーティストの同時TOP5入り記録」の歴代最多を記録した。

 本作は自身9作目となるシングルで、自身が楽曲をイメージして描いたイラストをジャケットに使用している。「Flamingo」は先鋭的なサウンドに民謡や都々逸をほうふつとさせるメロディーと歌詞、独特の節回しでのボーカルが印象的な楽曲。ミュージックビデオが史上初となる渋谷のハチ公前広場で初解禁されたことも大きな話題となった。また、「TEENAGE RIOT」は、中学生の頃に作った作品を元に、思春期の衝動的な感情を余すところなく詰め込んだロックチューンとなっている。自身初のモノクロ映像によるミュージックビデオは10月27日、28日に開催した「米津玄師2018 LIVE / Flamingo」のライブ演出として初披露された。

 初の1位獲得について米津は「初のシングル1位ありがとうございます。光栄な事だと思います。これが当たり前だと思わぬよう、これからも精進していきたいと思います」とコメント。

 また、年明け1月19日からは自身の故郷である徳島県・アスティとくしまを皮切りに、自身初のアリーナツアー「米津玄師2019 TOUR/脊椎がオパールになる頃」をスタートさせることも決定している。

 韓国の男性7人組グループ・iKON(アイコン)の日本初シングル「DUMB & DUMBER」(9月28日発売)が初週4.9万枚を売り上げ、10/10付週間シングルランキング1位に初登場。1月に1stアルバム『WELCOME BACK』で日本デビューしたiKONが、シングル・アルバム通じて初のオリコン週間1位を獲得した。

【ライブ写真】1万3000人の観客を熱狂させたiKON

 海外男性アーティストが日本での1stシングルで発売1週目に1位を獲得したのは、チャン・グンソク「Let me cry」(2011年5/9付)、EXO「Love Me Right ~romantic universe~」(2015年11/16付)に続き、歴代3組目の快挙となった(※グループからのソロ、ユニットデビューは除く)。

 人気グループ・BIGBANGの弟分となるiKONは、リーダーのB.I(19)、ジナン(22)、BOBBY(20)、ユニョン(21)、ジュネ(19)、ドンヒョク(19)、チャヌ(18)からなる平均年齢19.7歳の7人組。現在、今年2度目となる日本アリーナツアー(全国6都市16公演)を開催中でトータル17万6000人を動員予定。



米津玄師のシングル『LOSER/ナンバーナイン』が、初週売上4.8万枚を売り上げ10/10付の最新オリコン週間シングルランキング(集計期間:9/26~10/2)で初登場2位を獲得した。

今作は、前々作『Flowerwall』(2015年1月発売)の3位を上回りシングル自己最高位を獲得。また初週売上枚数も前作『アンビリーバーズ』(2015年9月発売)の2.6万枚を上回り自己最高を記録した。



韓国の男性グループ・iKONの日本における初シングル『DUMB & DUMBER』が、発売初週に4.9万枚を売り上げ、10/10付の最新オリコン週間シングルランキング(集計期間:9/26~10/2)で初登場1位を獲得した。

海外男性アーティストによる、日本における1stシングルでの「初登場1位」獲得は、チャン・グンソク(2011/5/9付『Let me cry』)と、EXO(2015/11/16付『Love Me Right ~romantic universe~』)に続いて歴代3組目となる。


 人気アイドルグループ・NMB48の1期生で、きょう卒業公演を行う渡辺美優紀が単独センターを務めた15thシングル「僕はいない」(3日発売)が初週30.4万枚を売り上げ、8/15付オリコン週間シングルランキングで1位に初登場した。

【写真】さやみるコンビ見納め…さや姉自作曲をデュエット

 みるきーの愛称で親しまれた渡辺が表題曲の単独センターを務めたのは、1stシングル「絶滅黒髪少女」(2011年7月発売、最高位1位)以来、5年ぶり2度目。初週売上は前作「甘噛み姫」(4月発売)の23.0万枚を大幅に上回り、渡辺は有終の美を飾った。

 NMB48のシングル1位は「ドリアン少年」(2015年7月発売)から4作連続通算13作目。シングル1位獲得作品数は、AKB48(31作)、モーニング娘。(17作)、SKE48(15作)、乃木坂46(14作)に次ぎ、女性グループ歴代5位につけている。

 本作のカップリング曲には、総合プロデューサーの秋元康氏が作詞、エースの山本彩が同期でライバルの渡辺のために志願して作曲した"さやみるきー"のデュエット曲「今ならば」を収録。劇場盤には渡辺がソロで歌った「夢の名残り」が収録されている。

 大阪・難波のNMB48劇場ではきょう、『渡辺美優紀 卒業公演』が行われる。

 人気デュオ・KinKi Kidsの36枚目のシングル「薔薇と太陽」(7月20日発売)が初週19.3万枚を売り上げ、8/1付オリコン週間シングルランキング1位に初登場。シングル1位獲得作品数はデビュー曲「硝子の少年」(1997年7月発売)から36作連続36作目とし、自身が持つ「デビューからのシングル連続首位獲得作品数」の歴代1位記録を更新した。

 同じく歴代1位記録を持つ「デビューからのシングル連続首位獲得年数記録」も20年連続(1997~2016年)に伸ばし、前人未到の大台に乗せた。両記録の歴代2位には、5月から充電期間に入ったKAT-TUN(26作連続、11年連続)が続いている。

 CDデビュー20年目に突入した今作は、豪華コラボが実現。表題曲の作詞作曲は、今年15年ぶりに再結集したTHE YELLOW MONKEYのボーカル・吉井和哉が、ジャケット写真は俳優・斎藤工が担当した。

 人気グループ・NEWSの20枚目のシングル「恋を知らない君へ」(13日発売)が初週15.4万枚を売り上げ、7/25付オリコン週間シングルランキング1位に初登場した。

 シングル1位はデビュー曲「希望~Yell~」(2004年5月発売)から20作連続通算20作目。デビュー曲からの連続1位獲得作品数では、KinKi Kids(35作連続)、KAT-TUN(26作連続)に次ぎ、アーティスト歴代3位をキープしている。

 表題曲は"ひと夏の究極にせつない恋"を歌ったラブバラード。メンバーの加藤シゲアキが出演するドラマ『時をかける少女』(毎週土曜 後9:00 日本テレビ系)のエンディングテーマに起用されている。

このページのトップヘ