JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

カテゴリ:週間シングル

 韓国の男性7人組グループ・iKON(アイコン)の日本初シングル「DUMB & DUMBER」(9月28日発売)が初週4.9万枚を売り上げ、10/10付週間シングルランキング1位に初登場。1月に1stアルバム『WELCOME BACK』で日本デビューしたiKONが、シングル・アルバム通じて初のオリコン週間1位を獲得した。

【ライブ写真】1万3000人の観客を熱狂させたiKON

 海外男性アーティストが日本での1stシングルで発売1週目に1位を獲得したのは、チャン・グンソク「Let me cry」(2011年5/9付)、EXO「Love Me Right ~romantic universe~」(2015年11/16付)に続き、歴代3組目の快挙となった(※グループからのソロ、ユニットデビューは除く)。

 人気グループ・BIGBANGの弟分となるiKONは、リーダーのB.I(19)、ジナン(22)、BOBBY(20)、ユニョン(21)、ジュネ(19)、ドンヒョク(19)、チャヌ(18)からなる平均年齢19.7歳の7人組。現在、今年2度目となる日本アリーナツアー(全国6都市16公演)を開催中でトータル17万6000人を動員予定。



米津玄師のシングル『LOSER/ナンバーナイン』が、初週売上4.8万枚を売り上げ10/10付の最新オリコン週間シングルランキング(集計期間:9/26~10/2)で初登場2位を獲得した。

今作は、前々作『Flowerwall』(2015年1月発売)の3位を上回りシングル自己最高位を獲得。また初週売上枚数も前作『アンビリーバーズ』(2015年9月発売)の2.6万枚を上回り自己最高を記録した。



韓国の男性グループ・iKONの日本における初シングル『DUMB & DUMBER』が、発売初週に4.9万枚を売り上げ、10/10付の最新オリコン週間シングルランキング(集計期間:9/26~10/2)で初登場1位を獲得した。

海外男性アーティストによる、日本における1stシングルでの「初登場1位」獲得は、チャン・グンソク(2011/5/9付『Let me cry』)と、EXO(2015/11/16付『Love Me Right ~romantic universe~』)に続いて歴代3組目となる。


 人気アイドルグループ・NMB48の1期生で、きょう卒業公演を行う渡辺美優紀が単独センターを務めた15thシングル「僕はいない」(3日発売)が初週30.4万枚を売り上げ、8/15付オリコン週間シングルランキングで1位に初登場した。

【写真】さやみるコンビ見納め…さや姉自作曲をデュエット

 みるきーの愛称で親しまれた渡辺が表題曲の単独センターを務めたのは、1stシングル「絶滅黒髪少女」(2011年7月発売、最高位1位)以来、5年ぶり2度目。初週売上は前作「甘噛み姫」(4月発売)の23.0万枚を大幅に上回り、渡辺は有終の美を飾った。

 NMB48のシングル1位は「ドリアン少年」(2015年7月発売)から4作連続通算13作目。シングル1位獲得作品数は、AKB48(31作)、モーニング娘。(17作)、SKE48(15作)、乃木坂46(14作)に次ぎ、女性グループ歴代5位につけている。

 本作のカップリング曲には、総合プロデューサーの秋元康氏が作詞、エースの山本彩が同期でライバルの渡辺のために志願して作曲した"さやみるきー"のデュエット曲「今ならば」を収録。劇場盤には渡辺がソロで歌った「夢の名残り」が収録されている。

 大阪・難波のNMB48劇場ではきょう、『渡辺美優紀 卒業公演』が行われる。

 人気デュオ・KinKi Kidsの36枚目のシングル「薔薇と太陽」(7月20日発売)が初週19.3万枚を売り上げ、8/1付オリコン週間シングルランキング1位に初登場。シングル1位獲得作品数はデビュー曲「硝子の少年」(1997年7月発売)から36作連続36作目とし、自身が持つ「デビューからのシングル連続首位獲得作品数」の歴代1位記録を更新した。

 同じく歴代1位記録を持つ「デビューからのシングル連続首位獲得年数記録」も20年連続(1997~2016年)に伸ばし、前人未到の大台に乗せた。両記録の歴代2位には、5月から充電期間に入ったKAT-TUN(26作連続、11年連続)が続いている。

 CDデビュー20年目に突入した今作は、豪華コラボが実現。表題曲の作詞作曲は、今年15年ぶりに再結集したTHE YELLOW MONKEYのボーカル・吉井和哉が、ジャケット写真は俳優・斎藤工が担当した。

 人気グループ・NEWSの20枚目のシングル「恋を知らない君へ」(13日発売)が初週15.4万枚を売り上げ、7/25付オリコン週間シングルランキング1位に初登場した。

 シングル1位はデビュー曲「希望~Yell~」(2004年5月発売)から20作連続通算20作目。デビュー曲からの連続1位獲得作品数では、KinKi Kids(35作連続)、KAT-TUN(26作連続)に次ぎ、アーティスト歴代3位をキープしている。

 表題曲は"ひと夏の究極にせつない恋"を歌ったラブバラード。メンバーの加藤シゲアキが出演するドラマ『時をかける少女』(毎週土曜 後9:00 日本テレビ系)のエンディングテーマに起用されている。

 人気グループ・関ジャニ∞の35枚目のシングル「罪と夏」(7月6日発売)が初週27.5万枚を売り上げ、7/18付オリコン週間シングルランキング1位に初登場した。

 シングル1位獲得は「Wonderful World!!」(2010年6月発売)から22作連続で、通算30作目の大台に乗せた(いずれの記録もエイトレンジャー名義作品含む)。

 初週売上は、前作「侍唄(さむらいソング)」(初週14.8万枚)を12万枚以上も上回る好発進。表題曲は、今月30日からスタートする『関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ』に先駆けた、自身初の"真夏のお祭りソング"となっている。

このページのトップヘ