【ワシントン=黒瀬悦成】ボストン・グローブ紙など複数の米メディアは18日、故ロバート・ケネディ元司法長官の孫で民主党の「次世代の旗手」と目されるジョゼフ・ケネディ下院議員(38)が来年の大統領選と同時に行われる上院選に地元の東部マサチューセッツ州から出馬する意向を決めたと伝えた。21日に正式表明する。ケネディ元大統領を筆頭とする名門政治家一家である「ケネディ王朝」を継承する存在として注目を集めそうだ。

 マサチューセッツ州では民主党現職の長老、マーキー上院議員(73)が再選を目指し出馬する見通し。このためケネディ氏とマーキー氏はまず同党の候補指名を争うが、世論調査などではケネディ氏有利とみられている。

 過去の大統領ではオバマ前大統領、ニクソン元大統領など上院議員経験者が少なくなく、ケネディ氏も当選すれば大統領選出馬への期待が高まるのは確実だ。
FullSizeRender