【ベネチア=田中誠】イタリア・ベネチアで7日夜(日本時間8日未明)、第76回ベネチア国際映画祭の授賞式が行われ、トッド・フィリップス監督の「ジョーカー」が、コンペティション部門の最高賞・金獅子賞を受賞した。アメコミのヒーロー、バットマンの宿敵「ジョーカー」の誕生を描いた作品。

 同部門に出品されていた、是枝裕和監督の「真実」の受賞はなかった。

 そのほかの賞は以下の通り。

 ▽銀獅子賞(審査員大賞)=「アン・オフィサー・アンド・ア・スパイ」(ロマン・ポランスキー監督)▽同(監督賞)=ロイ・アンダーソン監督(「アバウト・エンドレスネス」)▽女優賞=アリアンヌ・アスカリッド(「グロリア・ムンディ」)▽男優賞=ルカ・マリネッリ(「マーティン・エデン」)▽脚本賞=ヨン・ファン(「No.7チェリーレーン」)▽審査員特別賞=「マフィア・イズ・ノット・ホワット・イット・ユースト・トゥ・ビー」(フランコ・マレスコ監督)▽マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)=トビー・ウォレス(「ベビーティース」)