天皇陛下は23日、皇居・神嘉殿で、毎年恒例の宮中祭祀(さいし)で最も重要とされる新嘗祭に臨まれた。

 来年4月末の退位を控え、陛下が行う新嘗祭は最後となる。

 新嘗祭は天皇が新穀を神々に供え、自らも口にして五穀豊穣(ほうじょう)と国家国民の安寧を祈る祭祀。午後6時からの「夕(よい)の儀」と、午後11時からの「暁(あかつき)の儀」があり、それぞれ2時間行われる。陛下はこの日、例年通り夕の儀の後半に出席。暁の儀は掌典長が代拝する。

 宮内庁は陛下の負担軽減のため、2009年から暁の儀への出席時間を短縮。12年からは夕の儀も同様に短くし、陛下が80歳となった14年からは暁の儀への出席を取りやめた。昭和天皇は69歳で取りやめている。

 来年11月には、新天皇となった皇太子さまが即位後初めて行う新嘗祭である「大嘗祭」に臨む。 



 天皇陛下が、五穀豊穣に感謝する宮中祭祀新嘗祭」が23日夜、皇居・宮中三殿にある神嘉殿で執り行われた。来年4月末に退位される陛下にとって、今回が最後の新嘗祭。

 新嘗祭は毎年11月23日に、天皇がその年に収穫したコメなどの穀物を神々に供え、自らも食べる儀式。一年を通し多くある宮中祭祀の中で、最も重要とされる。「夕の儀」と深夜に始まる「暁の儀」がある。

 宮内庁は2009年から、高齢となった陛下の負担軽減策として、暁の儀に出席する時間を短くし、11年には夕の儀も同様に短縮。14年からは、暁の儀への出席を取りやめた。