年内で解散する5人組バンドAqua Timez(アクアタイムズ)が18日、最後のライブ「last dance」を横浜アリーナで行った。ボーカル太志(38)は「緊張している自分を感じています」とあいさつ。3時間以上にわたって、ヒット曲「等身大のラブソング」「決意の朝に」などを披露した。

【別カット】解散前最後のライブを行った「Aqua Timez」ボーカル太志

途中、ベースOKP-STAR(オーケーピースター、41)は「皆さんにたくさんの夢をかなえていただきました。まさかアリーナに来られるなんて。最後の最後に、1番自信を持ってステージに立てています」。キーボードmayuko(41)は感極まって「あこがれの横浜アリーナだからさ。みんなと思い切りかみしめて最高です。ありがとうございます」と涙声になった。

チケットは即日完売。約1万3000人が見守った。アンコールの最後に太志は「アクアタイムズの曲はみんなと一緒に生きてきました。みんなはオレたち5人より、曲を理解してくれていたのではないでしょうか」とファンに感謝。ヒット曲「虹」を歌い終えると、感極まった表情で「みんな、本当にありがとう!」と絶叫した。メンバーは会場内を回って、ファンとハイタッチ。名残惜しそうにファンに別れを告げた。

同バンドは03年に結成し、06年にメジャーデビュー。同年と08年に、NHK紅白歌合戦に出演した。ファンの前に立つのはこの日が最後だが、年内までにラジオ番組出演などを行う。メンバーの今後について、現時点では未定だ。



 年内の活動をもって解散を発表していた5人組バンド、Aqua Timezが18日、横浜アリーナで解散前に最後となるライブ「last dance」を開催した。

 グループ史上最大規模のライブ会場となる同所で初開催。チケットは即完売で、開演前から場内は1万3000人のファンの熱気に包まれた。

 メンバーがステージ上に姿を見せると観客のボルテージはいきなり最高潮に。ボーカルの太志(38)は「横浜アリーナにAqua Timezがやって来ました!」と叫び、2006年のNHK紅白歌合戦初出場曲「決意の朝に」や、08年に日本テレビ系「ごくせん」の主題歌としてヒットした「虹」などWアンコールを含む25曲を熱唱した。

 03年の結成から15年続いた道のりを振り返り、太志は「みんなに会えてよかった。今日のことを思い出して生きていきたい。またどこかで元気な顔で会えるように」と約束。最後は5人で場内を1周してファンに感謝を伝え、Aqua Timezの“ラスト・ダンス”は幕を閉じた。

 年内はラジオ出演などの活動が残っているが、解散後のメンバー個々の活動については未定となっている。