土日2日間(11月3日~11月4日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、スパイダーマンの最強最悪の敵を主人公にしたマーベル映画『ヴェノム』が初登場1位を獲得した。

【動画】トム・ハーディが最も残虐な悪に!『ヴェノム』予告編

 同作では地球外生命体に寄生されて特別な力を身につけたジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)の戦いが描かれている。土日2日間で28万9,012人を動員し、興行収入は4億3,903万5,300円。初日の2日をあわせた3日間の累計では動員39万6,989人、興収5億9,615万2,400円となっている。本国アメリカでは10月5日に封切られた同作は、11月5日時点での全世界累計興収が5億4,160万ドル(約596億円・1ドル110円計算)に達している。

 また、北川景子が主演した『スマホを落としただけなのに』は2位に初登場。同作はSNSに潜む恐怖を描いたミステリー作品で、千葉雄大、バカリズム、成田凌田中圭らも出演している。

 ほか新作では黒木華と野村周平がダブル主演した『ビブリア古書堂の事件手帖』が6位スタート。志尊淳や佐野勇斗らイケメンキャストが集結した『走れ!T校バスケット部』が9位、人気シリーズの第6弾『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第六章 回生篇』が10位にランクインした。

 既公開作品では先週1位だった公開2週目の『映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』が3位、同じく公開2週目の『旅猫リポート』が5位となっている。

 今週は『ボヘミアン・ラプソディ』『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』『GODZILLA 星を喰う者』『体操しようよ』『生きてるだけで、愛。』『ういらぶ。』『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』などが公開される。(編集部・海江田宗)

【2018年11月3日~11月4日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(初)『ヴェノム』:1週目
2(初)『スマホを落としただけなのに』:1週目
3(1)『映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』:2週目
4(3)『宇宙の法-黎明編-』:4週目
5(2)『旅猫リポート』:2週目
6(初)『ビブリア古書堂の事件手帖』:1週目
7(4)『億男』:3週目
8(5)『日日是好日』:4週目
9(初)『走れ!T校バスケット部』:1週目
10(初)『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第六章 回生篇』:1週目



トム・ハーディ主演『ヴェノム』が11月2日(金)に日本公開され、動員・興収ともに圧倒的No.1の大ヒットスタート! 本作をいち早く見たファンたちのコメントがTwitterなどSNSに続々と投稿される中、その強烈ビジュアルとは裏腹に(?)、ヴェノムに対して「かわいい」「面白い」といった声が溢れ、また、主人公エディを演じたトムハとの“コンビ”には「ハリウッド版ど根性カエル」「マーベル版寄生獣」「むしろ、うしおととら」「ボケとツッコミの一人漫才コンビ」「二人羽織」といった声まで上がっている。

【画像】このヴェノムに「かわいい」「子犬」の声!?

◆日本のヒットスタートで世界興収は約600億円を突破!

週末土日2日間で動員28万9,012人、興行収入4億3903万5,300円となり、動員・興収とも1位のヒットスタートを切った本作。公開初日から3日間の累計では、動員39万6,989人、興収5億9615万2,400円という大ヒットに。この日本でのNo.1オープニング達成が後押しとなり、全世界累計興行収入は今週末で約612億円(5億4160万ドル、1ドル=113円 ※11月5日現在)を突破することになった。

◆このヴェノムが「かわいい」ってどういうこと?

劇場には、トム・ハーディのファンや声優ファン、マーベルファンなどの女性客はもちろん、20~30代男性をメインに幅広い年齢層が訪れており、11月3日の夜には「#俺たちはヴェノムだ」のワードがTwitterのトレンド1位にランクインするという快挙。この2週間のうちに2度のTwitterトレンド1位を達成しており、SNS上で大きな盛り上がりを見せている。

なかでも、マーベル史上最も残虐な悪の存在として認知されていたヴェノムのキャラクタービジュアルの圧倒的インパクトについて、「日本人からしたら見慣れた“ごはんですよ”みたい」と絶妙な例えで絶賛する声や、二次創作のイラストなども続々とアップされ、“かわいさ”や“ユニークさ”といった意外性を楽しむ声が続々。公式Twitterでは、その反響ぶりを喜んでいる(?)

◆ヴェノム&エディの“バディ”物語には「ラブストーリー」の声も

国内最大規模の映画レビューサイト「coco」では、総ツイート数や上映中映画のツイート数(直近24時間)が圧倒的で、映画レビュアーのポジティブ(好評価)指数も93%と高い数値を記録。

レビュアーからは、やはり予告編などから受けた印象をいい意味で裏切るヴェノムのキャラクター性に、「ヴェノムの愛嬌に悶絶」「口は悪いけど聞き分けは良いコ」「狂暴なのかと思ったらわんこみたい」といったコメントが続出!

エディ役のトムハに対しても、「これまで観たことのない三枚目トムハ」「パニクるトムハかわいい」「冴えない男とヴェノムのお調子者感を好演」などのコメントが寄せられ、さらに、エマ・ストーンらがブレイクするきっかけとなった終末ホラーコメディ『ゾンビランド』を手掛けた監督(ルーベン・フライシャー)だけに、「コメディ寄りと思ってなかったので、良い裏切り感」「自分の観たかったヴェノムを完璧に映像化してくれた」といった声も上がっている。

また、何と言っても観客を惹きつけているのは、宇宙からきたヴェノムと、彼に思いがけなく寄生されてしまう主人公エディとの“バディ”ストーリーであること。エディは体を乗っ取られ混乱しながらも、追っ手を瞬殺してしまうほどのヴェノムのパワーや驚異の生命力に惹かれ、ヴェノムもまたエディを“寄生しがいのある”信念を持った人間としてすっかり気に入り、共存関係を結んでいく。

そんな“2人”には、「確かにど根性ガエルや寄生獣を彷彿とさせるバディムービー」「軽妙なやりとりが楽しい」「バディものとしてよく出来ている」といった声から、「宇宙の片隅で魂の片割れを見つけてしまった話」「お互い運命を感じ引き寄せ合うラブストーリー」「トム・ハーディとヴェノムの共生いちゃいちゃ恋愛物語」と、種族を超えた“ブロマンス”という指摘も数多い。こうした要素もあるためか、「スパイダーマンなしのヴェノムはどうかな?と思ったけど楽しい」「初心者でも楽しく観れる」とのコメントも上がっている。

『ヴェノム』は全国にて公開中。



 [映画.com ニュース] 11月3日~4日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。11月最初の週末は5本の新作がランクイン。新作「ヴェノム」が首位スタートを切った。スパイダーマンの宿敵であるマーベルコミックの人気キャラクターを、トム・ハーディ主演で映画化したもの。2日より全国743スクリーンで公開され、土日2日間で動員28万9012人、興収4億3903万5300円をあげた。これは昨年8月に公開され、最終興収28億円を記録した「スパイダーマン ホームカミング」の興収比97.9%だが、3日間では動員39万6989人、興収5億9615万2400円を稼ぎ出している。客層は20代から30代の男性を中心に幅広い年齢層が詰めかけており、「スパイダーマン ホームカミング」超えが期待できる好スタートとなった。

 2位には「スマホを落としただけなのに」が初登場。同作は、志駕晃の同名小説を中田秀夫監督のメガホン、北川景子の主演で映画化したミステリー。11月2日より全国315スクリーンで公開され、土日2日間で動員16万9000人、興収2億3400万円をあげた。この成績は、昨年12月に公開され、最終興収約8億円を記録した北川出演「探偵はBARにいる3」の興収比157%。今年9月に公開された北川出演「響 HIBIKI」の興収比209.5%。公開3日間では動員22万人、興収3億円を突破しており、まずは興収10億円以上が見込める出足となっている。

 前週首位スタートを切った「映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」は3位。累計興収は6億5000万円を突破した。

 新作では他に、「ビブリア古書堂の事件手帖」が6位にランクイン。シリーズ累計640万部を突破した三上延のベストセラーミ小説を、黒木華野村周平の主演で実写映画化したミステリー。1日より全国253スクリーンで公開された。松崎洋の同名小説を実写映画化した「走れ!T校バスケット部」は全国254スクリーンで公開されて9位。アニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章『回生篇』」は全国35スクリーンでの公開ながら、高稼働で10位発進となっている。



 11月3~4日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、スパイダーマン最大の宿敵を主人公にした『ヴェノム』が、初週土日動員28万9000人、興収4億3900万円をあげ初登場1位に輝いた。初日から3日間の累計は動員39万7000人、興収5億9600万円という数字を記録。好スタートを切ったといえるだろう。

【写真】写真で見る「11月3日~11月4日全国映画動員ランキング」

 2位は志駕晃によるデビュー小説を中田秀夫監督で映画化した『スマホを落としただけなのに』が、初週土日動員16万9000人、興収2億3400万円をあげ2位発進。初日から3日間の累計では動員22万人、興収3億円を突破した。

 3位は、先週の1位から2ランクダウンの『映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』。4位は『宇宙の法 ―黎明編―』、5位は『旅猫リポート』がそれぞれランクインした。

 その他、初登場組は、過去にアニメ化、連続ドラマ化された『ビブリア古書堂の事件手帖』が6位、『走れ!T校バスケット部』が9位、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第六章「回生篇」』が10位スタートとなった。

 公開3週目の『億男』は7位、公開4週目の『日日是好日』は8位にランクインん。それぞれ累計で『億男』は5億円、『日日是好日』は8億円を突破した。

 11月3日~11月4日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:ヴェノム
第2位:スマホを落としただけなのに
第3位:映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ
第4位:宇宙の法 ―黎明編―
第5位:旅猫リポート
第6位:ビブリア古書堂の事件手帖
第7位:億男
第8位:日日是好日
第9位:走れ!T校バスケット部
第10位:宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第六章「回生篇」

FullSizeRender
FullSizeRender