今週(10月29日〜11月4日)のTSUTAYAレンタルランキングが発表された。

1位には役所広司・松坂桃李・真木よう子・中村倫也・竹野内豊・江口洋介・中村獅童など豪華キャストで実写映画化されたヤクザ映画「孤狼の血」が初登場でランクイン。

2位も同じく初登場で「いぬやしき」がランクイン。累計発行部数200万部を突破する人気マンガ「いぬやしき」をとんねるず・木梨憲武主演で実写映画化した話題作。共演には佐藤健・本郷奏多・二階堂ふみら実力派若手俳優が揃っている。

3位には前週1位の「名探偵コナン ゼロの執行人」がランクイン。

そのほか初登場作品は、6位に福田雄一監督、山田孝之・長澤まさみがタッグを組んだ「50回目のファーストキス」が、8位には榮倉奈々・安田顕の「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」がランクイン。「家に帰ると〜」は小出恵介が出演予定だったが淫行騒動で降板している。

16位には2013年に山火事で死亡した19人の消防士を描いた「オンリー・ザ・ブレイブ」がランクイン。監督は来年公開予定のトム・クルーズ主演「トップガン」続編を手がけるジョセフ・コシンスキー監督。


【週間レンタルTOP10】
1位、孤狼の血(初)
2位、いぬやしき(初)
3位、名探偵コナン ゼロの執行人(1位)
4位、ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2位)
5位、パシフィック・リム:アップライジング(3位)
6位、50回目のファーストキス(初)
7位、ボス・ベイビー(5位)
8位、家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(初)
9位、ランペイジ 巨獣大乱闘(4位)
10位、デッドプール2(6位)

カッコ内は前週の順位。
Twitterボタン


人気ブログランキング ニュースへ