韓国の7人組ヒップホップグループ「BTS」(防弾少年団)が、9日放送のテレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」(金曜・後8時)の出演を見送ったことが8日、分かった。番組の公式サイトで発表された。

【写真】  【写真】防弾少年団風ファッションでキメた大坂なおみ!

 同サイトでは「11月2日に予告しましたBTSの11月9日放送回でのご出演を、今回は見送らせて頂くことになりました」と報告。理由について「以前にメンバーが着用されていたTシャツのデザインが波紋を呼んでいると一部で報道されており、番組としてその着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送ることとなりました」とつづった。続けて「ご出演を楽しみにされていた視聴者の皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 生放送の番組前日に、出演を取りやめるのは異例中の異例。日本9作目となる最新シングル「FAKE LOVE ―Japanese ver.―」と韓国語曲「IDOL」の2曲を歌唱する予定だった。

 日本では現在、同グループのメンバーが原爆投下を肯定するかのようなTシャツを着た写真が問題となっており、様々な方面で波紋を呼んでいた。

 韓国のネットメディア「Newsen」によると、7人はこの日午後7時半にソウル・金浦空港を出発する大韓航空便で羽田空港に来日する予定だった。空港には多くのファン、報道陣が集まっていた。関係者は「News―」に「出国が取り消された。理由は分からない」と答えたという。

 BTSは13年にデビュー。世界基準の音楽とパフォーマンスを徹底し、5月発売の韓国アルバム「Love Yourself 轉 ’Tear’」、8月発売の「LOVE YOURSELF 結 ’Answer’」が、米国のアルバムチャート「ビルボード200」で連続1位の快挙を達成した。

 現在ワールドツアーを開催中。日本では、13日の東京ドーム公演から全国4大ドームツアー(4都市9公演)を行い、約38万人を動員する予定だ。



明日11月9日(金)20:00から放送されるテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演が予定されていたBTS(防弾少年団)が、出演をキャンセルすることがアナウンスされた。

これは、メンバーが以前着用していたTシャツのデザインが日本で波紋を呼んでいると報道されたことを受けて決まったもの。番組サイドは着用の意図を尋ねるなど所属レコード会社と協議を進めてきたが、会社として総合的に判断した結果、出演を見送ることに決めたという。

BTSの日本オフィシャルサイトでは「楽しみにしていただいたファンの皆様には残念な結果となり、お詫び申し上げます。BTSは今後も、よりいい音楽とステージでファンの皆様とお会いできるよう努めて参ります」というコメントが掲載されている。

BTSは明日の放送で、日本のテレビでは初披露となる「FAKE LOVE -Japanese ver.-」「IDOL」をパフォーマンスする予定だった。




 メンバーが着ていた“原爆Tシャツ”が波紋を呼んでいた韓国の人気7人組ヒップホップグループ「BTS(防弾少年団)」が、9日に予定していたテレビ朝日ミュージックステーション」(金曜後8・00)への出演を急きょ見送った。8日夜、番組公式サイトやグループの日本版公式サイトで発表された。テレ朝も事態を把握し「着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めて参りました」と明かし「当社として総合的に判断した結果」と出演見送りの理由を説明した。

【写真】お笑いも…吉本新喜劇に出演した防弾少年団のメンバー

 BTSは2013年に韓国で、14年に日本でデビュー。日本でも絶大な人気を誇っている。

 Mステ側は「11月2日に予告しましたBTSの11月9日放送回でのご出演を今回は見送らせていただくことになりました」と報告。「以前にメンバーが着用されていたTシャツのデザインが波紋を呼んでいると一部で報道されており、番組として、その着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めて参りましたが、当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送ることとなりました」と理由を説明し「ご出演を楽しみにされていた視聴者の皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 BTSのメンバーが原爆投下のシーンをプリントしたTシャツを着ている写真が物議を醸していた。

 グループの日本版公式サイトでも「11月9日(金)放送のテレビ朝日『ミュージックステーション』に出演予定でしたが、出演を見送ることとなりました」と報告。楽しみにしていただいたファンの皆様には残念な結果となり、お詫び申し上げます。BTSは今後も、よりいい音楽とステージでファンの皆様とお会いできるよう努めて参ります」と謝罪した。



 テレビ朝日の音楽番組「ミュージックステーション」は8日、韓国の人気K―POPグループ「防弾少年団(BTS)」について9日の出演を見送ると発表した。

 BTSは7人組で、13年に韓国で、14年に日本でデビューした。今年5月にはアルバムが米誌掲載の人気チャート「ビルボード200」で韓国の歌手として初の1位を獲得している。日本でも大人気のグループだが、問題視されているのは“反日姿勢”だ。10月中旬、韓国のネットニュースで「『歴史を忘れた民族に未来はない』防弾少年団、反日にも6年間、堅固な歴史意識」というタイトルで、BTSのメンバーが原爆Tシャツを着ている様子を振り返るまとめ記事が掲載された。同グループの“反日活動”に対し、日本のメディアや著名人から批判の声を浴びていた。

 Mステの公式サイトはBTSについて「以前にメンバーが着用されていたTシャツのデザインが波紋を呼んでいると一部で報道されており、番組としてその着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回は出演を見送ることとなりました」と説明した。

 BTSの日本語版公式サイトでもMステ出演見送りを発表。「いつもBTSおよびBTS JAPAN OFFICIAL FANCLUBに温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。11月9日(金)放送のテレビ朝日『ミュージックステーション』に出演予定でしたが、出演を見送ることとなりました」と報告。理由は明らかにせず「楽しみにしていただいたファンの皆様には残念な結果となり、お詫び申し上げます」と謝罪し「BTSは今後も、よりいい音楽とステージでファンの皆様とお会いできるよう努めて参ります」とつづった。



 テレビ朝日は8日、韓国の7人組男性グループBTS(防弾少年団)が、9日に予定していた音楽番組「ミュージックステーション」への出演を見送ると番組ホームページで発表した。

 テレ朝によると、BTSのメンバーが以前、原爆投下の様子をプリントしたTシャツを着用し波紋を呼んでいるとの報道があったため、着用の意図を尋ねるなど所属レコード会社と協議を続けてきたが、出演をとりやめることをテレ朝側から求めたという。「総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送る」としている。

 問題とされているTシャツには、「PATRIOTISM(愛国)」「LIBERATION(解放)」「KOREA(韓国)」などといった言葉とともに、原爆投下後にキノコ雲が上がる写真もプリントされていた。インターネット上では「原爆投下により終戦→解放」「意味を知らずに着てた。では済まされない」といった批判と、「舞台が無くなったことが悲しくて…辛(つら)い」といったファンの声が飛び交った。

 BTSは8日、ホームページで、「楽しみにしていただいたファンの皆様には残念な結果となり、お詫(わ)び申し上げます。BTSは今後も、よりいい音楽とステージでファンの皆様とお会いできるよう努めて参ります」とコメントした。

 BTSは2013年にデビュー。昨年の世界ツアーは北米や南米、台湾など計10の国と地域で延べ40万人を動員し、米国ではビルボード・アルバムチャートでK―POPとして初めて1位になるなど世界的に人気がある。



 韓国の7人組ヒップホップグループ「BTS」(防弾少年団)が、9日放送のテレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」(金曜・後8時)の出演を見送ったことが8日、明らかになった。番組の公式サイトで発表された。

【写真】防弾少年団風ファッションでキメた大坂なおみ!

 見送りの理由について、同サイトで「以前にメンバーが着用されていたTシャツのデザインが波紋を呼んでいると一部で報道されており、番組として着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、総合的に判断した結果」と説明。日本では現在、メンバーが、原爆投下を肯定するかのようなTシャツを着た写真が問題となっており、さまざまな方面で波紋を呼んでいた。

 生放送前日の出演見送りは異例。最新シングル「FAKE LOVE―Japanese ver.―」と、韓国語曲「IDOL」を歌唱するはずだった。韓国のネットメディア「Newsen」によると、この日午後7時半にソウル・金浦空港発の大韓航空便で来日予定だった。羽田空港にはファン約200人が集結。午後10時頃、同空港のスタッフが「今日、来日するとは聞いておりません」と説明するとファンの間から「えぇー」と悲鳴交じりの声が上がった。

 BTSは公式サイトで「今後も、よりいい音楽とステージで、ファンの皆様とお会いできるよう努めて参ります」とつづった。

 7人は13年デビュー。5月発売の韓国アルバム「Love Yourself 轉 ’Tear’」、8月の「LOVE YOURSELF 結 ’Answer’」が、米国のアルバムチャート「ビルボード200」で連続1位の快挙を達成した。日本では、13日の東京ドーム公演から全国4大ドームツアー(4都市9公演)を行い、約38万人を動員するが、関係者は「ドーム公演は通常通り行います」と語った。大みそかのNHK紅白歌合戦(後7時15分)の初出場も期待されたが、影響は必至だ。



【ソウル聯合ニュース】韓国の世界的人気グループ、BTS(防弾少年団)のリパッケージアルバム「LOVE YOURSELF 結 'Answer'」(8月24日リリース)が、販売枚数203万枚を突破した。

 韓国音楽チャートのガオンチャートが8日発表した10月のアルバムチャートによると、同アルバムの累計販売枚数は203万3475枚と集計された。韓国のほか海外で正式に流通した販売枚数も含んだもので、同チャートの累計集計として史上最多。同作は予約注文が151万枚に達し、発売から8日で193万枚超のセールスを記録していた。

 一方、10月のアルバムチャートではBTSのアルバム「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」(5月18日リリース)の累計販売枚数が182万4672枚と集計された。



 国際的な人気を誇る韓国の7人組男性音楽グループBTS(防弾少年団)が9日夜に放送予定だったテレビ朝日の音楽番組「ミュージックステーション」への出演を取りやめた。テレ朝によると、BTSのメンバーが以前着ていたTシャツに原爆投下時の画像がプリントされていて、波紋を呼んでいるとの報道があったため、着用の意図を尋ねるなど所属レコード会社と協議を続けてきたが、出演をとりやめることをテレ朝側から求めたという。

 問題とされているTシャツには、「PATRIOTISM(愛国)」「LIBERATION(解放)」「KOREA(韓国)」などといった言葉とともに、原爆投下後にキノコ雲が上がる写真もプリントされていた。インターネット上では「原爆投下により終戦→解放」「意味を知らずに着てた。では済まされない」といった批判と、「舞台が無くなったことが悲しくて…辛(つら)い」といったファンの声が飛び交った。

 「(原爆の)被害を受けたのは日本人だけではありません。在日朝鮮人の方々も多く亡くなりました」「国境を超えて国と国、言葉の壁を超えて活動する職種の彼らが国家間の壁で潰されかける。対立して何になるの」との書き込みもあった。

 BTSは8日、ホームページで、「楽しみにしていただいたファンの皆様には残念な結果となり、お詫(わ)び申し上げます。BTSは今後も、よりいい音楽とステージでファンの皆様とお会いできるよう努めて参ります」とコメントした。テレビ朝日は「当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送ることとなりました」としている。

 BTSは2013年にデビュー。昨年の世界ツアーは北米や南米、台湾など計10の国と地域で延べ40万人を動員し、米国ではビルボード・アルバムチャートでK―POPとして初めて1位になるなど世界的に人気がある。今年9月には米ニューヨークの国連本部で、国連児童基金(ユニセフ)の会合に出席し、世界の若者に向けて「自分を愛して」などと演説して話題になった。
FullSizeRender