米津玄師のシングル「Flamingo/TEENAGE RIOT」が、初週22.9万枚を売り上げ、11/12付オリコン週間シングルランキング(集計期間:10月29日~11月4日)で初登場1位を獲得した。シングルでの1位獲得は、今作が自身初となった。

【ライブ写真】発売から8ヶ月越しに「Lemon」をライブ初披露した米津玄師

◆「これが当たり前だと思わぬよう、これからも精進していきたいと思います」

 また同週付の週間デジタルシングル(単曲)ランキングでも、「Flamingo」が初週7.0万DL(6万9760DL)で1位を獲得し、こちらも自身初のシングル、デジタルシングル(単曲)同時1位を記録。また2位にも「TEENAGE RIOT」(初週4.6万DL(4万6174DL))がランクインし、6/4付で「LOSER」、「Lemon」が史上初の「同一アーティスト作品の1位、2位独占」を記録して以来、史上2度目の1位、2位独占となった。さらに、ロングヒットの続く「Lemon」が4位、本作のカップリング曲「ごめんね」が5位に初登場と、合計4作がTOP5入りとなり、「同一アーティストの同時TOP5入り記録」の歴代最多を記録した。

 米津は今回の記録について「初のシングル1位ありがとうございます。光栄なことだと思います。これが当たり前だと思わぬよう、これからも精進していきたいと思います」とコメントを寄せた。

 本作は9作目となるシングルで、自身が楽曲をイメージして描いたイラストをジャケットに使用。「Flamingo」は、先鋭的なサウンドに民謡や都々逸を彷彿とさせるメロディーと歌詞、独特の節回しでのボーカルが印象的な楽曲。また、ミュージックビデオが史上初となる東京・渋谷ハチ公前広場で初解禁されたことも大きな話題となった。一方の「TEENAGE RIOT」は、中学生の頃に作った作品を元に、思春期の衝動的な感情を余すところなく詰め込んだロックチューン。自身初のモノクロ映像によるミュージックビデオは10月27日、28日に開催した『米津玄師 2018 LIVE/Flamingo』のライブ演出として初披露された。

 なお、来年1月19日からは、故郷である徳島のアスティとくしまを皮切りに、自身初のアリーナツアー『米津玄師 2019 TOUR/脊椎がオパールになる頃』を開催する。



米津玄師が、またあらたな記録を樹立、さらに自身の持つ歴代記録を更新する快挙を達成した。

【画像】「Flamingo / TEENAGE RIOT」ジャケット写真

10月31日にリリースとなった米津玄師の両A面シングル「Flamingo / TEENAGE RIOT」が、11月12日付最新オリコン週間シングルランキングにて自身初となる1位を獲得。同週付の週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは「Flamingo」が1位を獲得し、初登場で両ランキング1位を独占した。

CDシングル「Flamingo / TEENAGE RIOT」は、オリコンデイリーランキングで初登場1位を獲得したあと、連日1位をキープ。

初登場でデイリーの推定売上枚数が12万2,872枚を記録し、週間ランキングで22万8,566枚となるなど、自身の記録を大幅に更新、破竹の勢いでの達成となった。

また、11月12日付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは、「Flamingo」が6万9,760ダウンロードで1位を獲得。以下、TOP5のうち4作品が米津の作品となっている。

2位には同じく今シングルの表題曲「TEENAGE RIOT」、4位には先日ミュージックビデオが2億再生を突破した「Lemon」、5位には今作のカップリング曲「ごめんね」がランクイン。

今年6月4日付のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで記録した「Lemon」「LOSER」での史上初の“同一アーティスト作品の1位、2位独占”以来、史上2度目の1、2フィニッシュを記録。さらに“同一アーティストの同時TOP5入り記録”の歴代最多を記録した。

PHOTO BY Jiro Konami

■米津玄師コメント
初のシングル1位ありがとうございます。
光栄なことだと思います。
これが当たり前だと思わぬよう、これからも精進していきたいと思います。




 米津玄師(27)の最新両A面シングル「Flamingo/TEENAGE RIOT」(10月31日発売・配信)が、初週売り上げ22万9000枚を記録し、12日付の最新オリコン週間シングルランキング(集計期間10月29日~4日)で初登場1位を獲得。自身初のシングル1位を達成した。

 また同週付の週間デジタルシングルランキングでも、「Flamingo」が初週6万9760ダウンロードで1位を獲得。自身初のシングル&デジタルシングル同時1位となった。2位にも「TEENAGE RIOT」が初週4万6174ダウンローに入り、6月4日付で「LOSER」、「Lemon」が史上初の「同一アーティスト作品の1位、2位独占」を記録して以来、史上2度目の1、2フィニッシュとなった。「Lemon」が4位に、本作のカップリング曲「ごめんね」も初登場5位と、計4作がTOP5入り。「同一アーティストの同時TOP5入り記録」の歴代最多を記録した。

 本作は自身9作目となるシングルで、自身が楽曲をイメージして描いたイラストをジャケットに使用している。「Flamingo」は先鋭的なサウンドに民謡や都々逸をほうふつとさせるメロディーと歌詞、独特の節回しでのボーカルが印象的な楽曲。ミュージックビデオが史上初となる渋谷のハチ公前広場で初解禁されたことも大きな話題となった。また、「TEENAGE RIOT」は、中学生の頃に作った作品を元に、思春期の衝動的な感情を余すところなく詰め込んだロックチューンとなっている。自身初のモノクロ映像によるミュージックビデオは10月27日、28日に開催した「米津玄師2018 LIVE / Flamingo」のライブ演出として初披露された。

 初の1位獲得について米津は「初のシングル1位ありがとうございます。光栄な事だと思います。これが当たり前だと思わぬよう、これからも精進していきたいと思います」とコメント。

 また、年明け1月19日からは自身の故郷である徳島県・アスティとくしまを皮切りに、自身初のアリーナツアー「米津玄師2019 TOUR/脊椎がオパールになる頃」をスタートさせることも決定している。