【イタリア 0-0 (2試合合計0-1)スウェーデン W杯欧州予選プレーオフ2ndレグ】
 
現地時間13日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ・セカンドレグ、イタリア対スウェーデンは0-0の引き分けに終わり、2試合合計1-0でスウェーデンが本大会出場を決めた。
 
ファーストレグで0-1と敗れ後がないイタリアは前半からホームの大声援を背に攻撃を仕掛ける。16分にはMFジョルジーニョのパスをペナルティーエリアで受けたFW チーロ・インモービレが角度のないところからシュートを打つもボールは枠を捉えきれず。その後もイタリアは右サイドを起点に攻め込むもゴールを奪うことが出来ずハーフタイムへ。

【ロシアW杯】プレーオフ日程結果一覧

後半もイタリアはボール支配では上回るも11人が自軍ピッチで守備をするスウェーデン守備陣をこじ開けることが出来ない。中盤以降FWステファン・エル・シャーラウィやFWアンドレア・ベロッティといった攻撃陣を投入するもゴールを奪えず。

結局、試合は0-0のまま終了。2試合合計1-0でスウェーデンが3大会ぶり12回目の出場権を獲得した。


 2018 FIFAワールドカップ ロシア・欧州予選プレーオフのセカンドレグが14日に行われ、イタリア代表とスウェーデン代表が対戦した。

【動画】日本代表、前半でブラジルに3失点…槙野智章の一撃で反撃も惨敗

 10日に行なわれたファーストレグは、1-0でホームのスウェーデンが先勝した。15大会連続19回目のW杯出場を目指すイタリアは、2点差以上での勝利が必須となる。そのイタリアはマルコ・ヴェッラッティが出場停止。中盤にはジョルジーニョが抜擢された。

 まずは27分、チーロ・インモービレの折り返しから、最後はアントニオ・カンドレーヴァが強烈なシュート。続く39分には、 ジョルジーニョのスルーパスにインモービレが反応する。しかし、この決定機はアンドレアス・グランクヴィストに間一髪クリアされた。イタリアが11本ものシュートを放ったが、前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入り53分、マッテオ・ダルミアンのクロスにアレッサンドロ・フロレンツィがボレーで合わせるが、惜しくも枠を外れた。63分には2枚替え。ダルミアンとマノロ・ガッビアディーニを下げ、ステファン・エル・シャーラウィとアンドレア・ベロッティを投入。攻撃の活性化を図る。試合終盤はイタリアが猛攻を仕掛けるも、最後までスウェーデンの集中した守備を崩すことができず、試合は0-0で終了。

 この結果、2戦合計1-0でスウェーデンがプレーオフを制した。W杯で4度の優勝を誇るイタリアの予選敗退は、1958年のスウェーデン大会以来、60年ぶり。一方のスウェーデンは3大会ぶり12回目のW杯出場を勝ち取った。

【スコア】
イタリア代表 0-0(2戦合計0-1) スウェーデン代表