10月28日・29日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、人気アニメ「プリキュア」シリーズの劇場版最新作『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』が、土日2日間で動員17万659人、興行収入1億9310万1900円をあげて1位を獲得した。「プリキュア」シリーズの初登場1位は、2012年公開『映画スマイルプリキュア!絵本の中はみんなチグハグ!』以来、5年ぶり2度目。昨年公開された『映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!』(全国213館/興行収入6億7000万)と比較して動員比122.3%、興収比119.4%の好スタートを切った。

【写真】美山加恋、福原遥らプリキュア声優がパティシエ姿披露

 2004年2月にテレビ放送が開始されて以来、広く愛されている「プリキュア」シリーズ。通算14作品目となる12代目のプリキュアとなる同作では、想いのつまったスイーツを守るため、主人公の宇佐美いちかたちが伝説のパティシエ・プリキュアとなって戦う物語。新たに6人目のプリキュア・キュアパルフェも加わり、子どもたちの人気を集めている。

 「プリキュア」シリーズではおなじみとなった観客参加型上映は、同作でも実施。映画館では、子どもたち(中学生以下限定)に応援アイテム「ミラクル☆キラキラルライト」が手渡され、劇中で敵に追い詰められてプリキュアがピンチになった時、このミラクル☆キラキラルライトを使ってプリキュアを応援する。

 そのほか、リドリー・スコット監督が生み出したSF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー 2049』が2位に初登場。先週公開された 新垣結衣と瑛太のW主演作『ミックス。』が3位、山崎賢人主演で人気漫画を実写化した『斉木楠雄のΨ難』が4位、 生田斗真広瀬すずが共演する映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は5位にランクインした。


 [映画.com ニュース]10月28日~29日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。2週連続で台風が日本列島に襲来したが、この週末は4本の新作が初登場。首位は「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」が獲得した。今年2月からテレビ放送が開始された「キラキラ☆プリキュアアラモード」の劇場版で、「プリキュア」劇場版シリーズの通算23作目となる。全国217スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員17万0659人、興収1億9310万1900円をあげた。この成績は昨年10月に公開され、最終興収6.7億円をあげた「映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」の興収比119.4%。初登場1位獲得は、12年公開「映画スマイルプリキュア!絵本の中はみんなチグハグ!」以来2度目となり、好調なスタートとなった。

 「ブレードランナー 2049」は2位デビュー。傑作SF「ブレードランナー」から35年ぶりに製作された続編ということで、非常に注目が集まった。10月27日から全国593スクリーンで公開され、土日2日間で動員14万9947人、興収2億2649万3800円を記録。興収では「プリキュア」を上回った。3日間では動員20万4100人、興収3億0528万3600円をあげている。前作ファンの40代、50代の男性を中心に、若者や女性まで幅広い客層が見受けられた。IMAX 3D版の稼働率が高く、スクリーン数が全体の4.7%にもかかわらず、興収に占める割合は19.3%で、鑑賞者のうち約5人に1人はIMAX 3D版で鑑賞している。単価の高い4D版でも上映されており、まずは興収15億円超えが期待できる出足となっている。

 5位には「先生! 、、、好きになってもいいですか?」が初登場。人気漫画家・河原和音の大ヒット少女コミックを、 生田斗真広瀬すず共演、三木孝浩監督で実写映画化した純愛映画だ。全国336スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員10万人、興収1億2700万円をあげた。最終興収10億円突破が当面の目標となりそうなスタート。

 そして、アニメ「特別版 Free! Take Your Marks」は8位にランクイン。前週首位デビューした「ミックス。」は3位に後退したが、累計興収は公開9日間で6億円を突破した。


 女児向け人気テレビアニメシリーズの劇場版『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』が30日に興行通信社が発表した土日2日間(10月28~29日)の全国映画動員ランキングで初登場ナンバーワンを飾った。台風が列島を直撃した週末となったが、2日間で17万659人を動員し、興行収入は1億9,310万1,900円だった。

【動画】『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』予告編

 1982年公開のカルトSF、35年ぶりの続編として制作された『ブレードランナー 2049』も2位に初登場。動員14万9,947人、興収2億2,649万3,800円と大ヒットスタート。前作のファンである40~50代の男性を中心に、新たに本作を知った若い層、『ラ・ラ・ランド』などでライアン・ゴズリングのファンとなった女性層まで幅広く集客した。IMAX-3Dの稼働率が高く、興収に占める割合は19.3%。観客の約5人に1人がIMAX-3Dで観たことになる。109シネマズ二子玉川、TOHOシネマズ新宿ほかのIMAXスクリーンでは上映期間延長が決定した。初日の金曜をあわせた3日間の累計動員は20万4,100人、累計興収は3億528万3,600円で早くも3億円超え。全国映画興収ランキングでは1位を記録した。

 人気漫画家・河原和音の同名コミックを、生田斗真広瀬すず共演で実写映画化した『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は5位に初登場。動員9万9,245人、興収1億2,650万7,650円だった。

 先週1位スタートを切った『ミックス。』は今週3位にランクダウンしたものの、先週末の成績は動員14万7,329人、興収1億9,369万8,000円と好調をキープ。累計動員は49万2,387人、累計興収は6億3,270万7,800円となった。『斉木楠雄のΨ難』は4位で続き、累計動員36万8,106人、累計興収4億5,321万2,200円となっている。

 そして公開4週目となる『ナラタージュ』もベストテン圏内をキープ。累計動員77万6,595人、累計興収10億1,870万1,500円となり、興収10億円を突破している。

 今週末は『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』『マイティ・ソー バトルロイヤル』『氷菓』『デンジャラス・ドライヴ』『シンクロナイズドモンスター』『ゴッホ 最期の手紙』『ノクターナル・アニマルズ』『We Love Television?』『Ryuichi Sakamoto: CODA』『KOKORO』『キセキの葉書』『おじいちゃん、死んじゃったって。』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2017年10月28日~29日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位

1(初)『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』:1週目
2(初)『ブレードランナー 2049』:1週目
3(1)『ミックス。』:2週目
4(2)『斉木楠雄のΨ難』:2週目
5(初)『先生! 、、、好きになってもいいですか?』:1週目
6(3)『バリー・シール/アメリカをはめた男』:2週目
7(4)『劇場版 Fate / stay night [Heaven's Feel] 第一章「presage flower」』:3週目
8(初)『特別版 Free!-Take Your Marks-』:1週目
9(5)『アウトレイジ 最終章』:4週目
10(7)『ナラタージュ』:4週目