名古屋大などの国際研究チームは2日、エジプト・ギザにあるクフ王のピラミッド内部に巨大な空間があるとの調査結果を、英科学誌ネイチャーで発表した。

 研究チームは、宇宙から飛来するミュー粒子を使ってピラミッドを透視。巨大通路「大回廊」(全長約50メートル)の約20~30メートル上に未知の空間があるのを発見した。詳しく分析したところ、全長が約30メートルもあることがわかった。チームの 森島邦博・名大特任助教は「大回廊に匹敵する規模の可能性がある」と話す。

 名大の河江肖剰(ゆきのり)共同研究員(エジプト考古学)は「王の埋葬室の可能性もある」とみる。従来は「王の間」が埋葬室と考えられてきた。しかし、河江さんによると、王の間の天井には古いひび割れがあり、崩れる危険がある場所に埋葬するとは考えにくいことから、本当の埋葬室は別の場所だという説もあった。河江さんは「今回見つかった空間に本当の埋葬室があるかもしれない」と話している。



 エジプト・ギザにある世界最大のピラミッド(クフ王のピラミッド)を宇宙から降り注ぐ宇宙線で透視したところ、長さ30メートル以上に及ぶ未知の大空間が見つかったと、名古屋大と 高エネルギー加速器研究機構などが参加する国際共同研究チームが発表した。

 約4500年前に造られた巨大ピラミッドは内部構造や建築方法などが多くの謎に包まれており、発見は大きな手掛かりになりそうだ。論文は2日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。

 調査は、宇宙線が地球の大気に衝突して生じる「ミュー粒子」を利用して行われた。ミュー粒子は透過力が強いが、密度の高い物質に当たると一部が吸収され、空洞など密度が低い部分では吸収されにくい。検出器で粒子の飛来方向と透過率を計測すれば内部を透視できるため、東京電力福島第1原発の溶融燃料探索や火山のマグマの分布調査などで使われている。

 名大の森島邦博特任助教らは、特殊なフィルムを使った検出器をピラミッドの「女王の間」に設置。上から降り注ぐ ミュー粒子を測定した。

 その結果、ピラミッド内部で19世紀に発見された「大回廊」(長さ約47メートル)と呼ばれる通路の上方に、少なくとも長さ30メートル以上の空間があることが判明。高エネ研やフランスの研究機関が設置した別の検出器でも、空間があることが裏付けられた。大きさは大回廊と同規模とみられるが、通路なのか複数の部屋が連続しているのかなど、詳しい形状は分からない。

 森島さんは「ピラミッド調査の歴史上、最大規模の空間の発見だ。もし遺物が残っていれば、当時の状態を留めたものがあるはずで、すごい発見につながる可能性がある」と話している。 



 エジプト・カイロ近郊にあるクフ王の大ピラミッドの中心部に巨大空間があることが、名古屋大や 高エネルギー加速器研究機構など国際グループの研究でわかった。宇宙から降り注ぐ放射線を利用し、内部の構造を「透視」して発見した。英科学誌ネイチャー電子版で2日、発表した。

【写真】観測装置を設置するフランスチームのメンバーら=スキャンピラミッド計画提供

 大ピラミッドは230メートル四方で、高さ139メートル。紀元前2500年ごろに建てられたとみられ、中世から内部が調べられてきたが、現在でも詳細はわかっていない。「世界七不思議」の一つとされる。

 名大の森島邦博特任助教らは、上空から飛んできて分厚い石も通り抜ける「 ミュー粒子」という放射線を使えば、X線撮影のようにピラミッド内部を透視できることに注目した。この粒子を検出できる特殊な板を、「女王の間」と呼ばれる部屋に設置。2015年からの観測で集めたデータを解析し、巨大空間が上にあるのを見つけた。日本の高エネ研とフランスの宇宙基礎科学研究所も別の場所で観測し、発見を裏付けた。


 エジプトのピラミッド内部に長さ30メートル以上に及ぶ未知の巨大空間が存在することを、日本とエジプトなどの国際研究チームが素粒子を使った調査で突き止め、英科学誌ネイチャー電子版に2日、発表した。未盗掘とみられ、当時の遺物が残されている可能性もある。

 未知の空間が見つかったのは、エジプトの首都カイロ近郊のギザにある同国最大のクフ王のピラミッド。空間は観光客が見学できる中心部の大回廊の真上にあり、人が歩くのに十分な広さを持つ。回廊ではなく複数の部屋が並んでいる可能性もある。

 謎に満ちた約4500年前の建造過程の解明や、新たな遺物の発見も期待される。研究チームの森島邦博 名古屋大特任助教は「誰も見つけていなかった空間なので、驚きと喜びがある。今後は内部を詳しく調べたい」と話す。

 チームはピラミッド中心部にある「女王の間」に観測装置を設置し、上空から降り注ぐ「ミュー粒子」と呼ばれる素粒子を観測。この粒子は岩などの物質中を通り抜ける性質があり、通過した粒子数の変化などからレントゲン撮影のように内部の様子をとらえた。

 昨年も同じ手法でピラミッドの入り口付近に別の小さな空間を発見していた。



【AFP=時事】(更新)エジプトのギザの大ピラミッド(Great Pyramid of Giza)の中心部に、「旅客機サイズの空洞」が見つかった。専門家らが2日、発表した。

【関連写真】ギザの大ピラミッドの外観

 大ピラミッドでは2015年以降、宇宙線による最新の透視技術で内部を解明しようとするプロジェクト「スキャンピラミッド(Scan Pyramids)」が進められており、今回の発見についてまとめた論文が英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。

 クフ王(King Khufu)の命により建造された巨大ピラミッドの内部には、王の間、女王の間、大回廊(Grand Gallery)と3つの空間があることが既に判明している。今回見つかったのは4つ目の空間で、4500年間誰の目にも触れることなく、秘密が守られてきたことになり、調査が待たれる。

 共同発見者のメディ・タユビ(Mehdi Tayoubi)氏はAFPに対し、今回発見された空間について「200人乗りの航空機のサイズで、同ピラミッドの中心にある」と明かした。

 エジプト首都カイロ近郊のギザに、メンカウラー(Menkaure)王やカフラー(Khafre)王のピラミッドやスフィンクス(Sphinx)と並び建つ クフ王の大ピラミッドは、「古代世界の七不思議」の中でも最古でかつ唯一現存しており、また地球上の最大の建造物の一つに数えられている。【翻訳編集】 AFPBB News



エジプトで最大とされるピラミッドの内部に、これまで知られていない巨大な空間があることが、日本などの研究チームによる最新の調査で確認されました。まだ、見つかっていない王のミイラや副葬品が納められている可能性もあり、ピラミッドをめぐる謎の解明につながると注目されています。

エジプトと日本、フランス、カナダの国際研究チームは、おととしからエジプトで最大とされるクフ王のピラミッドの構造を最新の技術で解き明かす大がかりな調査を進めています。

このうち名古屋大学と高エネルギー加速器研究機構は、宇宙から降り注ぐ「ミューオン」と呼ばれる素粒子を使い、内部をレントゲン写真のように透視する調査を行ってきました。

この結果、ピラミッドのほぼ中央にこれまで知られていない長さが30メートル以上もある巨大な空間があることを確認し、2日づけのイギリスの科学雑誌ネイチャーの電子版で発表しました。

クフ王のピラミッドは、これまでに3つの部屋が確認されていて、このうち「王の間」と呼ばれる部屋からひつぎが見つかっていますが、ミイラや副葬品はどこからも見つかっていません。今回見つかった空間が何のために作られたかは分かっていませんが、まだ見つかっていない王のミイラや副葬品が納められている可能性もあるということです。

調査を担当した名古屋大学の森島邦博特任助教は「未知の空間が見えた時はものすごいものが見つかったと興奮しました。中に何があるのかは開けてみないとわからないので、今後の調査に期待したい」と話しています。

ピラミッドの謎と発見の意義

クフ王のピラミッドは高さがおよそ140メートルと、エジプトで最大とされ、およそ4500年前、当時エジプトを支配していたクフ王の墓として建設されたと考えられています。しかし、これまでにひつぎは見つかっていますがミイラや副葬品は発見されていません。盗掘された可能性が指摘されていますが、古代エジプトの文献には隠された部屋の存在を示唆する記述もあり、謎に包まれています。

今回の発見の意義について、エジプト考古学者で名古屋大学の河江肖剰共同研究員は「歴史に残る大きな発見であることは間違いなく、いまだ見つかっていないクフ王のミイラや副葬品が見つかる可能性もある。空間の形や内部を調べることで、ピラミッドがなぜ、どのように作られたのかを解き明かす手がかりになる」と話しています。

透視調査の方法は

今回の調査で使われた素粒子「ミューオン」は、宇宙を飛び交っている「宇宙線」と呼ばれる粒子が大気と衝突してでき、地上に大量に降り注いでいます。

さまざまな物質を通り抜ける性質があるため、ピラミッドの中を通り抜けたミューオンを観測することで、レントゲン写真のように内部を透視することができます。

東京電力福島第一原子力発電所では、事故で溶け落ちた核燃料の状態を探るため、人が近づくことができない原子炉の内部を透視する調査に使われています。

さらに詳しい内容は…

今回見つかった巨大空間についての詳しい内容は、NHK総合テレビで11月4日午後9時から放送のNHKスペシャル シリーズ古代遺跡透視「大ピラミッド 発見!謎の巨大空間」でお伝えします。