[映画.com ニュース] 7月15~16日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。夏休みに向けて新作が5本ランクインし、「ポケモン」の映画20周年記念作品「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」が堂々の首位を獲得。全国368スクリーンで公開され、オープニング2日間で観客動員43万6000人、興行収入5億1600万円を稼ぎ出した。この成績は、最終興収21.5億円をあげた前作「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」(16年)の興収比159.3%。15年、16年は首位デビューできていなかっただけに、前作を大きく上回る絶好のスタートを切った。

 2位には、「週刊少年ジャンプ」連載の空知英秋原作による大ヒットコミックを小栗旬主演で実写映画化した「銀魂」が初登場。7月14日より全国335スクリーンで公開され、土日2日間で動員39万2789人、興収5億4103万2900円を記録した。これは今年公開された実写邦画のオープニング2日間でNo.1の成績。10代から20代の若者を中心に動員し、オープニング4日間では累計動員74万2254人、興収9億8229万1500円をあげている。最終興収52.2億円を記録した「るろうに剣心 京都大火編」(14年)とほぼ同じ出足であることから、最終興収50億円以上が期待される。

 ピクサー・アニメーション・スタジオの人気長編アニメシリーズ第3作「カーズ クロスロード」は4位にランクイン。オープニング2日間で動員25万2000人、興収3億2000万円をあげた。これは最終興収30.1億円を記録した前作「カーズ2」(11年)の興収比69.8%の成績で、まずは最終興収20億円突破が当面の目標となりそうだ。

 新作では他に、榎宮祐によるライトノベルを原作に、14年に放送されたテレビアニメの劇場版「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」が7位にランクイン。日本の「スーパー戦隊」シリーズを英語版ローカライズしたテレビドラマを、最新の映像技術を用いてリブートし映画化した「パワーレンジャー」は9位スタートとなった。

 なお、2週連続首位だった「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」は3位に後退したが、公開17日間で動員287万人、興収41億円を突破。「メアリと魔女の花」は5位で、累計興収は12億円を突破した。


 映画興行が盛んになる夏休みシーズンが到来。海の日を含む3連休の初日、15日より公開となったアニメーション映画『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』が、最新の映画動員ランキング(7月15・16日、興行通信社調べ)で初登場1位に躍り出た。2位には14日公開の小栗旬主演『銀魂』。3位には2週連続1位だった『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』がランクインした。

【写真】『銀魂』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など

 今年の「ポケモン」映画は、テレビアニメの初回放送から20年目を迎えた記念作。土日2日間で動員43万6000人、興収5億1600万円をあげた。この数字は『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』(2016年7月16日公開、最終興収21億5000万円)を大きく上回っており、配給の東宝は40億円を狙えるスタートを切ったと発表している。

 テレビアニメ第1話のリメイクを含むサトシとピカチュウの出会いを描いたストーリーで、アニメやゲームの「ポケモン」に親しみながら育った大人の心の琴線にも触れる見どころも多い。初日アンケートの結果でも、小学生が29.2%、20代が27.7%、30・40代が12.4%と、幅広い客層を動員しており、20周年にふさわしいオープニングを飾った。

 2位の『銀魂』は、空知英秋氏の人気漫画を、福田雄一監督のもと、小栗のほか菅田将暉橋本環奈らの出演で実写映画化。漫画、アニメ、そして実写が束になって宣伝活動を繰り広げ、土日2日間で動員39万2800人、興収5億4100万円をあげ、今年公開の邦画実写映画のオープニング成績(2日間の興収)としては1番の好記録となった。

 17日を含む、オープニング4日間の累計興収は9億8200万円で、『るろうに剣心 京都大火編」(2014年8月1日公開、最終興収52億円)のオープニング4日間興収9億8500万円に比肩することから、最終興収50億円突破に期待がかかる。今後も、大ヒット舞台あいさつ、応援上映などが企画されており、夏休み興行をさらに盛り上げそう。

 3位の『パイレーツ~』は、土日2日間で動員39万2173人、興収5億9005万4900円をあげ、興行収入では新作を抑えて3週連続1位。「2D・3D」だけでなく、より料金の高い「4D」上映が好評なことが要因としてあげられる。もともと「ディズニーランド」のアトラクションから生まれた映画でもあり、海でのアクションシーンが満載の内容ともマッチした。7月1日からの17日間で動員287万8736人、興収41億4518万2100円(7月17日時点)と稼いでいる。

 ほかに新作では、ピクサー・アニメーション・スタジオのヒットシリーズ第3弾『カーズ/クロスロード』が、土日2日間で動員25万2000人、興収3億2000万円をあげ4位に初登場。

 7位にはアニメーション映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』がランクイン。榎宮祐氏によるライトノベルが原作で、14年に放送されたテレビアニメの劇場版。テレビシリーズの約6000年前を舞台に知られざる物語が明らかにされる。9位には日本の「スーパー戦隊」シリーズを英語版ローカライズしたテレビドラマの映画化『パワーレンジャー』が入った。

 先週初登場2位だった米林宏昌監督のアニメーション映画『メアリと魔女の花』は今週5位で、累計興収12億円を突破するヒットを飛ばしている。

 ちなみに、全国映画動員ランキングトップ10は下記のとおり。

1位:劇場版ポケットモンスター キミにきめた!
2位:銀魂
3位:パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
4位:カーズ/クロスロード
5位:メアリと魔女の花
6位:忍びの国
7位:ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
8位:兄に愛されすぎて困ってます
9位:パワーレンジャー
10位:22年目の告白-私が殺人犯です-