女優の篠原涼子(43)が10月期のフジテレビ系月9ドラマ(タイトル未定、月曜、後9・00)に初主演し、新人女性市議会議員を演じることが7日、分かった。月9への出演は2010年春の「月の恋人~Moon Lovers~」以来、7年5カ月ぶり。今作は同局の連続ドラマとして、初めて女性を中心に政界が描かれる。

 フジ系の主演連ドラ「アンフェア」「ラスト・シンデレラ」で平均視聴率15%台を記録した篠原は、近年数字が伸び悩んでいる同枠での初主演に、「プレッシャーでいっぱいですが、周りの皆様に力をお借りして、楽しい作品にしたい」と意気込んでいる。

 今作は、夫と保育園に通う子供との3人暮らしの中卒新米ママ・佐藤智子(篠原)が、高額収入を求めて市議に立候補。無所属新人の智子候補は「しあわせになろうね!」をキャッチコピーに市民の不満に寄り添い、社会問題に立ち向かう。

 2児の母で女優としても精力的に活動する篠原の姿が、役にピッタリと起用された。自身のキャッチコピーは「楽しくやろうよ!」という明るい性格の篠原は、選挙報道を見るなど役作りに励んでおり「この役を通して、皆さまの代弁者になれたらいいな」と7月上旬のクランクインを待ちわびた。

 俳優・高橋一生(36)が選挙戦のライバル役に決まり、女優・石田ゆり子(47)は保育園のママ友役として智子をサポートする。篠原が初共演の2人と共に、平凡な主婦の下克上ドラマを盛り上げていく。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)