27日午前8時30分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が起き、登山の講習会に参加していた栃木県内の高校生らが巻き込まれた。県警によると、男子生徒7人と男性教員1人の計8人が心肺停止状態で病院に搬送され、同日夜に8人の死亡が確認された。また、講習に参加した生徒と教員計40人が重軽傷を負った。県警は業務上過失致死傷容疑で捜査する方針。

【写真】雪崩事故現場の見取り図

 県教育委員会によると、講習会は県高校体育連盟が主催する「春山安全登山講習会」。25~27日の予定で、県内7校の山岳部の1、2年生と教員計62人が参加していた。

 記者会見した県教委の宇田貞夫教育長によると、27日は茶臼岳への往復登山を予定していたが、雪が激しく降る悪天候のため、午前6時に中止を決めた。

 しかし、午前7時半になって、雪をかき分けて進む「ラッセル訓練」をゲレンデ周辺で実施することを決定。生徒と教員計48人が参加することになり、午前8時から訓練を始めた。7高校が5班に分かれ、午前9時半までの予定で訓練をしていたが、その途中で雪崩に巻き込まれた。死亡した8人はいずれも県立大田原高校の生徒と教員で、同校の班が先頭で登っていたとみられる。

 県警那須塩原署の調べによると、雪崩はゲレンデから外れた林の中を登っていた生徒たちを襲ったとみられる。目撃情報によると、雪崩は長さ100~200メートルにわたったという。

 宇都宮地方気象台によると、スキー場のある那須町には、26日午前から雪崩注意報や大雪注意報が発令されていた。

 大田原高校は全国大会に連続出場する強豪。堀江幸雄教頭によると、講習会には生徒12人と教員2人が参加していたという。

 県教委の宇田教育長は記者会見で、「登山の中止を決めたのは正しかった。その後、なぜラッセル訓練を始めたのかはわからない」と述べた。

 現場の那須温泉ファミリースキー場は3月20日に今シーズンの営業を終えていた。地元の温泉旅館の女性従業員(62)によると、前日夜から雪が降り、20~30センチ積もったという。「スタッドレスタイヤでないと来られないくらい雪が積もっていた」と話した。

 講習会には大田原高校のほかに、那須清峰、矢板東、矢板中央、真岡、真岡女子、宇都宮の各校が参加していた。


 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が起きたと110番があった。県や消防によると、県内7高校から「春山登山」の研修に参加していたグループが雪崩に巻き込まれ、県立大田原高(大田原市)の男子生徒ら7人と引率教諭1人の計8人が死亡した。骨盤骨折などで自力で歩行できない生徒ら7人を含む計40人も負傷で治療を受けている。冬型の気圧配置の影響で現場一帯は前日から雪が降り続いており、古い雪面に積もった新雪が滑り落ちる「表層雪崩」の可能性がある。

【救助され、下山する高校生たち】

 同スキー場は20日に今季の営業を終え、新雪を固める圧雪作業は行われていなかった。雪崩はスキー場の上部に位置する第2ゲレンデ付近の標高約1200メートルの樹林の斜面で発生し、長さ200メートルから100メートル以上にわたって滑り落ちた。

 県教委によると、訓練は県高校体育連盟が25~27日の2泊3日の日程で主催した春山登山研修で、大田原▽矢板中央(矢板市)▽矢板東(同市)▽宇都宮(宇都宮市)▽真岡(真岡市)▽真岡女子(同市)▽那須清峰(那須塩原市)--の1、2年生や引率教諭ら計62人(生徒51人、教員11人)が参加。生徒はいずれも各校の山岳部やワンダーフォーゲル部などに所属している。

 訓練最終日となった27日は悪天候のため、教諭らが予定されていた茶臼岳(1915メートル)登山の中止を決定。急きょ、深雪をかき分けて進む「ラッセル」と呼ばれる雪中歩行の訓練を同スキー場で行うことにし、生徒ら48人が5班に分かれて参加していた。雪崩は訓練開始から約30分後の午前8時半ごろに起きたとみられ、心肺停止で見つかった生徒はラッセルの先頭にいた大田原高に集中しており、雪崩は同校生徒らの「1班」を直撃したらしい。

 消防や自衛隊などの救助活動は深雪に阻まれて難航したが、27日夜までに終了。県警は28日以降、現場の状況を調べる方針だ。

 宇都宮地方気象台などによると、栃木県北部では26日から降雪が続き、27日午前10時に那須高原で34センチの積雪を観測。同スキー場のある県北部に26日午前10時から雪崩注意報を発令していた。【田中友梨、金秀蓮】


 栃木県那須町のスキー場で起きた雪崩で、救助にあたっている山岳救助隊の隊長が、救助の状況について語りました。

 「(別の人が)こっちから行って、どこだどこだと騒いで、探しているうちに『おー』という雪の中から声が聞こえた。『おー』という声が聞こえた。助けてではなく『おー」と聞こえた。場所を知らせる声が聞こえた。ちょっとかいたら人の姿が見えた。新雪だから、軽い雪だったから、聞こえたんだと思います」(那須山岳救助隊 大高登隊長)

 救助にあたった那須山岳救助隊の隊長は、27日午後6時ごろ、報道陣を前にこのように語りました。

 自力で歩くことができる高校生は既に下山していて、今後、病院で診察を受けるということです。(27日18:57)