福岡県京都(みやこ)郡で1日、交際相手の高校1年の女子生徒(16)にサバイバルナイフで刺され意識不明になっていた高校1年の少年(16)=福岡県苅田町=が27日未明、治療を受けていた病院で死亡した。福岡県警が27日、発表した。

 県警は殺人未遂容疑で現行犯逮捕した女子生徒を3日に福岡地検小倉支部に送検。地検は17日から女子生徒を鑑定留置している。

 県警によると、女子生徒は1日午後2時10分ごろ、京都郡の自宅で、少年の胸を刺して殺そうとした疑いがある。容疑を認めているという。自宅には当時、女子生徒の家族や友人ら計7人がいた。自宅からは凶器とみられるサバイバルナイフ(刃渡り約18センチ)が見つかった。


 福岡県苅田町で1日、高校1年の女子生徒(16)が高1の男子生徒(16)を刃物で刺した事件で、県警は27日、意識不明の重体だった男子生徒が同日未明に搬送先の病院で死亡したと発表した。

 
 県警少年課などによると、2人は交際していたとみられ、殺人未遂容疑で逮捕された女子生徒は「一緒に死のうと思った」などと供述している。福岡地検小倉支部が鑑定留置し、責任能力の有無を調べている。