27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場から「雪崩が発生した」と110番通報があった。

 同町総務課によると、県内の高校生ら40~50人が利用中で、複数の安否が不明との情報がある。県警が詳しい状況を調べている。

 地元消防への現場からの連絡によると、3人が呼吸停止で見つかった。他に3人が行方不明という。

 同スキー場は町営で、茶臼岳山麓に位置し、ペアリフト2基、ゲレンデ3面、そり専用ゲレンデ、センターハウスなどの施設がある。同町によると、今季の営業は既に終了しているが、競技団体の依頼で県内の複数の高校の生徒らが利用していたという。


 27日午前9時20分頃、栃木県那須町湯本の「那須温泉ファミリースキー場」で雪崩が発生した。

 県警などによると、スキー場は今季の営業を終えているが、この日は、複数の高校から集まった生徒約50人らが春山登山訓練を行っていた。生徒数人と連絡が取れなくなっており、県警などが捜索している。


 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で雪崩があった。高校生が巻き込まれ、数人と連絡が取れないという。同スキー場には、高校生約50人がいたという。


 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生した。登山をしていた高校生らが巻き込まれ、地元消防によると、いずれも高校生の3人が心肺停止状態で、2人が行方不明、午前11時現在で1人を救助中だという。

 消防によると、スキー場のゲレンデ上部で登山中に雪崩に巻き込まれた。

 那須塩原署によると、25~27日、県体育連盟が主催し、県内の高校1、2年生57人が参加する登山訓練が行われていた。県警によると、現地は悪天候が続き、ヘリコプターが飛べない状況だ。

 栃木県教育委員会によると、巻き込まれた情報があるのは、県内七つの高校の山岳部による「春山講習会」。25日から3日間の日程で、1~2年生60~70人が参加していた。県教委によると、参加しているのは大田原高校、那須清峰高校、矢板東高校、矢板中央高校、真岡高校、真岡女子高校、宇都宮高校の7校。

 宇都宮地方気象台は26日午前10時半ごろ、栃木県北部に雪崩や大雪の注意報を発表し、注意を呼びかけていた。担当者は「未明からの約10時間で積雪となり、気温は比較的高い。雪崩が起きやすい環境だった」と話す。

 地元の温泉旅館の従業員女性(62)によると、スキー場は3月20日に閉まっていた。昨晩から雪が降り、20~30センチ積もったという。「1月くらいの感じで積もっていた。スタッドレスタイヤでないと来られないくらい雪が積もっていた」と話した。


 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生したと110番があった。

 地元消防によると、7人が負傷し、心肺停止状態の人もいるもよう。スキー場にいた高校生らと連絡が取れていないという。県警などが詳しい状況を調べている。

 消防などによると、スキー場には県内の高校生の団体約50人がいた。高校の話では、複数の高校の山岳部員らが25~27日の日程で、県高校体育連盟の春山登山講習を受けていたという。

 宇都宮地方気象台は26日、県北部で雪崩が発生する恐れがあるとして注意を呼び掛けていた。 


 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で、雪崩が発生したと110番があった。地元消防に現場から入った連絡によると、高校生6人が心肺停止の状態で見つかったほか、3人が行方不明。3人が負傷しているという。

【付近のライブカメラの画像】

 県立大田原高の関係者によると、同スキー場では「春山安全登山講習会」を開催しており、大田原▽矢板中央▽宇都宮▽真岡▽真岡女子▽那須清峰▽矢板東--の県内計7校(約60人)の生徒らが参加していたという。同日午前9時35分ごろ、引率していた大田原高の教員から「安否の確認ができない生徒がいて、捜索している」と同校に連絡があったという。同講習会は25~27日の日程で行われ、参加者は事故現場周辺にいたという。

 那須温泉ファミリースキー場の運営会社「那須未来」によると、スキー場は20日に営業を終了し、リフトの運転はしていない。事故の一報は午前10時過ぎに入ったが、男性社員は「まだ詳しいことは全く分からない。上の者が現地に向かっている」と慌ただしく話した。

 栃木県北部では26日から降雪が続き、気象庁によると27日午前10時に那須高原で34センチの積雪を観測。宇都宮地方気象台は、同県北部に26日午前10時から雪崩注意報を発令していた。【田中友梨、金秀蓮】


 栃木県那須町のスキー場で起きた雪崩に高校生の団体が巻き込まれた。春の雪山で何が起きたのか。参加した生徒が通う高校は情報収集に追われた。

 団体は「春山安全登山講習会」の一環として、大田原▽矢板中央▽宇都宮▽真岡▽真岡女子▽那須清峰▽矢板東--の県内計7校が参加。関係者によると、25~27日の日程で那須温泉ファミリースキー場で行われ、約60人の生徒らが参加していたという。

 生徒が参加していた高校は確認に追われた。県立那須清峰高校(同県那須塩原市)からは、ワンダーフォーゲル部員4人が講習会に参加した。午前10時過ぎに引率した教員から連絡があり、全員無事が確認されたという。

 私立矢板中央高校(同県矢板市)からは、引率の教員2人と生徒5人が参加しているという。担当者は「警察から雪崩が起きたと連絡を受けたばかり。情報がない」と不安を募らせていた。

 県立矢板東高校(矢板市)から参加した山岳部の生徒8人と引率教員1人は無事だった。潮田康夫教頭は警察からの連絡で事故を知った。「とりあえず生徒が無事でホッとしたが、被害者もいるようで心配だ」と神妙な様子で語った。

 雪崩が起きたスキー場の近くにある大丸温泉の従業員によると、昨夜から雪が降り新たに20センチほど積もったという。従業員は「このあたりは4月にも雪が降るけれど、この時期にこれだけの積雪があるのは珍しい。道路はほとんど雪は解けた状態だったが、昨夜からの雪で除雪が必要な状態になっている」と話した。


 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場から「雪崩が発生した」と110番通報があった。

 同町総務課によると、県内の高校生ら40~50人が利用中だった。

 消防によると、雪崩はスキー場のゲレンデの上の方で発生した。

 心配停止の疑いが6人、行方不明が3人、負傷者が3人。負傷者は教員1人、生徒2人という。

 同スキー場は町営で、茶臼岳山麓に位置し、ペアリフト2基、ゲレンデ3面、そり専用ゲレンデ、センターハウスなどの施設がある。同町によると、今季の営業は既に終了しているが、競技団体の依頼で県内の複数の高校の生徒らが利用していたという。高校生は登山中に巻き込まれたろみられる。


 菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、同日午前9時20分ごろ、栃木県那須町のスキー場で雪崩が発生し、高校生が巻き込まれたと発表した。菅氏は「これまでに意識不明の方が3人、連絡が取れない方が3人との報告を受けている」とした上で、「引き続き被害状況の把握に努め、被災自治体と緊密に連携を図りながら被災者の救命救助を最優先に災害応急対策を行っていく」と述べた。


 3月末の雪山で何があったのか。高校生らが巻き込まれたとみられる栃木・那須の雪崩事故。生徒が巻き込まれた可能性がある高校では、関係者が不安を募らせた。

 栃木県矢板市の矢板中央高校からは山岳部の生徒5人と顧問の男性教諭2人が参加したという。生徒は1年生3人、2年生2人で全員男子生徒。橋本昭司副校長によると「午前10時過ぎに警察から連絡があり、教諭と生徒が参加したことを伝えた。その後、何も連絡がない。心配した保護者から学校に電話があったが、答えてあげられない」と話した。

 正副の顧問2人の携帯電話にかけ続けているが、「1人は呼び出し音が鳴っても答えず、1人は電波が届かないか電源が入っていない」という。