タレント、小倉優子(33)が、不倫騒動を起こした夫でカリスマ美容師、菊地勲氏(46)と3日に離婚したことが5日、分かった。関係者によると、別居中の菊地氏と昨年末から弁護士を立てずに話し合い、慰謝料はなし、子供2人の親権を小倉が持つことなどで合意した。昨年11月に次男を出産した小倉は、この日のテレビ番組の収録で仕事復帰。シングルマザーとして強く生きていくことを誓っていたという。

 夫の裏切り行為から1年-。ゆうこりんが、ついに離婚を決断した。

 関係者によると、別居中の小倉と菊地氏は、昨年末から弁護士を立てることなく話し合いを重ねてきた。4歳の長男と生後4カ月になる次男の親権を小倉が持つこと、養育費は菊地氏がサポートすることなどで合意。生活が落ち着いた今月3日に離婚届を提出した。

 不倫騒動は、妊娠中の昨年8月に「週刊文春」が報じたことで表面化。菊地氏が小倉の所属事務所の後輩だったアイドルグループのメンバー(26)と同3月に出会い、密会を重ねていた内容だった。

 夫から不倫を告白された小倉は、同8月に長男を連れて自宅を飛び出し知人宅へ。以降、一度も夫婦が同居することはなく、5年5カ月の結婚生活にピリオドを打った。次男を出産した昨年11月には、ブログで「これから二児の母として、かけがえのない我が子達を大切に育てていきます」とつづっていた。

 一部週刊誌で小倉が慰謝料7000万円を請求していると報じられたが、関係者によると慰謝料はなし。小倉は離婚前日の2日付のブログで、「憶測だけが一人歩きしてしまい全く事実にない事が報道され、私自身本当にびっくりしています!!」とつづり、「色々ありますが元気に過ごしている私は強いなぁと感じます」と吹っ切れた様子だった。

 すでに菊地氏は自宅を出ており、小倉は子供たちと新生活をスタートさせている。彼女の様子について関係者は「元気で明るいです。『子供たちのために頑張らないと』と前向きですよ」と話す。

 この日、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜後9・0)の収録で産休から仕事復帰。番組内でも離婚の経緯を報告し、シングルマザーとして強く生きていくことを誓ったという。困難を乗り越え、再出発したゆうこりんの姿は、26日に放送される。


 タレントの小倉優子(33)が、今月3日に夫でヘアメイクアーティストの菊池勲氏と離婚していたことが5日、わかった。所属事務所は「弁護士を立てずに本人同士で話し合い、円満に離婚に至った」とコメント。慰謝料はなく、親権が小倉が持つ。

【写真】挙式時…小倉優子、美容師の夫・菊地勲氏との2ショット

 昨年11月に第2子となる男児を出産した小倉は5日、日本テレビ系『行列のできる法律相談所』の収録で仕事に復帰。離婚直後ながら元気に収録に参加していたという。

 小倉は2日、自身のブログを更新し「なんだか、憶測だけが一人歩きしてしまい全く事実にない事が報道され、私自身本当にびっくりしています」と離婚についての週刊誌記事に言及。「皆さんに私の言葉できちんと伝えられるようにと事務所の方にお願いしています」とつづっていた。

 小倉は2011年菊池氏と結婚、翌年6月には長男、16年11月に次男を出産した。


 タレントの小倉優子(33)が、夫で美容師の菊池勲氏(46)と離婚したことが5日、分かった。

【写真】幸せだったのに…2011年、笑顔で婚約指輪を披露する小倉優子

 所属事務所によると、3日に関係者が都内の区役所に離婚届を提出。4歳と0歳の2男の親権は小倉が持つ。弁護士を立てずに本人同士の話し合いで円満に離婚に合意し、慰謝料はない。養育費については取り決めはしておらず、関係者によると「菊池氏が父親としてできる限りのことをしていく」という。

 2人は2011年10月に結婚し、翌年6月に長男が誕生。しかし、第2子を妊娠中だった昨年8月に、当時事務所の後輩タレントだった女性と菊池氏の不倫が発覚。小倉はブログで「ショックでした」と心境を吐露、「私も冷静になり、今後の結婚生活を見つめ直すいいきっかけにしたい」としていたが、裏切り行為による夫婦の溝の修復は難しかったようだ。

 同11月に次男が誕生。関係者によると、出産を無事に終えて、いったんはやり直そうと考えたが、年末までには離婚の意思を固めたという。元々、菊池氏は結婚後も女性の噂が絶えず、離婚危機と言われた時期もあった。小倉の知人は「後輩タレントとの不倫が離婚の一つの要因だったことは間違いないが、夫婦にしか分からないこともある。複合的なことが積み重なり、今までのことと向き合ってるうちに離婚の決意を固めたんじゃないでしょうか」と話した。

 小倉は先月末、ブログで3月からの仕事復帰を報告。5日は日本テレビ行列のできる法律相談所」の収録(26日放送)に臨んだ。第2子の産休以来、8カ月ぶりのテレビ出演で、番組関係者によると収録中に「離婚したんです」と明かし、「頑張っていきます」などと前向きに話していたという。今後は育児をしながらママタレントとして仕事をしていく。

 ◆小倉 優子(おぐら・ゆうこ)1983年(昭58)11月1日、千葉県生まれの33歳。高校生の時にスカウトされ芸能界入り。02年「日テレジェニック」に選ばれグラビアや、「笑っていいとも!」「さんまのSUPERからくりTV」などバラエティー番組などでも活躍。09年にはパンアドバイザーの資格を取得するなど料理上手で、レシピ本も多数出版。愛称は、ゆうこりん。血液型B。


 タレント小倉優子(33)が、ヘアメークアーティスト菊池勲氏(46)と離婚していたことが5日、分かった。小倉の所属事務所によると今月3日に離婚届を提出した。弁護士を立てず、本人同士で話し合いを重ねた協議離婚。4歳の長男と4カ月の次男の親権は小倉が持ち、慰謝料は発生していない。

【写真】11年、米ハワイ・オアフ島の教会での結婚式のショット

 小倉と菊池氏は共通の知人を介して知り合い、約3年間の交際を経て11年10月に結婚し、ハワイで挙式した。菊池氏はSMAPメンバーを始め、多くのスターを担当する人気ヘアメークアーティスト。小倉は「きくりん」と呼び、結婚報告会見で浮気の心配を聞かれると「100%ないと思っています」と笑顔で答えていた。翌年6月に第1子となる男児が誕生したが、小倉は出演番組で「出産後にけんかが増えた」と不満を口にしていた。不仲説は否定したが、寂しさも感じていると話していた。

 小倉が第2子を妊娠中だった昨年8月、菊池氏の不倫交際疑惑が報じられた。小倉の所属事務所の後輩タレント馬越幸子(26)の自宅に通っていると「週刊文春」が伝えた。同誌の取材に菊池氏は「浮気はしていない」と答えたが、馬越は所属事務所から契約を解除された。

 小倉は報道を受けてブログに「すごくショックでしたし、主人に腹立たしい気持ちでいっぱいでした」と感情を吐露。しかし離婚を心配する声には「主人もたくさんの方々から大変なお叱りをいただき、これまでにないほどの反省をしております。私も冷静になり、今後の結婚生活を見つめ直すいいきっかけにしたいと思います」と記していた。別居報道もあったが、所属事務所や菊池氏は否定していた。今月3日発売の写真週刊誌「フライデー」は、菊池氏が自宅に帰っていないと伝えた。

 小倉はこの日、26日放送分の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」の収録に参加。関係者は「気持ちを切り替えて収録に挑んでいました」と話した。


 タレント小倉優子(33)が、ヘアメークアーティスト菊池勲氏(46)と離婚していたことが5日、分かった。小倉の所属事務所によると今月3日に離婚届を提出した。

【写真】小倉優子"こりん星キャラ"の罪悪感で「ズタボロ」

 ◆小倉優子(おぐら・ゆうこ)1983年(昭58)11月1日、千葉県生まれ。02年「日テレジェニック」に選ばれ、その後グラビアタレントとして活動。「こりん星から来たゆうこりん」と話す不思議系キャラクターで人気を得た。料理が得意でパンアドバイザーの資格を持ち、結婚後にレシピ本も出版。162センチ。血液型B。


 タレントの小倉優子(33)が夫でヘアメークアーティストの菊池勲氏(46)と3日に離婚していたことが5日、分かった。昨年8月、夫の不倫発覚後に別居。たび重なる離婚報道の間にも夫婦で前向きに話し合いを続けたが、修復はできなかった。慰謝料はなく、小倉が2児の親権を持つ。この日、離婚後初仕事となる26日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜、後9・00)の収録に参加した小倉は、番組で離婚を報告し、独身としての再スタートを切った。

【写真】小倉優子が自虐アドバイス

 夫の不倫騒動から7カ月、小倉が5年5カ月の結婚生活にピリオドを打った。

 今月3日に関係者が離婚届を提出。弁護士は立てずに夫婦で今後について話し合いを続けたが、やり直すことはできなかった。慰謝料はなく、親権は小倉が持つ。関係者は「別れても父であることは変わらないので、サポートはしていくのでは」と夫が今後も家族と会うことや養育費などで支援するとした。

 2人は交際3年を経て11年10月に結婚。「浮気は100%ない」と信頼を寄せたパートナーとの間に12年6月に第1子の長男が誕生、16年11月に次男を迎えて幸せな家庭を築いていくはずだった。

 だが、小倉が第2子妊娠中の昨年8月、夫と、自身の所属事務所の後輩タレントとの浮気が報じられ、状況は一変。小倉はブログで「凄くショック。主人に腹立たしい気持ちでいっぱい」と怒りをあらわに。相手の女性は所属事務所を解雇となった。

 その後、2人は別居。関係者は「(不倫は)離婚のきっかけの一つとしてありますが、いろいろなことがある中で前向きに話し合った結果」と説明したが、信頼が戻ることはなかった。

 離婚前日の2日には、ブログで4カ月ぶりに髪を切ったことを報告、「スッキリ」とつづっていた小倉。この日は離婚後初仕事となる「行列-」の収録で、自らの口で離婚したことを報告。心機一転、明るく再スタートを切っていた。


 タレントの小倉優子(33)が、3日に夫でヘアメイクアーティストの菊地勲氏(46)と離婚したことが5日、分かった。昨年8月の第2子妊娠中に、週刊誌報道で夫と後輩タレントの不倫が明らかになっていた。2人は11年10月に結婚。長男(4)と昨年11月に生まれた次男の親権は小倉が持つ。関係者によると、慰謝料はないという。

 夫の裏切りによって生じた夫婦間の亀裂は、あまりに深かった。不倫報道直後から別居。関係者によると双方とも弁護士などの代理人を立てることなく、別居期間中も直接会って離婚に向けた話し合いを重ね、3日に協議離婚が成立した。

 一部では小倉が慰謝料7000万円を求めたとも報じられたが、直後のブログで「皆さんが全てを信じないでほしい」と否定。離婚の詳細は明らかではないが、2人の子供の養育費を支払うことなどで双方が納得したとみられる。

 菊地氏はSMAP堤真一らを担当したことのある人気ヘアメイクアーティスト。東京・南青山で人気サロンを経営している。

 小倉は結婚してから芸能活動は休業状態だったが、この日、日テレ系「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)の26日放送分の収録で仕事復帰。現場では吹っ切れた様子で、離婚した心境も語っていたという。先月24日のブログでは「三月からは、少しずつですがお仕事を再開していきますので、子育てとの両立を楽しみながら一生懸命頑張りたい」とつづっていた。2人の子供と心機一転、再出発する。

 ◆小倉 優子(おぐら・ゆうこ)1983年11月1日、千葉県生まれ。33歳。2001年に芸能界入り。02年、日テレジェニックに選ばれ、グラビアで人気に。その後、バラエティー番組を中心に活躍。愛称はゆうこりん。11年10月に結婚後は料理本も出版。パンアドバイザーの資格を持つ。身長162センチ。血液型B。


 「ゆうこりん」の愛称で知られるタレントの小倉優子さん(33)が離婚していたことが6日、分かった。今月3日に離婚届を提出したという。

 6日付サンケイスポーツが「ひな祭り離婚」の見出しで報じている。

 小倉さんは平成23年10月、カリスマ美容師の菊地勲氏(48)と結婚。同24年に長男、昨年に次男を出産した。

 昨年8月、菊地氏が、小倉さんの所属事務所の後輩タレントと不倫していると週刊文春が報じ、以降は長男を連れて別居。慰謝料はなく、4歳の長男、生後4カ月になる次男の親権を小倉さんが持つことで合意したという。

 次男を出産した昨年11月、ブログで「これから二児の母として、かけがえのない我が子たちを大切に育てていきます」とつづっていた。

 小倉さんは、5年5カ月の結婚生活にピリオドを打った。26日に放送される予定の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜後9・0)で、離婚の経緯を自ら話すという。(WEB編集チーム)