5日午後3時ごろ、長野県塩尻市の高ボッチ高原で冬季遭難訓練を行っていた県の防災ヘリコプターが消息を絶った。県警が空から捜索したところ、現場付近に墜落しているヘリコプターを発見した。同ヘリには県職員と県内各地から訓練に参加した消防隊員ら計9人が乗っており、安否が気遣われている。

 午後4時半現在、県警などが空と地上から救助・確認作業を行っている。高ボッチ高原に至る市道「高ボッチ線」は1月から積雪や凍結のため閉鎖中。


 5日午後3時10分、長野県警のヘリコプターが同県塩尻市の高ボッチ高原(標高約1600メートル)東斜面に県の防災ヘリ「アルプス」が墜落しているのを確認した。

 県や県警によると、ヘリにはパイロット1人、整備士1人、県内の消防隊員7人の計9人が乗っていた。うち3人が意識不明の重体という。午後1時半ごろ、山岳救助訓練のため松本市の信州まつもと空港を離陸。午後3時すぎ、一般の人から「機体が見える」と通報があったという。


 長野県によると、5日午後3時10分ごろ、同県塩尻市の高ボッチ山東側斜面で県の防災ヘリコプターが墜落しているのを県警が確認した。9人が搭乗していたとみられる。県警や消防が安否確認を急いでいる。


 長野県によると、5日午後3時10分ごろ、同県の「高ボッチ山」付近で、9人が乗った県の防災ヘリが墜落しているのを県警が確認した。
 
 県によると、防災ヘリは県職員2人と消防職員7人を乗せ、同日午後1時すぎに訓練のため同県松本市の松本空港を離陸していた。 


5日午後、長野県塩尻市内に9人が乗った県の防災ヘリコプターが墜落しているのを警察のヘリコプターが見つけたということです。県によりますと、これまでに1人が病院に搬送されたということで、警察と消防が確認を進めています。

長野県警察本部や長野県によりますと、5日午後3時すぎ、長野県塩尻市内の「高ボッチ高原」付近に県の防災ヘリコプターが墜落しているのを警察のヘリコプターが見つけたということです。

県によりますと、防災ヘリは、長野県消防防災航空センターのもので、訓練のため午後1時31分に離陸し、9人が乗っていたということです。

県によりますと、これまでに1人が病院に搬送されたということで、警察と消防が確認を進めています。

国土交通省によりますと、墜落したヘリコプターの機体は山の東側の斜面で警察が発見したということです。

「高ボッチ高原」の周辺にある松本市の宿泊施設によりますと、複数の消防車などがサイレンを鳴らしながら高原の頂上に向かって上っていったということです。また、救急車が山のふもとの付近で待機しているということです。

警察と消防がけが人の有無など詳しい状況の確認を進めています。

長野県の松本空港管理事務所によりますと、墜落したのは「ベル412EP」型の県の防災ヘリコプターで、5日午後1時20分に松本空港を離陸し午後5時までに空港に戻ってくる予定だったということです。


5日は訓練のために離陸していたということで、ヘリコプターの定員は15人だということです。松本空港からは長野県警のヘリコプターが救助に向かったということです。



「報道ステーションサンデー」(テレ朝)の映像によると、防災ヘリは原型をとどめない状態となっており、搭乗していた9人の生存は絶望とみられている。