19日未明、大阪府門真市の民家に刃物を持った男が押し入り、刺された父親が死亡、長女や長男、二女ら3人もケガをした。警察は男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕している。

 19日午前4時過ぎ、大阪府門真市四宮の民家で、この家に住む19歳の長女から「いきなり知らない男が家に入ってきて父親が刺された」と警察に通報があった。警察などによると父親の川上幸伸さん(43)が心肺停止の状態で見つかり、病院で死亡が確認された。長女も左腕を切られているほか、長男と二女もケガをしているが命に別条はないという。

 警察は、その場にいた定時制高校に通う小林裕眞容疑者(24)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。小林容疑者は、包丁となた、日本刀のような物を持っていたが、「はっきり覚えていません」と容疑を否認しているという。

 警察は、1階の窓から侵入し、2階で寝ていた父親らを襲った可能性があるとみて動機などを調べる方針。

Twitterボタン