年内解散を発表し、購買運動が再燃しているSMAPの代表曲「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」(2003年3月発売)が週間2.3万枚を売り上げ、9/5付オリコン週間シングルランキング(集計期間:8/22~28)で6位にランクインした。累積売上枚数は278.3万枚となり、Mr.Childrenの「Tomorrow never knows」(1994年11月発売)の累積276.6万枚を上回り、シングル売上ランキング歴代7位に躍り出た。

SMAPの歴代シングル売上ランキング

 1月に表面化したグループの独立・分裂騒動をきっかけに起こった、存続を願うファンたちの呼びかけによる購買運動。「世界に一つだけ~」の「累積売上300万枚突破」を目指す声がSNSなどを通じて広がり、着実に売上枚数を積み重ねてきたが、今月14日未明の解散発表で勢いが加速し、2週連続でTOP10入りを果たした。

▽「世界に一つだけの花」売り上げ推移
・8/15付(集計期間:8/1~8/7)…週間88位[週間894枚/累積272.2万枚]
・8/22付(同:8/8~8/14)…週間17位[週間5037枚/累積272.7万枚]
・8/29付(同:8/15~8/21)…週間5位[週間3万3223枚/累積276.0万枚]
・9/5付(同:8/22~28)…週間6位[週間2万2670枚/累積278.3万枚]

 また、ベストアルバム『Smap Vest』(01年3月発売、累積181.0万枚)も週間7474枚を売り上げ、同日付週間アルバムランキング7位。2週連続でTOP10入りを果たした。


 12月31日で解散することを発表したSMAPの代表曲「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」(2003年3月発売)のシングル売上が累積278・3万枚となり、歴代シングル売上7位となったことが29日、分かった。Mr.Childrenの「Tomorrow never knows」(1994年11月発売)の累積276・6万枚を上回った。(数字はオリコン調べ)

 同シングルは今月14日のSMAP解散発表に伴い、今年1月の解散騒動の際に起きたファンの購買運動が再燃。前週は週間3・3万枚を売り上げて8月29日付オリコン週間ランキングで5位に浮上し、話題となった。

 最新週間ランキングでも2・3万枚を売り上げ、9月5日付同ランキングで6位にランクインした。

 なお、歴代6位はCHAGE & ASKAの「SAY YES」(91年7月発売)の282・2万枚。

 また、ベスト盤「Smap Vest」(01年3月発売)がアルバムランキングで2週連続7位にランクイン。シングル3作、アルバム2作がTOP100に食い込んだ。

 29日にはSMAP解散発表後に初めてメンバー5人が顔を揃えて24日に収録したフジテレビ系「SMAP×SMAP」が放送された。リオ五輪柔道男子90キロ級金メダリストのベイカー茉秋をゲストに迎え、「ビストロSMAP」を収録しており、5人の様子が注目されていた。

 ベイカーはSMAPの大ファンで、中居正広の進行で"ベイカー・クイズ"も実施された。「初めて買ったCDは?」という質問では、男性アーティストというベイカー自身によるヒントに続き、中居が「けっこう今、タイムリーですよね。タイムリー」と意味深ヒント。これに木村拓哉が「SMAP」と即答し、正解。続く「何の曲でしょうか?」という質問に、香取慎吾が「世界に一つだけの花」と即答し、正解する場面もあった。



 年内解散を発表したSMAPの代表曲「世界に一つだけの花」が9月5日付オリコン週間シングルランキングで、週間2・3万枚を売り上げ、6位にランクイン。累積278・3万枚となり、歴代シングル売り上げランキングで7位に躍り出たことが29日、分かった。

 1994年に発売されたMr・Childrenの「Tomorrow never knows」の276・6万枚を抜いた。「世界に-」をめぐっては、SMAP存続を願うファンの購買運動が広がっていた。

 同週間ランキング1位は、Kis-My-Ft2の「Sha la la☆Summer Time」で、デビュー以来17作連続の首位獲得。同アルバム1位はロックバンド、RADWIMPSの「君の名は。」が獲得した。


Twitterボタン


人気ブログランキング ニュースへ