俳優の福士蒼汰が、人気小説を実写映画化する『ちょっと今から仕事やめてくる』(2017年初夏公開)に主演することが28日、わかった。共演は、工藤阿須加黒木華、小池栄子、吉田鋼太郎。社会に疲弊する若者を絶望から希望へと導く、大阪弁の謎の男を演じた福士は、大阪弁に初挑戦。「人を惹きつける"何か"を出せればと思いますが、難易度が高いのは大阪弁です。工藤さんとは初共演ですが、ほとんどのシーンで一緒なので、2人で作品の空気を作れたらと思います」と意気込む。

【画像】"謎の男"と"職場の男女"の関係性を示す人物相関図

 同作は、第21回電撃小説大賞『メディアワークス文庫賞』受賞作である、作家・北川恵海氏の同名小説が原作。『八日目の蝉』で第38回日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀作品賞を受賞した成島出監督がメガホンをとり、現代社会で苦しみもがいている若者とその親たちに贈る"希望"の物語を描く。

 福士は、子どものように無邪気によく笑い、常にテンションが高めで明るい主人公・ヤマモト役。そんなヤマモトに救われる、就職した会社の厳しいノルマとパワハラに心身ともに疲弊した若者・青山役を工藤。青山の職場の先輩で弱肉強食の精神を持つ営業部のエースを黒木。謎の男・ヤマモトの過去を知る人物を小池。疲弊する若者・青山を追い詰める部長・山上役を吉田が演じる。

 原作を読んだ福士は「現代社会を映していると思いました。自分は会社員ではないので似た環境ではありませんが、忙しく大変だと思うときもあります。そんなときにヤマモトのような人がいたら救われるんだろうなと感じました」。また大阪弁への挑戦については、「監督にお勧めしていただいたやすしきよしさんのDVDや、テレビで関西の芸人さんを注意して観るようにして、ひたすら染み着くようにがんばります」と意気込みを語る。

 福士との初共演でのメインキャストにプレッシャーも感じているという工藤は「福士さんとの芝居の掛け合いを楽しみながら、日々集中して成島監督の現場に挑みたいと思っています。青山という役には、自分自身どこか近いものを感じています。仕事に忙殺され社会のなかで生き抜く難しさを感じた青山は、死と向き合った瞬間にヤマモトと出逢ったことで、希望を探しながら前に進んでいきます。そのなかでの喜怒哀楽をしっかり表現できたらと思っています。青山という役と向き合いながら、自分らしさを出していきたいと思います」と力強く語る。

 そんな2人について成島監督は「8月から始まる撮影に向けて、3月から福士くん、工藤くんとリハーサルを幾度も重ねています。今はもう、福士くんはとにかく明るい生粋の大阪人にしか見えません! 工藤くんは、会社勤めをするサラリーマンにしか見えません! とクランクイン直前にプレッシャーを与えておきます(笑)。社会に出て働くことによって、充実した日々を実感できるときもあれば、行き詰って希望を持てなくなってしまうときもあると思います。そんな行き詰ったときにこそ、この映画をご覧いただくことが"新たな一歩を踏み出す一助"になるような作品にしたいと思います」とコメントしている。

 撮影は8月から9月にかけて東宝スタジオ、都内近郊、海外で行われる。


 俳優の福士蒼汰(23)が、映画「ちょっと今から仕事やめてくる」(17年初夏公開)に主演することが28日、分かった。成島出監督(55)と初タッグを組み、主人公の青年・ヤマモト役で関西弁に初挑戦する。

 累計50万部を突破した北川恵海氏の同名小説を実写化。工藤阿須加(24)演じる新社会人・青山隆が、厳しいノルマとパワハラに疲れ果てて線路に飛び込もうとしたところをヤマモトに助けられる。とにかく明るく関西弁でまくしたてて青山を元気づけるヤマモトにはある謎があった。

 東京出身の福士は、関西弁のセリフに大苦戦。3月のリハーサル開始時、イントネーションの間違いを何度も繰り返し、池田宏之プロデューサーは「一時はセリフを全て標準語に変えることも考えた」。それでも福士は、成島監督から勧められた故・横山やすしさんと西川きよしの漫才のDVDなどを見て約半年間、猛特訓した。

 福士は、歯を出して無邪気に笑うヤマモトの「歯磨き粉スマイル」を披露。社会でもがく若者を鼓舞する難役に「幽霊、神のような謎の存在でとても魅力的。人を引きつける何かを出せれば」。

 パワハラ発言を繰り返す部長に吉田鋼太郎(57)、青山の職場の先輩に黒木華(26)、ヤマモトの過去を知る謎の女性に小池栄子(35)と豪華共演者がそろう。



 俳優の福士蒼汰さんが、2017年初夏に公開予定の映画「ちょっと今から仕事やめてくる」で主演を務めることが29日、明らかになった。累計発行部数が50万部を突破した同名小説(KADOKAWA)の実写化で、福士さんが大阪弁を話す謎の男・ヤマモトを演じるほか、工藤阿須加さん、黒木華さん、小池栄子さん、吉田鋼太郎さんも出演する。

【写真特集】「ちょっと今から仕事やめてくる」の気になる相関図も

北川恵海

 福士さんが演じるのは、就職した会社の厳しいノルマとパワハラで疲弊し、電車にひかれそうになった青年・青山隆(工藤さん)を助ける謎の男・ヤマモト。福士さんは「ヤマモトは、幽霊のような、また神のような謎の存在でとても魅力的です。人をひきつける"何か"を出せればと思いますが、難易度が高いのは大阪弁です」と告白。「『やすしきよし』さんのDVDや、テレビで関西の芸人さんを注意して見るようにして、ひたすら染みつくように頑張ります」と意気込んでいる。

 映画は映画「八日目の蝉」や「ソロモンの偽証」シリーズの成島出(いずる)さんが監督と脚本を担当。駅で意識を失い、電車にひかれそうになった青山は、幼なじみと名乗るヤマモト(福士さん)に助けられるが、青山にはヤマモトの記憶がない。ヤマモトとの出会いがきっかけで青山は仕事の成績を伸ばしていく矢先、ヤマモトが3年前に自殺していたことを知る……というストーリーで、黒木さんは青山が憧れる職場の先輩・五十嵐美紀、吉田さんは上司の山上守、小池さんはヤマモトの過去を知る大場玲子を演じる。

 福士さんは今回が初共演となる工藤さんについて、「とても真面目で前向きな方だなという印象があります。工藤さんとのシーンがほとんどなので、2人で作品の空気を作れたら」とコメント。工藤さんは「福士さんとの芝居の掛け合いを楽しみながら、日々集中して成島監督の現場に挑みたいと思っています」と語っている。撮影は8月からスタート予定。




 福士蒼汰主演で、発行部数50万部を突破した北川恵海の人気小説「ちょっと今から仕事やめてくる」が映画化され、2017年初夏に公開されることが明らかになった。監督・脚本を務めるのは、『ソロモンの偽証』『八日目の蝉』などの成島出。福士は、社会で疲弊した若者たちをさわやかな笑顔で希望へと導く謎の男・ヤマモトを演じる。

 仕事のノルマが厳しく、精神的に追い詰められていた青山隆(工藤阿須加)は、危険なところを幼馴染みと名乗るヤマモトという男に救われる。隆には彼の記憶がまったく無いが、大阪弁でいつでも笑顔を絶やさない謎の男・ヤマモトと出会ってから、本来の明るさを取り戻していく。そんなある日、隆はヤマモトが3年前に自殺していたことを知る。それでは、あの男は一体何者なのか?

 本作最大の魅力である謎の男・ヤマモトを演じるのは、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」や映画『ストロボ・エッジ』などに出演、現在も主演映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『曇天に笑う』などの公開を控えている福士。就職した会社の厳しいノルマとパワハラに心身ともに疲弊した若者・青山隆をドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」「あさが来た」とヒット作に出演し続ける注目の若手・工藤が演じる。

 ほか、隆のあこがれの先輩に2年連続で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞、いま最も勢いに乗る女優・黒木華、ヤマモトの過去を知る女性に映画『八日目の蝉』や『草原の椅子』など成島組には欠かせない小池栄子、隆のパワハラ上司にドラマ・映画・舞台と幅広く活躍する吉田鋼太郎ら実力派キャストが顔をそろえる。本作には原作とは異なるクライマックスが用意されているといい、原作ファンにとってはその違いも見どころとなる。

 「今回演じるヤマモトは、幽霊のような、また神のような謎の存在でとても魅力的です」と自身の役どころを紹介する福士。ただ、「人を惹きつける"何か"を出せればと思いますが、難易度が高いのは大阪弁です」と大阪弁には苦労もあるよう。物語については「自分は会社員ではないので似た環境ではありませんが、忙しく大変だと思うときもあります。そんな時にヤマモトのような人がいたら救われるんだろうなと感じました。初の成島組ですが、登場人物をリアリティー溢れる魅力的なキャラクターに引っ張ってくださるので、安心して成島監督ワールドに浸かりたいと思います」と語っている。(編集部・小山美咲)



 [映画.com ニュース] 人気若手俳優の福士蒼汰が、成島出監督の最新作「ちょっと今から仕事やめてくる」に主演し、主人公のヤマモトを演じることが明らかになった。成島監督と初タッグとなる福士は、「登場人物をリアリティあふれる魅力的なキャラクターに引っ張ってくださるので、安心して成島監督ワールドに浸かりたいと思います」と8月のクランクインを心待ちにしている様子だ。

【人物相関図】「ちょっと今から仕事やめてくる」キャストの役どころが早分かり!

 北川恵海氏の第21回電撃小説大賞・メディアワークス文庫賞を受賞した同名原作は、仕事のノルマが厳しく精神的に追い詰められた青山隆が駅で意識を失い、電車にはねられそうになるのを爽やかな笑顔を見せる謎の男・ヤマモトに救われるところから物語が動き出す。幼なじみだと名乗る命の恩人に関する記憶が全くない隆だが、ヤマモトに出会ってから仕事の成績も上昇気流に。ある日、深刻な表情で墓地行きのバスに乗車するヤマモトを見かけた隆は不審に思い調べてみると、ヤマモトは3年前に自殺していたことがわかる。配給の東宝によれば、映画では原作とは異なるクライマックスが用意されているという。

 主演作「曇天に笑う」では初の時代劇映画でアクションに挑んでいる福士は、今作での自らの役どころについて「幽霊のような、また神のような謎の存在でとても魅力的です」と説明。関西弁の習得は難航しているようだが、作品に関して「原作は現代の社会を映していると思いました。自分は会社員ではないので似た環境ではありませんが、忙しく大変だと思うときもあります。そんな時に、ヤマモトのような人がいたら救われるんだろうなと感じました」と明かしている。

 ヤマモトと対峙する隆に扮するのは、ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」や「あさが来た」といった話題作に出演を続ける工藤阿須加。今回の抜てきを意気に感じており、「福士さんとの芝居の掛け合いを楽しみながら、日々集中して成島監督の現場に挑みたいと思っています」と意欲をみなぎらせている。また、隆の職場の先輩・五十嵐美紀を黒木華、ヤマモトの過去を知る人物・大場玲子を小池栄子、隆の上司でパワハラ発言を繰り返す山上守を吉田鋼太郎が演じることも発表された。

 昨年手がけた「ソロモンの偽証」2部作が高い評価を得た成島監督は福士、工藤とリハーサルを重ねているそうで、「福士くんは、とにかく明るい生粋の大阪人にしか見えません! 工藤くんは、会社勤めをするサラリーマンにしか見えません! と、クランクイン直前に2人にプレッシャーを与えておきます(笑)。でもあまり言いすぎると、本当に2人から撮影中に『ちょっと今から仕事やめてくる』と言われそうなので、ここまでにしておきます」とジョークで先制攻撃。そして、「社会に出て働くことによって、充実した日々を実感できるときもあれば、行き詰って希望を持てなくなってしまうときもあると思います。そんな行き詰ったときにこそ、この映画をご覧頂くことが"新たな一歩を踏み出す一助"になるような作品にしたいと思います」とコメントを寄せた。

ちょっと今から仕事やめてくる」は、2017年初夏に全国で公開。



福士蒼汰が主演を務める「ちょっと今から仕事やめてくる」が、2017年初夏に公開されることが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

北川恵海による小説を「八日目の蝉」の成島出が映画化する本作は、ブラック企業に務める青年・青山隆と、彼の前に現れた謎の青年・ヤマモトの出会いから物語が展開。大阪弁を話し、いつも笑顔を絶やさないヤマモトを福士、就職した会社のノルマとパワハラによって心身ともに疲弊した青山を工藤阿須加が演じる。そのほか、青山の先輩・五十嵐美紀役に黒木華、ヤマモトの過去を知る大場玲子役に小池栄子、青山に対してパワハラ発言を繰り返す上司・山上守役に吉田鋼太郎がキャスティングされた。

福士は役について「難易度が高いのは大阪弁です。監督にお薦めして頂いたやすしきよしさんのDVDや、テレビで関西の芸人さんを注意して見るようにして、ひたすら染み着くように頑張ります」とコメント。「初の成島組ですが、登場人物をリアリティー溢れる魅力的なキャラクターに引っ張ってくださるので、安心して成島監督ワールドに浸かりたいと思います」と意気込みを見せている。

一方、ヤマモトによって救われる青山役の工藤は「福士さんとの芝居の掛け合いを楽しみながら、日々集中して成島監督の現場に挑みたいと思っています」と、8月から始まる撮影への意気込みを語る。そして成島は「社会に出て働くことによって、充実した日々を実感できるときもあれば、行き詰って希望を持てなくなってしまうときもあると思います。そんな行き詰ったときにこそ、この映画をご覧頂くことが"新たな一歩を踏み出す一助"になるような作品にしたいと思います」と本作への思いを明かした。

福士蒼汰 コメント
今回演じるヤマモトは、幽霊のような、また神のような謎の存在でとても魅力的です。人を惹きつける"何か"を出せればと思いますが、難易度が高いのは大阪弁です。監督にお薦めして頂いたやすしきよしさんのDVDや、テレビで関西の芸人さんを注意して見るようにして、ひたすら染み着くように頑張ります。原作は現代の社会を映していると思いました。自分は会社員ではないので似た環境ではありませんが、忙しく大変だと思うときもあります。そんな時にヤマモトのような人がいたら救われるんだろうなと感じました。初の成島組ですが、登場人物をリアリティー溢れる魅力的なキャラクターに引っ張ってくださるので、安心して成島監督ワールドに浸かりたいと思います。工藤さんとは初めての共演ですが、とても真面目で前向きな方だなという印象があります。工藤さんとのシーンがほとんどなので、2人で作品の空気を作れたらと思います。そして黒木華さん、小池栄子さん、吉田鋼太郎さんと豪華なキャストの方々との共演も楽しみにしています。

工藤阿須加 コメント
今回この役を頂けた事にプレッシャーを感じますが、同時にとても嬉しく思います。福士さんとの芝居の掛け合いを楽しみながら、日々集中して成島監督の現場に挑みたいと思っています。青山という役には、自分自身どこか近いものを感じています。仕事に忙殺され社会の中で生き抜く難しさを感じた青山は、死と向き合った瞬間にヤマモトと出逢ったことで、希望を探しながら前に進んでいきます。その中での喜怒哀楽をしっかり表現できたらと思っています。そして、青山という役と向き合いながら自分らしさを出せたらと思います。

黒木華 コメント
私が演じる五十嵐美紀は、自分の存在する意味を仕事に見出して、縋って生きているような女性です。成島監督は、いつも丁寧に細かく演出して下さるので、助けて頂きながら、美紀の心の痛みや、もどかしさを丁寧に演じられたらと思います。

小池栄子 コメント
成島作品にまた呼んで頂けて大変嬉しく思っております。監督の丁寧で細やかな演出を受けられることが楽しみでなりません。自分の生き方を今一度見つめ直すキッカケとなる、優しい作品になると思います。皆さんお楽しみに!

吉田鋼太郎 コメント
初の成島組に参加出来るという事で、どんなふうにこの作品が出来上がっていくのか撮影前から本当に楽しみにしております。近年ニュースなどでもよく耳にする言葉"パワハラ"。私が演じさせて頂く山上部長はこれぞ"パワハラ"と知らしめるような役になっておりますので、工藤阿須加さんの上司としてびしびし指導していきたいと思っております(笑)。

成島出 コメント
8月から始まる撮影に向けて、3月から福士くん、工藤くんの2人とリハーサルを幾度も重ねています。今はもう福士くんは、とにかく明るい生粋の大阪人にしか見えません!工藤くんは、会社勤めをするサラリーマンにしか見えません!と、クランクイン直前に2人にプレッシャーを与えておきます(笑)。でもあまり言いすぎると、本当に2人から撮影中に「ちょっと今から仕事やめてくる」と言われそうなので、ここまでにしておきます。以下、真面目にコメントします。この映画は、すでに働いている人。そして、これから働く人。そんなすべての人にご覧頂けたらと思っています。社会に出て働くことによって、充実した日々を実感できるときもあれば、行き詰って希望を持てなくなってしまうときもあると思います。そんな行き詰ったときにこそ、この映画をご覧頂くことが"新たな一歩を踏み出す一助"になるような作品にしたいと思います。

北川恵海 コメント
今回、光栄にもデビュー作である「ちょっと今から仕事やめてくる」が映画化されることとなりました。最初は余り知られていなかった本作が、読者をはじめ、たくさんの方の応援により少しずつその輪を広げていった様子は、まるで子供の成長を見守っているようで感慨深いものでした。応援してくださった方々には改めて御礼申し上げます。主演が今をときめく福士蒼汰さんに決まったと聞いたときは「ヤマモト、お前も出世したなあ」と驚きました。とてもとても美しい方ですので、魅力的なヤマモトになるだろうとワクワクしています。工藤阿須加さんは、意志の強いまっすぐな瞳が非常に印象的な方だと思っていました。そんな工藤さんが弱々しい青山隆をどう演じてくださるのか、今から楽しみでなりません。後にこの作品がお二人の「代表作」と言えるようになることを、心から願っています。

(c)2017『ちょっと今から仕事やめてくる』製作委員会


北川恵海のデビュー作で第21回電撃小説大賞「メディアワークス文庫賞」を受賞し、現在までに50万部以上を売り上げ話題となっている「ちょっと今から仕事やめてくる」の映画化が決定し、福士蒼汰が単独主演を務めることが明らかになった。

ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを、ヤマモトと名乗る男に助けられる。同級生を自称するヤマモト、しかし本物の同級生は海外に滞在中ということがわかり、 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、3年前に激務で鬱になり自殺した男のニュースだった。一体この男は何者なのかーーというストーリーで、福士は駅で隆を助け、彼に"歯磨き粉スマイル"と評される笑顔を連発する謎の男、ヤマモトを演じる。

福士は、「原作は現代の社会を映していると思いました。自分は会社員ではないので似た環境ではありませんが、忙しく大変だと思うときもあります。そんな時にヤマモトのような人がいたら救われるんだろうなと感じました」

「今回演じるヤマモトは、幽霊のような、また神のような謎の存在でとても魅力的です。人を惹きつける"何か"を出せればと思いますが、難易度が高いのは大阪弁です」と、原作と自身の演じる人物のイメージについて語り、現在役作りのために大阪弁を勉強中だということも明かした。

原作者の北川恵海は「主演が今をときめく福士蒼汰さんに決まったと聞いたときは『ヤマモト、お前も出世したなあ』と驚きました。とてもとても美しい方ですので、魅力的なヤマモトになるだろうとワクワクしています」と福士が演じることへ期待のコメント。

共演は、ヤマモトに助けられる青山隆役に工藤阿須加、隆の職場での先輩、五十嵐美紀を黒木華が演じ、ヤマモトの過去を知る人物、大場玲子に扮するのは小池栄子、隆の職場の部長でパワハラ発言を繰り返す山上守を吉田鋼太郎が演じることが発表された。監督は『八日目の蝉』(11)で第38回日本アカデミー賞の最優秀監督賞を受賞した成島出が務める。

本作では、原作と異なるクライマックスが用意されるようで、2017年夏の公開に向けて動き出した映画『ちょっと今から仕事やめてくる』が今から楽しみだ。【Movie Walker】