まさかの紅白落選、そして"休眠"へ――。1月に解散騒動が表面化した国民的アイドルグループSMAPに、暮れのNHK「紅白歌合戦」の「落選」がささやかれ始めた。この夏、民放各局の音楽特番に一切出演しないことで、業界がざわついているのだ。これまで23回の出場を誇る常連SMAPは、過去に2回辞退したことはある。だが、落選となれば話は別。9月から来年8月までの「25周年イヤー」の展開次第では、そのまま"休眠"しかねない状況だという。

 9月にはCDデビュー25周年を迎えるSMAPだが、活動実態としては解散騒動をいまだ引きずっている。

 この夏は、メンバーの中居正広(43)が司会を務めた16日の大型歌特番「音楽の日」(TBS系)でさえ、出場を見送ったSMAP。業を煮やした明石家さんま(61)が23~24日の「27時間テレビ」(フジテレビ系)で「ファンのために歌番組なんで出ぇへんねん?」「ファンのためにレコードは出したほうがええ」などと中居に直言したほどだ。

「9月に行われるといわれている契約更新については、メンバーが更新をしないでそのまま解散という最悪の事態は免れそうですが、退社した育ての親で敏腕マネジャーだったI女史がSMAPから離れてからは、グループとしての新たな活動はない。ジャニーさん(喜多川・ジャニーズ事務所社長)から『盛大にやる』と言われていた25周年記念コンサートも、年内は行われない雰囲気になっているし、新曲の方も制作部門に動いている気配はないんです」とはある音楽関係者。

 そんな状態だけに、SMAPが常連となっている大みそかの紅白歌合戦出場にも暗雲が垂れ込めてきたという。同関係者が続ける。

「NHKの中ではまだ紅白の話は出てませんが、SMAPはこれまでにも出場辞退したことがあるから、"今回も同じような感じでいいんじゃないか"っていう雰囲気になっている。今年はジャニーズ側も出さないだろうとまでいわれています」

 SMAPは1991年の初出場以降、23回出場している。出場しなかったのは2回。2001年、メンバーの稲垣吾郎(42)が不祥事を起こしたタイミングでの辞退と、2004年に「新曲を出さなかった」ことを理由に辞退したことがある。

「かといって、せっかく持っている紅白出場枠をみすみす逃すのもなんだからと、今年はデビュー20年目を迎えた『KinKi Kids』をその枠に推すんじゃないかといわれています。SMAPに関しては25周年の記念コンサートもそうですが、25周年イヤーそのものは来年8月までありますからね。そこまでに何かしらの形にすればいいのでは、という考えが見え隠れする。だから、年内はグループの活動をしないのでは、とさえいわれています」(同関係者)

 表向きは「辞退」にしてもその実情は、ジャニーズ事務所による「出場停止」。つまりSMAPを落選させて、他のグループを"繰り上げ当選"させるということだ。

 しかも「この流れは今年に限ったことではなく、来年以降も続く可能性もある」(芸能プロ幹部)との声まで聞かれる。

「I女史に代わって古参のスタッフがSMAPを仕切ることにはなっていますが、結局、騒動から半年以上経過しても動けてないし、実際のところメンバーをまとめきれていない。そんな現状が続いてもジャニーズの幹部連中はテコ入れをしようとも考えていない様子。こういう動きを見ていると、そのまま、なし崩しにグループを名前だけのものというか、あってないようなものにしてしまうんじゃないかと思えちゃうよ」(同幹部)

 国民的アイドルグループはどこに行ってしまうのか。



エンタメ系ニュースサイト「リアルライブ」が7月26日、SMAPがNHK『紅白歌合戦』を卒業するも、メンバーの木村拓哉(43歳)だけは司会として出演する可能性を報じた。ネットではファンの間で動揺が広がっている。

記事では、昨年の紅白にはジャニーズが7グループ出演したことから、NHK側が枠の削減を事務所に求めている内情を明かしている。これに対して、事務所側は苦肉の策として、「SMAP紅白卒業」を打ち出したというのだ。一方で、枠の削減と引き換えに紅白の司会を出したい考えだといい、その候補にMC経験豊富な中居正広(43歳)ではなく、木村が急浮上していると報じている。これは、事務所と中居の関係が険悪であることから生じた問題なのだというのだ。

もちろん事務所がこのような発表をしているわけではないため、真偽は定かではないうえ、事実は年末にならないとわからない。とはいえ、「SMAP紅白卒業」という推測を語っているだけに、Twitterでは、

「えっえっえっ、SMAP、紅白卒業かものニュースが、しかも司会はキムタクかもって」
「どーゆーこと!??情報に踊らせてはいけないと思いつつ、それでも…泣きそうになりました一体、どうすればいいのか…。。。」
「紅白の役目を終えるって‥SMAPが出なかったら見る人かなり減ると思うよ、NHKはそれでもいいの?」

などと、動揺するファンの声が続出。また、

「結局、実質解散なのかな?」
「これが現実なら、ほんと事実上の解散と捉えられるよね。もぅこんな状態が続くSMAPを見てるのは辛い。。」

と、"解散"を連想する人も。6月に発行されたファンクラブの会報内で解散を否定しているものの、不安に思うファンは多いようだ。とはいえ、

「今年SMAPの紅白辞退は覚悟しておいた方がいいと思います。木村くん司会というのは疑わしいですけどね」
「冷めた目でしか見てないが、木村拓哉司会説は想像しただけで笑ってしまった。誰よりも木村さん自身が全力で断るだろ、それ(笑)」

と、この情報を疑う人も。1月から様々な情報が錯綜してきただけに、公式発表がない限り信じない、というファンは少なくなさそうだ。

SMAP解散騒動後、メンバー5人がそろって出演する番組は激減している。最近では『音楽の日』(TBS系、7月16日放送)および『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系、同18日放送)などの出演辞退もあり、ファンが不安を募らせていた時期だっただけに、今回の記事の衝撃は広まったようだ。はたして真相は?



 年明けのグループ解散騒動以降、確実にメンバーの露出が減っているSMAP。連続ドラマ、バラエティー、CMのどれを取ってもメンバーの露出が減っているのは明らか。後輩の嵐、関ジャニ∞、NEWSらにSMAPが完全に食われているが、そんなときに追い打ちをかける"騒動"が次から次へ……。

 ひとつは内定した番組の出場辞退。日本テレビ系の「THE MUSIC DAY」、TBS系の「音楽の日」、フジテレビ系の「FNSうたの夏まつり」が直前になってキャンセルになってしまったという。「当初は例の独立騒動でファンや局に迷惑を掛けたおわびということで、SMAP出演は二つ返事で決まっていた」というから異常事態である。

 その流れで今週、飛び出したのは暮れの紅白の出場辞退報道である。紅白出場の選考はこれからだが、ジャニーズが嵐らを猛プッシュ、SMAPを"格下げ"する戦略に出ているのが理由。

「そもそもSMAPは木村拓哉と中居正広の折り合いが悪くなるばかりでバラバラ状態。そこで今のうちに嵐らを中心とする"新体制"を明確にして組織の引き締めを図っている。ここまでくるとSMAPとしては打つ手がなく、紅白出場辞退という動きに身を任せるしかないのが実情かもしれません」(放送関係者)

 組織の引き締め策はジャニーズ全体に及んでいて、その象徴は恋愛NGだという。

「昨秋、TOKIOの国分太一が結婚を許されましたが、SMAP解散報道以降、嵐の松本潤と井上真央、二宮和也とフリーアナの伊藤綾子関ジャニ∞の横山裕と日テレの水卜麻美アナ、大倉忠義と吉高由里子らは交際報道すら事務所のストップがかかって、泣く泣く別れさせられたカップルもいる。その根っこにあるのは"脱SMAP"の大事な時期に恋愛にうつつを抜かしている場合ではないという事務所の方針です」(事情通)

 こうなると、やはりSMAPの解散、メンバーの脱退が現実味を帯びてきそうだ。

「SMAPは20年東京パラリンピックのメーンサポーターを務めることが決まっています。それを投げ出すことはできないので、解散はないと思いますが……」(芸能リポーターの川内天子氏)との声もあるが、それでも一部メンバーの脱退なら可能性なしとは言えないのでは。SMAPとジャニーズの契約は9月だが、再び激震が走るのか。