その日も朝からドラマ『仰げば尊し』(TBS系)のロケが入っていた。真剣佑(マッケンユー)(19)が都内の自宅を出たのは早朝6時過ぎ。舞台『花より男子』や映画『ちはやふる』で人気急上昇中だが、芸能界ではまだまだ新人。基本的に電車移動である。

 白いダボダボシャツ、黒ぶちメガネにマスク――定番の変装スタイルだ。金色に染めた前髪をクリップで留めているのは、すぐ撮影に入れるようクセをつけているのだろう。

「これはヤバい」「震えるほどイケメン」「今世紀最大の男前」――ネットが騒ぎ、女性週刊誌が特集を組むほどの美貌もさることながら、真剣佑の最大の武器はそのスペックにある。

「ロサンゼルス出身で英語はペラペラ。人気ドラマの舞台となったビバリーヒルズハイスクールで学びつつ、極真空手のLA大会で優勝。他にもレスリング、水球、乗馬に殺陣、スキーにピアノの腕も一流ときて、父は世界のサニー千葉。『少女マンガの世界にしか存在しなかったはずの王子様が実在した』と女子が騒ぐのもムリはない」(制作会社スタッフ)

 アメリカだと僕のやれる役はコメディーばかり。ハリウッドの主役は味わいある大人が多い。若いうちは日本で作品を残したいなって――2年ほど前から活動拠点を日本に移した理由も、男前だ。

 だが、千葉家を良く知る関係者は、「眩いばかりのマッケンには、その分、暗くて深い闇がある」と指摘するのだった。

 ビバリーヒルズ高校を飛び級で卒業したと報道しているメディアがあったが、同高は途中で転校。8歳のころから通っていたという極真空手は茶帯だ。何より、ピュアなふりをしているが、実は大の女好きで「ロスに5歳の子どもがいる」と関係者は言うのである。

 マッケンがパパになった――関係者の間にこんな話が広まったのは2~3年前だと、この関係者は記憶している。

「子どもが生まれたのは、マッケンがまだ14歳のとき。自分の両親が友だちづき合いしていたロス在住の日本人夫婦の奥さんと深い仲になったっていうんだから、驚きを超えて絶句したよ。その女性、色白でキリリとした瞳が特徴的な和風美人のYさんは当時、30代半ば。現在は40歳くらいかな。もちろん、父の千葉も知っています。千葉さんは激怒し、『息子はレイプされた!』とYさんを訴えたそうです」

 事実、Yさんは’13年10月に「14歳以下の子どもと性的行為をした」として訴えられていた。だが――ロス郊外の裁判所での数回のヒアリングを経て、同年12月に訴えは棄却された。現地の知人たちの話を総合すると、法廷で真剣佑がYさんによるレイプを否定したことで、裁判は中止となったようだ。

 所属事務所を通じて父・千葉真一にコメントを求めたが、締め切りまでに回答はなかった。

「子どもは本当にかわいい」
 真剣佑はそう言っているという――。7月29日発売のフライデー最新号では、真剣佑への直撃取材時に撮影した写真も掲載している。また、WEBサイト「FRIDAYデジタル」では、直撃取材時の動画も公開している。


 俳優・千葉真一(77)の息子で俳優の真剣佑=まっけんゆう=(19)が、29日発売のFRIDAYに5歳の隠し子がいると報じられたことについて、真剣佑側の弁護士が29日、デイリースポーツに送ったFAXで「事実関係に重大な間違いがある」などと、事実無根であることを訴えた。

【写真】父・千葉真一は54歳年下の女子大生との交際の噂に…

 同誌の記事によれば、真剣佑は米国に住んでいた当時、両親の友人であるロサンゼルス在住の日本人夫妻の妻と深い関係になり、真剣佑が14歳のときに女児が誕生。相手は離婚し、女児は女性が育てているという。

 FAXには弁護士の名前で「平成28年7月29日付け御質問についての回答の件」と題され、「真剣佑の子供であることなど事実関係に重大な間違いがあるものの、事案の内容にかんがみ、コメントは差し控えさせていただきます」と記されていた。



 俳優、千葉真一(77)の長男で、TBS系「仰げば尊し」に出演中の俳優、真剣佑(まっけん・ゆう、19)にまさかの隠し子騒動が持ち上がった。29日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が報じている。

 同誌によると、真剣は米ロサンゼルス在住だった14歳のとき、両親の友人だった日本人夫妻の妻と関係を持ち、現在5歳の娘がいるというのだ。

 さらに2013年には千葉が「息子がレイプされた」と女性を訴えたが、真剣自身が法廷で否定したため、裁判は中止に。ただ、未成年のため認知はしておらず、当の夫妻はその後離婚、娘は女性がロスで育てている-と伝えている。

 真剣は2014年から日本で芸能活動を開始。15年、テレビ東京系「保育探偵25時」で俳優として本格始動。映画「ちはやふる」などに出演している。

 真剣の所属事務所は「事実関係に重大な間違いがあるものの、事案の内容にかんがみ、コメントは差し控える」としている。



 TBS系ドラマ「仰げば尊し」の不良役で一躍大人気になっている、ハリウッドスター・千葉真一(77)の息子で俳優の真剣佑(19)に衝撃事実が発覚だ。"隠し子"の存在が発売中の写真誌「フライデー」で報じられ大騒ぎになっている。

 真剣佑は2年ほど前に活動の拠点を米・ロスから日本に移したが、同誌によると、真剣佑の子どもが生まれたのはナント14歳の時。自分の両親が友だち付き合いをしていたロス在住の日本人の30代半ばの人妻と深い関係になり、その人妻が真剣佑の子どもの女児を出産。

 千葉は激怒し、「14歳以下の子どもに性的行為をした」と13年10月に真剣佑のお相手を提訴。しかし、現地の裁判所は数回のヒアリングを経て真剣佑が人妻によるレイプを否定したため訴えを却下。しかし、真剣佑は未成年だったため、法的には子どもを認知できず。女性は子供を出産後に離婚し、現在はシングルマザーだという。

 19歳にして5歳児の父親とは驚くばかりだが、なぜこんな海の向こうの話が漏れたのか? 事情に詳しいマスコミ関係者がこう話す。

千葉真一はずっと資金繰りに苦労していて、ある都内の飲食店の名物ママがタニマチになっていました。そのママの元には多くの芸能関係者が出入りしているため、マスコミ関係者も多い。今年に入り、真剣佑が前後編の映画『ちはやふる』に主要キャストで出演することもあってか、お店の中で『アメリカに隠し子がいるよ』というネタが話題になったのです。お店で千葉が肯定も否定もしなかったためフライデーが取材に動いたといわれています」

 真剣佑の所属事務所は完全否定しているが、今後の対応は未定。千葉は50歳以上も年下の女子大生との交際が話題になったが、その血を脈々と受け継ぐ真剣佑の発言が待たれる。