24日放送の日本テレビ系音楽特番『ベストアーティスト 2015』(後7:00~)の平均視聴率が14.7%を記録したことが25日、明らかになった。番組内ではアイドルグループ・KAT-TUNの田口淳之介が来春をもっての脱退とジャニーズ事務所退社を電撃発表。その後、ネット上などでも話題となり「ジャニーズLOVEメドレー2015 PART1」が披露された午後9時3分には最高視聴率19.6%を記録した。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ・関東地区。

KAT-TUN 田口淳之介のプロフィール

 田口はKAT-TUNのパフォーマンス前に「突然のご報告で誠に申し訳ありませんが、この場をお借りして僕の方からお知らせさせていただきます。僕、田口淳之介は、来年の春を持ちましてKAT-TUNを離れ、ジャニーズ事務所を退所することになりました」と報告。

 メンバーの亀梨和也も「本当に突然の発表で申し訳ありません。グループとして何度もこのような形になってしまい、関係者の皆さま、ファンの皆さま、たくさんのご迷惑とご心配をおかけしてしまっていることを本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。すいません」と謝罪していた。

 約4時間に渡って放送された同番組は総合司会を嵐の櫻井翔が務め、事前収録を含む40組のアーティストが出演。KAT-TUN含むジャニーズ事務所のタレント10組総勢51人が『ジャニーズLOVEメドレー2015』と題してパフォーマンスを披露した。


 KAT-TUN田口淳之介(29)電撃脱退を発表した24日の日本テレビ系音楽番組「ベストアーティスト2015」の平均視聴率が、14・7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが25日わかった。

 田口は生放送の同番組の中で、突然発表した。ほかのメンバーの沈痛な表情などとともに会場からは悲鳴とどよめきが起こった。インターネット上にも速報が流れるなど大きなニュースとなった。

 同番組は終了時には視聴率が15・9%まで伸びており、電撃的な発表のインパクトが影響した形だ。


 KAT-TUNの田口淳之介(29)がグループからの脱退を電撃発表した24日の日本テレビ系音楽番組「ベストアーティスト2015」の平均視聴率が、14・7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが25日、分かった。

 午後7時から10時54分まで4時間にわたる大型生放送。最近の特番では、2部構成や3部構成でそれぞれ視聴率を算出する傾向にあるが、4時間ぶっ通しでの視聴率としては高視聴率。民放各局の裏番組で10%台を超えたのは、2時間スペシャルだったテレビ朝日「林修の今でしょ!講座」(後7・00)が11・2%、テレ朝「報道ステーション」(後9・54)が12・6%、テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」(後9・54)が13・8%だった。

 田口は午後8時20分すぎ、生放送の同番組の中で、突然、来春の脱退を発表。会場からは「えーッ?!」と悲鳴が起こった。残るメンバー3人を代表して、亀梨和也があいさつ。ファン、関係者に謝罪と説明をした。

 同番組には嵐、TOKIOらジャニーズの人気グループが大挙出演し、スペシャルメドレーを披露するなど、注目を集めた。