【モデルプレス】注目の若手俳優・山崎賢人が"2.5次元イケメン"ならではの悩みを打ち明けた。

29日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系、月曜よる10時)に出演。昨年公開の映画「L・DK」で"壁ドン"を披露したことから元祖"壁ドン王子"としてブレイクし、現在はNHK朝の連続テレビ小説「まれ」に出演中。7月5日スタートのドラマ「デスノート」(日本テレビ系、日曜よる10時30分 ※初回のみ30分拡大よる10時)ではL役に抜擢されるなど、その整ったルックスからマンガ原作の作品に数多く出演してきた。

◆2.5次元イケメンの悩みとは

番組では、まさにマンガから飛び出してきたかのような"2.5次元イケメン"と称される山崎の"マンガみたいな"実生活に接近。初恋は小学1年生の時といい、「休み時間、2人でカーテンの裏に行って、ほっぺにチューしてもらった」と甘酸っぱいエピソードを披露。好きなタイプは「明るくて元気で、笑ってる時にむせちゃってる子が好き。笑いすぎて息足んない!みたいな」と理想の引き笑いを再現し、笑いを誘った。

また「ひげが5mmしか伸びない」という"マンガみたいな悩み"も。「まれ」の役作りでひげを伸ばしてみたものの「まばらに5mm」しか伸びず、付けひげで対応していることを告白。「本当は(もみあげまで)全部つながるくらい生やしたい」と願望をこぼす一幕もあった。

ラストは「足の親指と人差し指でティッシュをつかむ」という特技を活かし、ティッシュ箱の上を飛び越えながら足の指でティッシュをつかむという"ジャンピングティッシュ"に挑戦。バラエティーならではの無茶ぶりだったものの、山崎は華麗なジャンプと共にティッシュ1枚をつかむことに成功。何でもそつなくこなしてしまう"2.5次元イケメン"の素質を披露し、スタジオから拍手喝采を浴びていた。(modelpress編集部