不振が続いたJR大阪三越伊勢丹から転換を図った商業施設「ルクア イーレ」が動き出す。百貨店の売り場を約6割縮小して「専門店との融合」を掲げるが、大型商業施設がひしめく大阪・梅田での生き残りは容易ではない。

 平成23年に三越伊勢丹が開業した梅田では、百貨店の阪急百貨店や阪神百貨店、大丸が先行。「高齢層向けに呉服や美術品に強い三越と、ファッションの品ぞろえで定評のある伊勢丹の"いいとこ取り"を狙ったが、中途半端な店に終わり、先行組との差別化もできなかった」(業界関係者)ことで苦戦した。

 イーレには、伊勢丹のブランド編集力を生かした8つのショップが出店。「(百貨店で)勉強して構築した新たな品ぞろえ」(ジェイアール西日本伊勢丹の瀬良社長)により、専門店との垣根をなくして巻き返しを期す。

 イーレとルクアを合わせた年間売上高は、改装前の三越伊勢丹とルクアを合わせた年間売上高の約2割増となる770億円、来店客数は計7千万人を目指す。

 ただ、梅田は百貨店に加え複合ビル群「グランフロント大阪」や家電量販店「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」などもひしめく。イーレでは書店「梅田 蔦屋書店」が目玉だが、周辺には紀伊國屋書店などもあり、さまざまな大型商業施設が飽和状態の中での生き残りは極めて困難だ。

 「退路は断たれている」。瀬良社長はこう言って気を引き締めた。


 JR大阪駅ビル内で不振だった百貨店「JR大阪三越伊勢丹」を改装した商業施設「ルクア 1100(イーレ)」(大阪市北区)が4月2日に開業するのを前に、報道関係者向けの内覧会が31日開かれた。1100(イーレ)は百(100)貨店と専(千)門店の語呂合わせ。伊勢丹が強みを持つファッションなどのショップを中心に、雑貨や飲食などを含む約160店が集合し、隣接する専門店街「ルクア」と一体運営で巻き返しを図る。

 イーレは地上10階、地下2階。ドイツの伝統織物を扱う「ラブラリー バイ フェイラー」など28店が全国初、米ニューヨーク発で朝食メニューが人気のレストラン「サラベス」など33店が西日本初と話題性の高い店を集めた。中核は伊勢丹の強みを生かした全国初のショップ「isetan(イセタン)」。ファッションなどの8店舗で「編集力、上質な品ぞろえ」(ジェイアール西日本伊勢丹の瀬良知也社長)が売りだ。

 一体運営する隣接のルクアと合わせた売り場面積は約5万3千平方メートルと駅ビル商業施設では国内最大級となる。カフェなどを併設する書店「梅田 蔦屋(つたや)書店」(西日本初)は約1カ月遅れて5月にオープン。イーレとルクアは8つのフロアでつながり、同じ階に似た商品を集めるなどして買い物をして回りやすくする。


 JR大阪駅北側のビルに4月2日にオープンする商業施設「ルクア1100(イーレ)」(大阪市北区)が31日、報道陣らに公開された。業績不振に陥ったJR大阪三越伊勢丹を抜本的に改装。150の専門店と百貨店の売り場が融合したユニークな施設として再出発する。

 地上10階、地下2階建てで、店舗面積3万3000平方メートル。隣接する専門店街「ルクア」(2万平方メートル)と一体運営される。百貨店の売り場は「isetan」として残るが、面積は従来の4割程度に減る。

 専門店は西日本初のキャラクター「キキ&ララ」のコンセプトショップやチョコレートショップ「マックス ブレナー チョコレートバー」など話題店を集めた。また、ファストファッションの「フォーエバー21」、雑貨店「フライングタイガーコペンハーゲン」が梅田に初出店。地下2階には空堀商店街(大阪市中央区)の人気カレー店「旧ヤム鐵道」など手軽に飲食を楽しめる9店が入る。カフェを併設した大型書店「蔦屋書店」は5月8日開業。

 運営するJR西日本SC開発の山口正人社長は「ここにしかない店をそろえており、ライフシーンに合わせて最適なものを見つけてもらえる」と自信を見せた。【岡奈津希】


 JR大阪駅ビル内の百貨店「JR大阪三越伊勢丹」を改装した新しい商業施設「LUCUA 1100(ルクアイーレ)」(西館)が2日にグランドオープンを迎える。運営主体となる「JR西日本SC開発」によると、「LUCUA 1100」は集客力や話題性の高い専門店と百貨店の売場づくりの強みを再構築した「isetan(イセタン)」を融合させた施設で、テイストの異なるさまざまなジャンルを組み合わせ新たな価値を提供するという。専門店の「セン(1000)」と百貨店の「ヒャク(100)」を掛け合わせたネーミングだが、個性あふれる150の専門店と8つの「isetan」ショップが集結し国内最大級の駅型商業施設に。隣接する東館「LUCUA」と一体運営で巻き返しを図る。

メーンターゲットは30~40代前半の男女

 3月31日に報道関係者向けの内覧会が行われ、注目の中身が公開された。「LUCUA 1100」(大阪市北区梅田)は、地上10階、地下2階。地下2階(バルチカ)から地上9階ショッピングフロア、10階ダイニングで、店舗面積は3万3千平方メートル。東館と西館を合わせた「LUCUA osaka」全体としての店舗面積は約5万3千平方メートル、これは国内最大級だという。

 メインターゲットは30代~40代前半のファッションが好きな女性と男性だ。サブターゲットは20代半ば~30代前半の同じくファッション好きの女性と男性、さらに10代後半~20代前半の男女、駅を利用する幅広い男女をも巻き込む。また「LUCUA osaka」としては初年度売上目標770億円、入店客数7000万人を目指す。

全国初出店28・西日本初出店33・関西初出店10店

 「ちょっと見たことがないような、異ジャンル同士を組み合わせ、さまざまな商品やショップ同士のギャップ、コントラストを融合させた新しい価値を提案する施設です。駅を利用している忙しいお客さまにも利用いただける充実した品揃え、専門店と百貨店のまじわりや、最先端のファッションからデパ地下まで、幅広い世代、多様なニーズに対応し、いろんなまじわりが楽しめるようになっています」(ルクアイーレ・スタッフ)

 店舗構成を見ると、全国初出店が28店、西日本初出店が33店、関西初出店が10店、大阪初出店が11店、梅田初出店が22店など、フレッシュな店舗ばかりで、話題性の高い店を集めている。中核は伊勢丹の強みを生かした全国初のショップ「isetan」。ファッションなどの8店舗で「編集力、上質で深みのある品揃え」が売りだ。西日本初でカフェなどを併設するライフスタイル提案型書店「梅田 蔦屋書店」は1カ月ほど遅れて5月8日にオープンする。

 また、「ルクアイーレ」と「ルクア」は8つのフロアでつながり、「ルクアと一緒になることで大きな集客力を生む」(JR西日本SC開発の山口正人社長)として
いる。


LUCUA 11005つの魅力的な特長とは

 この施設には5つの特長がある。1つは「"専門店"が大切にする世界観と"百貨店"の強みである編集力の融合」。150の専門店は、ブランドごとの多彩な世界観を持ち、バラエティー豊かで手に取りやすい品揃え。これに百貨店独自の強みを持つ「isetan」の8つのショップが交わる。

 2つめは「全国初、西日本初といった"新しさ"と"希少性"のあるショップラインナップ」。珍しい新業態、新コンセプトのショップをはじめ、初進出となる店舗が多数出店。これまで大阪駅になかった女性のための隠れ家的飲食ゾーン(バルチカ)や、中川政七商店が発信する、新しい日本の土産ものショップ「日本市」、大阪発の人気ブランド「アーバンリサーチ」による、初めての"食のセレクトショップ"「タイニーガーデンフーズ アーバンリサーチ」など、話題性の高いショップが集う。

 3つめは「プライスの幅の広さと手の届くプライスの充実」。ファッション、雑貨、グルメなどすべてにおいて、アッパープライスからお手頃プライスまで幅広く取り揃え、気軽に利用できる商業施設を目指す。 

 4つめは「『LUCUA』とあわせて、梅田エリア最大規模のファッションの集積」。
海外や国内の最新モード、次世代OLに向けた旬のファッション、ヤングファッションやファミリー向けのカジュアルファッションまで幅広い商品構成。

 5つめは「カップルでショッピングが楽しめるレディス&メンズ複合ショップ展開」。「LUCUA」で支持を受けているレディス&メンズ複合ショップの集積の強みを生かし3~8階各フロアで展開。例えば6Fのサンフランシスコ発「オールドネイビー」はアメリカ衣料大手「GAP」が展開するブランドで、梅田初。ベビーから大人の男女まで幅広い層のアイテムが揃う。

西日本初「サラべス」などグルメも初出店多く

 グルメでも、話題性が充分と言える。地下1階には西日本初「サラべス」はニューヨークで1981年に創業した名レストランでエッグベネディクトが人気だし、2階の西日本初「マックスブレナーチョコレートバー」は東京・表参道で連日行列が絶えないイスラエル発のチョコレートショップ。チョコのピザが話題だ。

 10階にも初出店が多く、「炭火牛たん東山」は、名物の牛たんと仙台牛の専門店で関西初。「ウルフギャング・ステーキハウス by ウルフギャング・ズウィナー」はニューヨーク発の人気のステーキハウスで西日本初。さらには全国初のレストラン&カフェ「グッド・プロヴィジョン」などもオープンする。

 界隈を歩いていたOLに話を聞いてみると、「ネットで見たんやけど、いろんな人気のお店が関西初で出てるみたいやし、楽しみですよね。でも、行ったら、お金使いそうですね」(20代女性)と言っていた。

 2015年上半期の注目度ナンバー1の新名所と言えるが、果たして梅田でもっとも激アツの施設になるかどうか。
(文責/フリーライター・北代靖典)

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.70281243248007&lon=135.49531672348493&z=
17