名古屋市の介護施設で入居女性(93)に暴行を加えたとして、職員の男3人が逮捕された。携帯電話に暴行の様子の動画が残っており、そこには「笑い声」が記録されていたという。

 「嫌がる様子を見ておもしろがっていた」-介護職員はこう供述した。暴行の疑いで逮捕されたのは、名古屋市名東区の介護施設「ケアホームひまわり」の横井一樹容疑者(36)、物部拓史容疑者(29)、鈴木啓太容疑者(26)の職員3人。警察によると、3人は入居する女性の口に手を入れたり、鼻の中に指を入れて暴行を加えたりした疑いが持たれている。さらに、男らは暴行の様子を動画で撮影していたという。

 介護グループひまわり・仲宗根恵子代表取締役「鼻の中に指を入れて上にかきあげた動画と、あと口の中に手を入れて上下に動かす動画でした」

 嫌がる高齢の女性の様子を撮影したという職員。その動画は40秒に及び、施設の社長によると、容疑者の笑い声も記録されていたという。

 暴行を受けた女性は3年前から入所、認知症を患っていて、事件のことは覚えていないという。

 さらに、携帯電話には別の男性入居者の映像もあった。

 仲宗根代表取締役「他の方のものは、下半身が映っているものはありました。下半身、裸体、そのままの状態が映してあったということです」

 警察の調べに対して物部容疑者は「僕はいなかったと思います」と容疑を否認。残りの2人は容疑を認めているという。名古屋市は31日、立ち入り調査を行い、警察も日常的に暴行が行われていた可能性があるとみて詳しく調べる方針。


 名古屋市内の介護施設に入居する93歳の女性に暴行したなどとして、愛知県警は施設の職員の男3人を逮捕しました。

 暴行の疑いで逮捕されたのは、名古屋市名東区の介護施設「ケアホームひまわり」の横井一樹容疑者(36)ら職員の男3人です。警察によりますと、3人は先月、入居する93歳の女性の口に指を差し込んだり鼻を指でふさぐなどした疑いです。横井容疑者に付きまとわれたという女性の相談を受け、警察が横井容疑者のスマートフォンを調べたところ、入居する女性に暴行を加える動画が見つかったということです。調べに対し、横井容疑者ら2人は暴行の容疑を認めていますが、1人は否認しているということです。


愛知・名古屋市名東区にある有料老人ホームで、入居する93歳の女性に、口や鼻をふさぐ暴行を加えた疑いで、職員の男3人が逮捕された。

逮捕されたのは、名古屋市名東区の老人介護施設「ケアホームひまわり」の職員・横井一樹容疑者(36)と、物部拓史(ひろふみ)容疑者(29)ら3人で、2月、入居する女性の口に指を入れたうえ、鼻をふさぐなどの暴行を加えた疑いが持たれている。

別の女性へのつきまとい行為で、警察に事情を聴かれていた横井容疑者のスマートフォンに、この93歳の女性を虐待する様子を撮影した動画が残っていたことから発覚した。

施設のオーナーは「鼻の中に指を入れて、上にかきあげた動画と、口を上下に上げた動画でした」と語った。

調べに対し、横井容疑者ら2人は、「苦しむ姿が面白かった」などと容疑を認め、物部容疑者は容疑を否認しているという。

また「ひまわり」は、法律で義務づけられている届出を名古屋市に出しておらず、市は、立ち入り調査する方針。


 名古屋市にある介護施設の職員の男3人が、入居者の女性に暴行を加えたとして逮捕された。容疑者の携帯電話には、暴行を加える動画が残っていたという。

 暴行の疑いで逮捕されたのは、いずれも名東区大針の介護施設「ケアホームひまわり」の職員・横井一樹容疑者(36)、物部拓史容疑者(29)、鈴木啓太容疑者(26)の3人。警察によると、横井容疑者らは先月ベッドに横たわっていた女性(93)に対し、口に指を入れた上、鼻をふさぐなどの暴行を加えた疑いがもたれている。

 調べに対し、横井容疑者と鈴木容疑者は容疑を認めているが、物部容疑者は「僕はいなかったと思います」と否認しているという。

 別の事件で警察に事情を聞かれていた横井容疑者の携帯電話に暴行を加える動画が残っていたことから、事件が発覚した。女性にケガはなかったが認知症で、事件については覚えていないという。

 名古屋市は31日、施設への立ち入り調査を行っていて、警察でも他の入居者への暴行がなかったか調べている。


 介護職員の男らは、暴行の様子を撮影していたということです。

 横井一樹容疑者(36)ら介護職員の男3人は先月、名古屋市の介護施設で、入居する認知症の93歳の女性の口に指を入れ、鼻をふさぐなどした疑いが持たれています。その後の取材で、男らのスマートフォンから別の高齢男性の下半身などを撮影した画像が見つかったことが新たに分かりました。警察の調べに横井容疑者ら2人は容疑を認めていますが、1人は否認しているということです。警察は、3人が他の高齢者にも暴行を加えていた可能性があるとして調べています。


 入居者に暴行を加えたとして、愛知県警守山署は31日、名古屋市名東区大針3の無届け介護施設「ケアホームひまわり」の職員の男3人を暴行容疑で逮捕したと発表した。職員はスマートフォンで、暴行の様子を動画に撮影していたという。市も31日、老人福祉法に基づき同施設を立ち入り調査した。

 逮捕されたのは同区香南1、横井一樹(36)▽同区社が丘4、鈴木啓太(26)▽同市南区元塩町5、物部拓史(29)--の3容疑者。

 容疑は2月21日午後7時55分ごろ、同施設で入居者の女性(93)の口に指を差し込み、鼻を指で塞ぐなどの暴行を加えたとしている。女性にけがはなかった。横井、鈴木両容疑者は容疑を認め、物部容疑者は「僕はいなかったと思う」と否認しているという。

 同署によると、別の事件の捜査で横井容疑者を調べていたところ、スマートフォンから入居者に暴行を加えている様子を映した動画が見つかった。

 施設を運営する会社の仲宗根(なかそね)恵子社長(61)によると、動画には女性が「やめて」と叫んだり、3人が笑ったりしている様子が映っていた。鈴木容疑者のスマートフォンには、男性入居者の下半身を撮影した画像も残されていたという。仲宗根社長は「教育が行き届かず、被害者の方に申し訳ない」と謝罪した。防犯カメラを設置するなど監視体制を強化する方針という。

 市は、同施設が老人福祉法に基づく有料老人ホームに当たるとして、数年前から届け出をするよう指導していたという。【山本佳孝、三上剛輝】


 介護施設の93歳の入居者の鼻に指を入れるなどしたとして、愛知県警守山署は31日、名古屋市名東区大針3丁目の「ケアホームひまわり」の介護ヘルパー3人を暴行容疑で逮捕したと、発表した。3人のうち1人は暴行していた様子を携帯電話で撮影していた。2人は容疑を認めているという。

 署や介護施設によると、逮捕されたのはいずれも介護ヘルパーで、同市名東区香南1丁目の横井一樹(36)、南区元塩町5丁目の物部拓史(29)、名東区社が丘4丁目の鈴木啓太(26)の3容疑者。

 3人は2月21日午後7時55分ごろ、施設の入居者で、ベッドにいた名東区内の女性(93)の口に指を入れたり、鼻に指を突っ込んだりした疑いが持たれている。1人はこの様子を携帯電話で撮影していた。