AKB48の姉妹グループ、SKE48とNMB48が3月31日にシングルを同時発売(店着日は3月30日)した。初日の売り上げを集計した3/30付オリコンデイリーシングルランキングでは、SKE48の17枚目のシングル「コケティッシュ渋滞中」が57.3万枚で1位、NMB48の11枚目のシングル「Don’t look back!」が38.2万枚で2位に初登場した。

【写真】SKE48、NMB48集合ショット

 前作の発売1週目の売上はSKE48「12月のカンガルー」が38.6万枚、NMB48「らしくない」が42.0万枚。SKEは前作の初週売上を1日で超えた。前作までの実績では、SKE48は12作連続(通算12作)、NMB48は6作連続(通算9作)でシングル週間1位を獲得している。

 週間ランキングは4月7日午前4時に発表される。


 SKE48とNMB48が3月31日、シングルを同時リリース。3月30日付オリコンデイリーシングルランキングではSKE48のシングル「コケティッシュ渋滞中」が57万3000枚を売り上げて1位となり、姉妹グループの直接対決はSKE48に軍配が上がった。NMB48のシングル「Don’t look back!」は売上枚数38万2000枚で2位となった。

他の写真を見る

 現在、週間ランキングにおいて、SKE48は12作連続でシングル首位獲得中、一方のNMB48は6作連続で記録と、ともに首位継続中。前作の初週売上はSKE48が38万6000枚(「12月のカンガルー」)、NMB48が42万枚(「らしくない」)とほぼ五分。次週4月6日確定の週間ランキングの行方に注目が集まる。



 48グループの姉妹グループSKE48とNMB48が31日、シングルを同日発売し、オリコンデーリーチャートが発表された。

 SKE48の「コケティッシュ渋滞中」が57・3万枚を売り上げ、1位に初登場。NMB48のNMB48の「Don’t look back」は38・2万枚の2位で、19・1万枚の大差でSKE48が「先勝」した。

 48グループのシングルはこれまで、同じ日に発売されたことがなく、初の姉妹対決としてファンからも注目されていた。SKE48は新選抜3人が入るフレッシュな顔触れで、かわいらしくも激しく踊るポップな曲調。一方のNMB48は、卒業する山田菜々が最初で最後の単独センターを務める曲で、グループ史上最も踊りが難しいと、メンバー間でも話題だった。

 3位は乃木坂46の「命は美しい」だった。