人気ロックバンド・Mr.Childrenが、映画『ワンピース フィルム ストロングワールド』(境宗久監督、12月12日公開)の主題歌を務めることが20日、わかった。初めてアニメ映画主題歌を手掛けるボーカルの桜井和寿は「(主人公の)ルフィの体みたいに好奇心と探究心、そして無邪気さとをグングン、グングン伸ばして出来上がった曲」と、主題歌「fanfare」に"少年の心"を込めた。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画『ワンピース』の記念すべき10作目で、原作者の尾田栄一郎氏が自ら製作総指揮を執ったことでも話題の同作。映画版の主題歌はこれまでDREAMS COME TRUEや、BUMP OF CHICKEN、氣志團、NEWSら人気アーティストが担ってきたが、今作は尾田氏自身の熱烈なラブコールによりミスチルの起用が決定した。

 尾田氏が桜井に手紙で今作の内容などを伝え、「航海」「宝物」「帆」といった、『ワンピース』にまつわるキーワードが主題歌の歌詞に盛り込まれた。桜井は「グングン伸びて 映画を観た人、音楽を聴いた人に届くと良いなぁ」と期待を寄せている。

 映画には競泳男子平泳ぎで五輪2大会連続2冠を達成した北島康介選手や、俳優・竹中直人、キャスター・皆藤愛子らも声優として出演。北島選手は「信じられないくらい、本当にうれしくて、キャラクターまで作っていただいて。漫画で感動をもらって、仕事でも感動をもらった」と喜びを語っている。