桐谷美玲、山崎賢人、坂口健太郎の共演で幸田もも子の同名人気漫画を実写化する映画『ヒロイン失格』の撮影現場が報道陣に公開され、三人の現場での様子や胸キュンシーンなどが明らかになった。

『ヒロイン失格』撮影現場公開!フォトギャラリー

 本作は、主人公・松崎はとり(桐谷)と幼なじみの寺坂利太(山崎)、学校一のモテ男・弘光廣祐(坂口)の三角関係を描くロマンチック・コメディー。『ハンサム★スーツ』などの英勉監督がメガホンを取った。

 2月某日、神奈川県のある高校の食堂で行われたのは、利太が嫌いなトマトをはとりの皿に移してじゃれあうシーンや、はとりの恋のライバル・安達未帆(我妻三輪子)が不良に絡まれているところを利太が助けるシーン、はとりが親友の中島杏子(福田彩乃)に廣祐へのサプライズ計画を明かすシーンなどの撮影。撮影のために暖房が切られ、肌寒い現場であったが、制服姿で生足を出した桐谷をはじめとしたキャスト陣は、ムードメーカーの英監督が作り出す温かい雰囲気の中笑いを交えながら撮影に挑んでいた。

 主人公を演じる桐谷は、緩急が効いた小気味よいセリフまわしでコミカルなキャラクターを熱演。監督もOKと共に「最高だ」と太鼓判を押していた。山崎も、ぶっきらぼうでありながら、母性本能をくすぐるようなかわいらしさを持ち合わせたキャラクターを見事に表現し、時折見せる笑顔で周囲を魅了していた。そんな二人がトマトをめぐってじゃれあうシーンは、本当の幼なじみのように無邪気に戯れる二人に、思わず周囲が笑みをこぼすほほ笑ましい場面となった。

 我妻と山崎のシーンは、セリフを言い終わった後に見つめ合う二人を見た監督が「ラブってるね」と声を掛けるほど、胸キュンな雰囲気を凝縮したシーンに。そんな彼らを映すカメラは複数台用意され、撮影角度を変えたテイクを重ねるなど、それぞれの人物の表情を逃さぬように丁寧に撮影が進行していく。

 はとりのサプライズ計画シーンでは、ひそかにそれを聞いていた坂口が桐谷の耳元で「楽しみにしてる」とささやくというドキドキの展開が繰り広げられ、その出来栄えは監督が「カッコイイな、アンタ!」と思わず口にするほど。また、坂口の前に座るエキストラを指名した監督は、緊張する青年に積極的に話し掛け、明るい現場になるよう気を配っていた。小道具の野菜ジュース片手にそれを見ていた坂口も、待ち時間に青年に話し掛けたり、山崎の演技を片隅でチェックしたりと真剣な様子を見せていた。(編集部・吉田唯)

映画『ヒロイン失格』は今夏、全国公



 [映画.com ニュース] 桐谷美玲が主演を務める人気コミックの実写映画化「ヒロイン失格」の撮影現場がこのほど、報道陣に公開された。神奈川県内の某大学キャンパスで、桐谷をはじめ共演の山崎賢人と坂口健太郎、福田彩乃、我妻三輪子、多数の高校生役エキストラを迎え、撮影はにぎやかに行われた。

【フォトギャラリー】桐谷美玲らが参加した撮影現場の様子はこちら

 原作は、累計発行部数120万部を突破する幸田もも子氏の同名人気コミック。恋に暴走する女子高生はとり(桐谷)が、幼なじみの利太(山崎)と学校一のモテ男・弘光(坂口)の間で揺れ動き、七転八倒する姿を描いたロマンチックコメディだ。

 利太(山崎)に思いを寄せるはとり(桐谷)は、自分が利太のヒロインであると信じてやまず、利太が学食でいじめられっ子・安達(我妻)をかばうところを目撃しても、友人・中島(福田)の前では勝ち気に振る舞う。一方の利太も、弘光(坂口)と付き合い始めたはとりのことが気になるが、素直になれない。そんな2人の気持ちがすれ違うシーンを食堂で撮影した。

 桐谷がコミカルな即興芝居を見せると、モニター越しに芝居を見ていた英監督が爆笑。スタッフ・キャストがとにかく楽しそうに映画作りをしている姿が印象的で、現場を盛り上げる英監督の手腕も存分に発揮されていた。

 報道番組「NEWS ZERO」のキャスターなど知的な印象も強い桐谷だが、本作ではコメディエンヌとして新境地に挑んでおり、「こんなに笑えて、泣けて、キュンキュンできる漫画って新しい。もし実写化するなら絶対にやりたいと思っていたのでうれしい」と念願かなっての主演。原作のはとり同様、撮影中はくるくると豊かな表情を披露し、「良い時も悪い時も、いつも一生懸命でまっすぐなところがはとりの魅力。私も今までに全然見せたことのない表情は挑戦でもあるし、すごく楽しくやっています」と打ち込んでいた。

 山崎が演じるのは、英監督いわく「ぶっきらぼうで人見知りだけど母性本能をくすぐる。風みたいな男の子で、捉えどころがないけど軽やか」な利太役。「台本を読んだだけではイメージできなかったことも、現場で監督から説明を聞いて『こういう感じなのか』と楽しみながらやっている。すごく新鮮です」と役に息吹を注ぎ込む。

 そんな利太に対し、坂口演じる弘光は「太陽のような男」。坂口は、「監督が笑ってくれるので、『ここまでしちゃっていいのかな?』っていう芝居も素直に出せる。太陽のような男と聞いたので、普段の僕よりも笑うように意識している」という。「娚(おとこ)の一生」「海街diary」など話題作への出演が相次ぐ注目株だけに、"太陽"の裏に見え隠れする繊細な心情も丁寧に表現していた。

 英監督は、とにかくはとりを魅力的に見せることに注力し「泣いたり笑ったり、はとりは感情を全部表に出す女の子。走るし、こけるし、飛ぶし、踊る(笑)。なので桐谷さんにも『全部出してください!』とお願いしました」。山崎も、桐谷のコメディエンヌぶりに「原作のはとりだと思うところがいっぱい。女の子の喜怒哀楽、汚いところもキレイなところも全部見せていてとてもかわいらしいなと思う」とすっかり魅了され、桐谷も「利太がすごくかわいいんです。淡々とつぶやいたり、じゃれている時は無邪気だったり。漫画で好きだった利太がそのまま飛び出してきた感じ」と相思相愛の様子だった。

 「ヒロイン失格」は今夏、全国で公開。