――芸能界を牛耳る巨大アイドル帝国・ジャニーズ事務所。ジャニー喜多川社長率いる、この帝国からは数々のスターが誕生した。郷ひろみ、近藤真彦、田原俊彦、少年隊、光GENJI、SMAP、そして嵐――。しかし、この帝国の内政が語られることは決してない。鉄壁のベールに包まれた帝国の光と闇を、数々の ジャニーズ非公式本から探っていく。

 ジャニーズ事務所の発足は、芸能プロダクションではなく、少年野球チーム「ジャニーズ球団」であったことを、最近のファンはどのぐらい知っているのだろうか。1960年代のはじめ、代々木公園に集まる30名ほどの少年たちに野球のコーチをしていたのが、若き日のジャニー喜多川氏だったのである。ジャニーズアイドル第一号となった「ジャニーズ」は、この野球チームにいた4人の幼なじみ、飯野おさみ、あおい輝彦、中谷良、真家ひろみで結成されたものだった。

 61年、4人はジャニー氏に誘われて、当時大変な話題となっていた映画『ウエストサイド・ストーリー』を見て、いたく感動。「僕たちもダンスがしたい!」と盛り上がり、「ジャニーズ球団」から名前をとって「ジャニーズ」を名乗り始めたのだ。

 しかし、"ジャニーズアイドル第一号"となったジャニーズは、同時に、ジャニー氏からの"ホモセクハラ被害アイドル第一号"でもあったようだ。

 89年10月に発売された『ジャニーズの逆襲』(データハウス)は、前回紹介したフォーリーブス・北公次による暴露本『光GENJIへ』(同)の衝撃がまだ残る中で追撃発売された告発本。著者は「ジャニーズ」となっているが、4人による共著ではなく、メンバーの中谷良によるものだ。タイトル、著者名に「ジャニーズ」とあるのは、本来、「ジャニーズ」という名称は中谷氏ら4人のものであるという強い思い、またその名前を事務所名に使いながら、舞台裏では欲望の限りを貪り続けるジャニー氏への怒りが込められているのだという。

 この本の見所のひとつは、やはりジャニー氏によるホモセクハラの赤裸々な描写。中谷氏が、最初にその忌むべき洗礼を受けたのは、まだ野球チームの一員である11歳のときであったということに、読者として衝撃を受ける。


 ジャニーズ球団でジャニー氏に野球の指導を受けていた4人は、学校が終わると、まだ貴重で珍しく、憧れの対象であったアメリカのお菓子やおもちゃ、オーディオ機器のあるジャニー氏の自宅に遊びにいくようになっていたという。そして、ジャニー氏を信用しきった中谷少年が一人でジャニー氏の部屋に遊びに行ったある日、ついにジャニー氏は真の目的を果たすべく、あの行動に出てきたというのだ。2人でじゃれあいながら、「気持ちいいはずだよ、こうすると」と、手を上下に動かして中谷少年を射精へと導いたと、衝撃の告白をしている。

 他の3人もこのジャニー氏の"身勝手な性の手ほどき"を受けていたというが、まだ本当になにも知らなかった彼らは、被害者意識はほとんどなく、最初のころは「変なおじさんだなー」と笑う程度だったというから、罪深い事この上ない。度重なるホモセクハラにより、中谷氏は性愛の本質を見失い、「結局は排泄行為でしかない」という思いに長く支配されていたという。


大人になって自分の歩んできた道の始まりが間違いだったんだと気付いた時には、それはそれは大きな衝撃が襲ってくるのです

 同著で中谷氏は、こうしたトラウマ、葛藤から逃れるために覚せい剤に手を出し、溺れていったことも明かしている。OB、現役を含めたジャニーズタレントの薬物問題が、現在数多く浮上しているが、これを読む限り50年近く前からジャニーズ事務所の本質は何ら変わっていないのではと思わざるを得ないのだ。


■芸能史上初のホモセクハラ裁判

 そして、同著のもうひとつの見所は、1964年から実に4年にも渡って行われた、ジャニーズをめぐるホモセクハラ裁判の詳細が描かれていることだ。

 アマチュア時代のジャニーズの4人は、ジャニー氏の紹介で「新芸能学院」という芸能学校に籍を置き、ダンスや歌のレッスンをしていたのだが、人気が出てくると、ジャニー氏は4人をひき連れて学院を飛び出してしまう。これに怒った学院長が、所属中の授業料やスタジオ使用料、食費など270万円を支払うようにと、ジャニー氏を訴えたのだ。

 元々は金銭トラブルを巡る裁判であったはずだが、公判ではジャニー氏のホモセクハラばかりが注目されることとなった。67年9月の公判では、すでに人気グループとなっていたジャニーズの4人が証人として出廷し、原告弁護士の質問責めにあうという、現在では、とてもあり得ない事態にまで発展していたのだ。

 そもそも、学院長がジャニー氏のホモ行為を知ったのは、メンバーのあおい輝彦の、「あんなことされて、僕の一生はおしまいです!」と訴えたのがきっかけだったという。しかし裁判で4人は「何のことか知りません」「覚えていません」と答えている。

 すでに人気アイドルである彼らが、とてもホモ行為の被害者であることなど、認められるはずはなかったのだ。ウソの証言をすることが最高の手段だと、彼らを説き伏せるジャニー氏の指示に従うしか、彼らに選択肢はなかったわけだ。この証言により、このときの裁判でジャニー氏のホモ行為が認定されることはなかった。

 こうして、4人が保身をはかったことで、ジャニー氏を野放しにし、その後、自分と同じような犠牲者を何人も増やすこととなってしまったことを、ジャニーズ解散から20年近くが経っていた89年の出版当時も、中谷氏は責任を感じ、苦悩し続けていることを明かしている。

今だからこそ言える、いや、言わなくてはならない。私は、裁判で嘘の証言をしてしまいました。私もジャニーズのみんなも全員ジャニーの犠牲者だったのです

 これがジャニーズの歴史のはじまりなのである。


■デビュー後もタダ働きで初任給は2万、そして解散後......


 ジャニーズは、67年11月に解散しているが、その理由はリーダー・真家の独断であったと、同著には記されている。その背景には、ジャニー氏のホモセクハラ、さらにはメリー氏との金銭トラブルがあったようだ。国民的アイドルになりながら、デビューして3年間はタダ働きで、はじめてもらった給料は2万円。貯金も無く、退職金ももらえず、無一文で放り出されただけでなく、解散直前には、メリー氏にそれまでの食事代や衣装代、交通費、お茶漬けやあめ玉、たくあんの一枚までこと細かに記録された帳簿を見せられ、「マイナスだ」といわれたというから、気の毒というより他にない。

 解散後の中谷は、渡辺プロに移籍するも薬物問題で休養を余儀なくされ、事務所を辞める。その後は、大阪でナイトクラブを回っての演奏活動、東京でのディスコの店長など職を転々。郷ひろみの舞台へのゲスト出演をしたこともあったが、その後は、独自で作曲活動を続けるようになり、89年には北公次が参加した「ウィー・アー・ザ・ジャニーズ」というCDに楽曲を提供。92年には、北の主演映画『怪獣の観た夢』に出演するなど、ジャニー氏の被害者同士で活動をともにするようになっていた。99年からの『週刊文春』とジャニーズの裁判に、文春側の証人として出廷したことが報じられて以来、ここ数年は、名前が取り沙汰されることはほとんどない。

 ほかのメンバーはというと、あおい輝彦は、現在も俳優として活躍中。飯野おさみは、72年に「劇団四季」に入団し、60歳を過ぎた現在もミュージカル俳優として舞台に立っている。リーダーの真家ひろみは、俳優、司会業などをこなしていた時期もあったが、82年にタクシー運転手に転職。00年、53歳という若さで心筋梗塞でかえらぬ人となっている。