東京都内のホテルで乱交パーティーを開いたなどとして、男2人が逮捕された。

 売春防止法違反の疑いで逮捕されたのは、千葉・船橋市の会社員・木下幸司容疑者(47)と神奈川・川崎市の沼沢賢容疑者(46)。警視庁によると、木下容疑者らは、先月28日、都内のホテルの部屋を借りて、20代の女性に売春行為をさせた疑いがもたれている。木下容疑者らは、出会い系サイトで「大人のパーティー」などと客を募っていて、摘発の際、ホテルの部屋には、男性17人と女性6人がいたという。

 警視庁は去年12月、ホテルから「常識では考えられない数の避妊具が放置されている」などと相談を受け、捜査していたという。


 出会い系サイトに「大人のパーティ」などと書き込んで客を勧誘し、複数の男女に売春する場所を提供したとして会社員の男2人が逮捕されました。

 木下幸司容疑者(47)ら2人は先月28日、東京都内のホテルを予約して、20代の女性2人に売春する場所を提供した疑いが持たれています。警視庁によりますと、木下容疑者らは、出会い系サイトに「大人のパーティ」などと書き込み、男性17人と女性6人をホテルに集めていました。男性からは参加料として一人3万円を受け取り、女性には4万円を支払っていたということです。木下容疑者らは「10年前からやっていた」と容疑を認めているということです。


 『大人のパーティー』などとうたってインターネットで客を募集し、都内のホテルで乱交パーティーを開催したとして、売春クラブの経営者らが警視庁に逮捕されました。

 売春防止法違反の疑いで逮捕されたのは千葉県・船橋市に住む売春クラブの経営者・木下幸司容疑者(47)ら2人で、先月28日、都内のホテルの部屋を借りたうえ、インターネットで募集した男性客2人と女性従業員2人が売春すると知りながら、その部屋を提供した疑いが持たれています。

 木下容疑者らは『大人のパーティー』などとうたって客を集め、月に2回ほど乱交パーティーを開催していたということです。取り調べに対し、木下容疑者は「10年前からパーティーを開いていた」と容疑を認めているということです。(02日11:33)


 警視庁は2日までに、都内のホテルで乱交パーティーを開いたとする売春防止法違反容疑で千葉県船橋市の会社員・木下幸司容疑者(47)、神奈川県川崎市の会社員・沼沢賢容疑者(46)を現行犯逮捕した。

 警視庁によると、両容疑者は売春クラブを経営。共謀の上、出会い系サイトの掲示板に「大人のパーティー」などとうたって不特定多数の男性を集め、乱交パーティーを開催していたものとみられる。先月28日、ホテルの一室を借り、売春することを知りながら男性2人と女性2人に同室を提供した疑いで逮捕された。