俳優、山田孝之(21)の初主演映画「電車男」(村上正典監督、公開中)が、13日に観客動員数200万人を突破したと14日、配給元の東宝が発表した。

 先月4日の公開から40日目の記録で、興行収入は26億9000万円を突破。同作は、ネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれたオタク青年の恋愛を描いた話題作。現在「宇宙戦争」「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」など洋画大作が公開中だが、客足は衰えていないという。

 7日にスタートしたフジテレビ系ドラマ「電車男」(木曜後10・0)も初回視聴率18・3%と好調で、今後まだまだ相乗効果が期待できそうだ。