英5人組ボーイズグループ、ワン・ダイレクション(以下1D)の4thアルバム『フォー』(11月19日発売)が初週6.8万枚を売り上げ、12/1付週間アルバムランキング1位に初登場した。2012年8月の日本デビュー以来、シングル・アルバムを通じて初の首位獲得となった。

 初週売上6.8万枚は、テイラー・スウィフト『1989』(10月発売)の初週売上5.2万枚を上回り、今年の洋楽アーティストで暫定トップに立った。

 本作は、昨年11月発売の前作『ミッドナイト・メモリーズ』(最高位3位)以来1年ぶりのニューアルバム。来年2月から3月にかけ、京セラドーム大阪(2公演)とさいたまスーパーアリーナ(4公演)で、1年3ヶ月ぶり通算2度目の来日公演が行われる。


 英国の男性5人組「ワン・ダイレクション」のアルバム「フォー」が来月1日付オリコン週間チャートで首位に初登場することが24日、確定した。12年8月の日本デビュー以来、通算4作目で初めて1位に輝いた。

 初週売り上げは約6万8000枚。米女性歌手テイラー・スウィフト(24)の「1989」の約5万2000枚を上回り、洋楽作品では今年最高の滑り出しとなった。