長崎県佐世保市で同級生(15)の殺害容疑で高校1年の少女(16)が逮捕された事件で、市の教育関係者に動揺が広がっている。佐世保市では、2004年の小6女児による同級生殺害事件が起きて以降、各小中学校で、生徒に命の大切さを認識させる取り組みを続けてきた。そんな中で再び起きた事件に、市教育委員会幹部は「一体何をすれば良かったのか。正直分からない」と悲痛な声を上げた。一方、少女は「ネコを解剖するうちに、人間で試したくなった」と供述していることが30日、分かった。

 市教育委員会の幹部は「自分たちは『過去』を教訓にして、やれることを精いっぱいやってきたつもりだった。本当に悔しい」と力なくため息をついた。「いったい何をすれば正解だったのか…今でも分からない」

 「過去」とは、04年6月に起こった事件のことだ。小学6年生の女子児童が、同級生をカッターナイフで殺害した。

 佐世保市では、この事件翌年から、6月を「いのちを見つめる強調月間」に制定。市管轄の全小中学校で、命の大切さを教える授業などを義務づけてきた。

 毎年6月1日には、各校長が全校生徒に「命の尊さ」をテーマに講話。さらに、一般市民も入れる「学校公開日」を設け、保護者同伴で「命に関わる題材」をテーマにした道徳授業を開いている。今回の加害者の少女も、授業を受けていたという。

 また、少女が小学6年だった2010年に同級生2人の給食に計5回、異物を混入した騒動を起こした際も、市教委はすぐさまカウンセラーを派遣。少女と被害児童や親に、計10回以上に及ぶカウンセリングを行い、問題行動は収まったという。市教委によると、その後も、少女が進学した中学校にはカウンセリングの概要も伝えた。

 市教育委幹部は「今回の事件を起こした少女も、小学校の中学年(3、4年)まではクラスのリーダー的存在だった」と話す。「そこからなぜ小学6年の騒動に至ったのか、根本的な原因については特定できていない」ともいう。少女はさらに、その4年後、市が尊さを伝えてきたはずの「命」を奪った。なぜ、事件が起きたのか。市内が悲痛な雰囲気に包まれる中、教委では近く検討会を開き、教育体制を見直す予定だ。(樋口 智城)


 パソコン遠隔操作ウイルス事件で、威力業務妨害などの罪に問われた元IT関連会社社員、片山祐輔被告(32)の公判が30日、東京地裁(大野勝則裁判長)であり、被告人質問が行われた。被告は、犯行声明メールにアニメキャラクターの画像や詰め将棋の問題などを付けたことに触れ、「自分が関心のないものを使って、犯人像を混乱させるつもりだった」などと証言した。

 29日に接見した佐藤博史弁護士によると、片山被告は、佐世保市の高1女子同級生殺害事件に大きな関心を示し、「10年前にも佐世保でありましたよね」と、2004年の事件の話も自分から持ちかけて来たという。佐藤弁護士は「片山被告はもう少年ではないが、心に闇を抱えている点では同じ。そこに光を当てて解明することは不可欠」と話した。


 長崎県佐世保市で発生した高1女子生徒殺害事件。7月27日、県立高校1年の松尾愛和さん(享年15)を自宅マンションで殺害したとして、同級生のA子(16才)が逮捕された。松尾さんの後頭部をハンマーで何度も殴った後、ひもで首を絞め、さらに遺体をベッドに寝かせた状態で、首と左手首をのこぎりで切断。腹部は大きく切り開かれており、胴体には数か所の切り傷や刺し傷があったという。

 現場となったのはA子がひとり暮らしをしていた月6万円、10畳のワンルームマンション。その部屋からは、2kmほど離れたところにある実家や、そのすぐ近くにあるA子が通っていた高校は見えない。しかし徒歩1分の距離で、線路の向こうにある弁護士の父の職場から、彼女の部屋はよく見えた。

 A子の実家は、坂道をのぼった高台、佐世保市内でも有数の高級住宅街にある。祖父はすでに他界しているが、ともに小学校教諭だった“両親のために”と、A子の父が建てた家が隣接している。「息子に贅沢させてもらっている」それが祖母の口癖だった。

「A子の両親は長崎市出身で小学校からの同級生。ふたりとも地元の有名人でした。父親は有名企業の顧問弁護士を務めていて、かなりのやり手。真面目で紳士的で、中肉中背の男前でね。奥さんもA子と、5才年上の長男、2人の育児と家事をこなしながら、教育委員を務めたりして。教育熱心でしたね」(地元住民)

 父が県内のスピードスケート界のパイオニア的存在ということもあって、A子は兄とともにスケートを始め、今年1月には親子で国体に出場するほどの選手となった。またA子は幼い頃から両親の趣味に親しみ、その才能を伸ばしてもいた。

「小学校時代から地元のピアノコンクールや美術作品展で入賞してました。頭もすごくよかったから、“文武両道の多才”。暗くて変わった感じもあったから、正直近寄りがたい存在でした」(A子を知る人)

 複数の学校関係者の証言でA子は小学校時代、同級生2人の給食に5回にわたって粉末洗剤やベンジン、漂白剤をスポイトで混入させる問題行動を繰り返していたことが明らかになっている。この時A子は、そうした行動を繰り返した理由を「勉強していることを小バカにされたから」と、話していたという。

 また捜査関係者の話によれば、彼女は小動物の解剖を繰り返したりもしていたようだ。

 もしかしたら周囲からの視線が、A子を孤立させていたのかもしれない。普段は物静かなタイプだったが、突然大声を上げたり、泣き出すこともあったという。

※女性セブン2014年8月14日号


 長崎県佐世保市の県立高校1年の女子生徒(15)が殺害された事件で、逮捕された同級生の少女(16)が「1人暮らしだと、女子生徒に伝えたら興味を持たれたようだ」などという趣旨の供述をしていることが31日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警捜査1課は女子生徒を自宅マンションに誘う理由付けになったとみて、2人の会話や行動について詳しく調べている。 


 見守りを続けていた少女だったのに、凶行を防ぐことができなかった。長崎県佐世保市で高校1年の女子生徒(15)が殺害された事件は、教諭らが注意を払っていた少女(16)の犯行だったことが、教育現場に波紋を広げている。

 「ニュースを見て、何とも言えない、筆舌に尽くしがたい気分になった」というのは、大阪府立高校の男性教諭。痛ましい事件は学校関係者にとって人ごとではないという。

 逮捕された少女は高校に入学した4月以降、ほとんど登校せず、担任やカウンセラーが月に1、2回ほど家庭訪問をしていた。男性教諭は、かつて問題を抱えていた生徒に半年間毎日欠かさず家庭訪問をしていた経験を挙げ、「登校せず、人間関係を築く機会の乏しい子供だからこそ、教師はもっと接点を作りに行かないといけない」とアプローチの重要性を挙げる。

 佐世保市は、平成16年に小学校で6年生の女児が同級生に殺害された事件が起き、以降、命の大切さを学ぶ教育活動に力を入れてきた。「そういう町であるからこそ、事件には学校教育の限界を感じた」というのは大阪府立高の元校長で、近畿大の上林正博特任教授(生徒指導論)。

 「複雑な問題を抱える子供を学校だけで対応していくのは難しい」との意味だといい、「学校と保護者が情報を共有することで、よりきめ細かい指導ができる。難しいかもしれないが、学校が保護者に協力を呼びかけていくことが必要だ」と求める。

 一方、ある近畿地方の公立高校の校長は「佐世保市で起きた事件だからといって、心の教育を否定するというのは違うのではないか」という立場。「現実感が乏しかったり、感情が豊かでなかったりという、いまどきの子供世代を反映している気がする。行事や部活動など学校での人間同士のふれあいを充実させていくことが、生徒たちの人間性の向上につながる」と力を込める。

 ある学校教諭は、事件の抱える重みをこう表現している。「加害者も被害者も同じ学校だったことが不幸の極み。同級生はもちろん、先生たちもこの事件を一生背負っていくことになるだろう」


 ◇医療福祉関係者か

 長崎県佐世保市の高1同級生殺害事件で、県は31日、殺人容疑で逮捕された少女(16)に関連して今年6月初め、長崎県佐世保こども・女性・障害者支援センター(児童相談所)に相談が寄せられていたことを明らかにした。

 同センターは当時の対応に問題がなかったか検証している。

 31日に開かれた県議会文教厚生委員会で明らかにした。

 県によると、相談は6月10日に電話であり「生徒の名前は言えないが高校1年生の女子に関する相談がしたい」との内容だった。同センターは相談者に助言をしたが、以降は連絡がなかった。事件を受けて相談者に確認したところ、殺人容疑で逮捕された少女に関することだったことが分かったという。

 県関係者によると、電話をしたのは医療福祉関係者とみられるという。同センターは取材に対して、相談内容については「言えない」としている。【小畑英介、大場伸也、平川昌範】


 長崎県佐世保市で発生した、高1女子生徒殺害事件で逮捕された県立高校1年生のA子(16才)は、家賃6万円のマンションでひとり暮らしをしていた。実母は2013年10月に亡くなっており、その後2014年4月に高校進学を機にひとり暮らしを開始。また、実父は同5月に再婚している。

 小学校の頃には、給食に薬剤を入れるなど問題行動もあったA子。不安定な部分もあったようだが、母親が大きな支えとなっていた。

 しかし、突然の母の死という深い悲しみの中で精神的に追いつめられていくA子。にも関わらず、父は彼女を思わぬ形で裏切った。母が亡くなってわずか5か月後の今年3月、父は後に結婚することとなる、20才年下の女性・B美さんに出会ったのだ。

 当時A子の父は、妻を亡くした悲しみに浸ることもできず、仕事に追われる一方で、何を考えているかわからないA子に戸惑っていたという。

「彼とA子をつなぎ止めていた妻が突然いなくなって、娘にどう接したらいいのかわからないといった感じでした。だからといって家族のことをすべてさらけ出して相談する相手もいない。そんな時に出会ったB美さんは彼にとって心の拠り所となったんでしょう。出会ってすぐに恋に落ちて、再婚を決意。

 A子にも紹介していました。彼はいつも冷静沈着で理論的に物事を考えるタイプですから、普通なら周りの目や、自分の立場、子供たちへの影響を考えると思うんです。でもそれ以上にB美さんと一緒になることを選んだ」(A子の父を知る人)

 そして5月3日、A子の父とB美さんは入籍後、B美さんの地元で両家の顔合わせを行った。しかしこの席に、A子もA子の兄も出席しなかったという。

「みんなお母さんとか友達がいていいな。うらやましい。お父さんはお母さんが死んじゃってすぐに他の人を連れてきた。お母さんのこと、もうどうでもいいのかな」

 この頃A子は、幼なじみの女性に、そんな切ない胸の内を吐露していたという。

「思春期のA子でなくても、その父の早業は到底理解しえるものではないですよね…。彼女はこの4月高校に進学するのを機にひとり暮らしを始めました。9月から海外留学を予定していて、そのための“準備”ということらしいです。父親も“A子はしっかりしているからひとり暮らしをさせている”と話していたそうです。

 でも高校は実家のすぐ近くで、いくらお金があるとはいえわざわざ遠く離れたマンションでひとり暮らしを始めるのは納得がいきませんよね。A子が通う高校では、“校内で唯一のひとり暮らし”で、留学準備のためと学校も欠席しがちでした。担任やカウンセラーが、週に1~2回、生活状況の聞き取りを行っていたんですよ」(全国紙記者)

 A子のひとり暮らしマンションは、市街地の大通り沿いにあり、立地もいいため、地元では高級マンションと見られている。そこでは彼女のこんな姿が目撃されていた。

「平日昼間から自転車でぶらついていることがあった」
「制服姿は見たことない。高校生には見えなかった」

 A子にはショッキングな父親の変節だったかもしれないが、地元住民らにしてみれば、「やっぱりね…」の展開だったという。

「父親は夜の街じゃ有名なんですよ。羽振りがいいってね。地元一の高級クラブの常連だから、飲み代が月数百万円なんて聞いたこともあります。あくまで噂ですよ。前の奥さんの生前も女性関係でいろいろあったって」(あるクラブ関係者)

※女性セブン2014年8月14日号


 長崎県佐世保市の県立高校1年の女子生徒(15)を殺害したとして、同級生の少女(16)が逮捕された事件で、少女の部屋から、人体図などが掲載された医学に関する書籍が見つかったことが、県警への取材でわかった。

 これまでの捜査で、少女は事件前に小動物を解剖し、人体にも同様の関心を持っていたことがわかっている。県警は、遺体の一部が切断されていたことと、書籍との関連を調べている。

 少女は一人暮らしをしているマンションの部屋で、女子生徒を殺害した疑いで逮捕された。捜査関係者によると、書籍は、人体図など体の仕組みを解説した内容で、部屋の本棚に置かれていたという。県警は、書籍を入手した経緯などを詳しく調べる。


 長崎県佐世保市の県立高校1年の女子生徒(15)殺害事件で、殺人容疑で逮捕された同級生の少女(16)に関する相談が、6月に県の児童相談所に寄せられていたことがわかった。県は相談内容などは「個人情報」を理由に明らかにせず、「できる対応はとった」と説明する。だが、事件の約1カ月半前に少女の情報に接していたことになり、県は対応に問題がなかったか検証する。

 県によると、6月10日、佐世保こども・女性・障害者支援センター(児童相談所)に「高校1年の少女について相談したい」と電話で相談があった。相談者は名前を名乗ったが、少女の氏名や住所、高校名など個人を特定できる情報は伝えなかったという。

 殺害事件が発覚した7月27日、この相談と関連がないか、児童相談所が相談者に確認したところ、容疑者の少女のことだったことがわかったという。県は31日、こうした経緯を県議会文教厚生委員会で報告。委員からは「相談が見逃された結果こうなったのでは」との意見が出た。