11日に自宅を出てから行方不明になっていた人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者臼井儀人(うすい・よしと、本名・臼井義人=よしひと)さん(51)が20日、遺体で発見された。群馬・長野県境にある荒船山(標高1423メートル)の岩場で、19日に発見された男性の遺体を収容し検視の結果、身元が確認された。死亡推定時刻は11日午後で、死因は全身強打による肺挫滅(ざめつ)と発表された。警察では登山中に滑落したとみて、自殺と事故の両面で調べを進めている。遺書は見つかっていない。

 90年の「週刊Weekly漫画アクション」連載スタートから、足かけ20年にわたって「クレヨンしんちゃん」でお茶の間に笑いを届けた臼井さんが非業の死を遂げた。

 この日午前8時すぎ、群馬県警の機動隊や下仁田署員ら35人が、遺体収容のために同署を出発。午後0時20分ごろに、艫岩(ともいわ)のがけ下約100メートルにある遺体までたどり着いた。遺体の服装は11日と同じチェックのシャツにグレーのTシャツ。ジーパンは滑降中に脱げていた。付近には靴、リュックサック、壊れたデジタルカメラなどが散乱し、リュックの中には携帯電話とサイフがあった。人力で収容するのは困難な急斜面のため、ヘリコプターで遺体をつり上げて同3時50ごろに下仁田署に運んだ。遺体の損傷は激しく骨折もしており、顔も確認が困難な状況だったという。そのため、検視作業は5時間近くに及んだ。本人確認の決め手は歯型だった。死亡推定時刻は11日午後で、死因は全身強打による肺挫滅。検視を同署で待った臼井さんの妻と子どもたちは、変わり果てた姿の臼井さんと9日ぶりに対面した。

 臼井さんは11日朝、「荒船山に行く。夕方には帰る」と家族に告げて外出。翌日になっても帰宅しないため、妻が12日に埼玉県警春日部署に捜索願を出していた。これまでに、12日に長野・軽井沢付近、13日に荒船山近くの群馬・下仁田町で臼井さんの携帯電話の微弱電波を確認した。下仁田署では「電波確認は完ぺきではない。このエリア内なら誤差の範囲内かもしれない」と、転落現場の電波をキャッチしていた可能性を指摘した。

 下仁田駅から登山口まで臼井さんを乗せたタクシー会社の職員は「帰りの予定を聞いたら『検討中』と答えたそうです。多くの人は帰りも予約するものなんですけど」と話した。帰りの足を考えない自殺を覚悟した行動とも取れるが、山歩きが趣味の臼井さんだけに、別の帰途ルートを確認していたかもしれない。遺書は見つかっていないが、群馬県警では自殺と事故死の両面で調べを進めている。事件性はなく、司法解剖することなく遺体は遺族に引き渡された。

 臼井さんの姿は11日、荒船山へ行くための経路地となるJR高崎駅の防犯カメラ映像にも残されており、確認した妻は「事故であってほしい」と話したという。普段は約束通りの日程で戻る夫の10日にわたる消息不明に、覚悟を決めていたのだろうか。子供から大人まで幅広く愛された「しんちゃん」の生みの親が、自ら命を絶つことだけはないように。そう願う「事故であってほしい」だったのかもしれない。


 群馬・長野県境にある荒船山(標高約1423メートル)の岩場で遺体で見つかった漫画家臼井儀人(享年51=本名・臼井義人)さんの代表作「クレヨンしんちゃん」を発行する双葉社が21日、都内で記者会見した。

 赤坂了生編集局長らが出席し「このような結果になってしまい無念としかいいようがありません。大きなショックを受けております」と談話を発表した。

 また、臼井さんの遺族のコメントも発表。「ファンの方々にはたいへんなご心配をおかけしました。お気遣いいただく声や、ご声援の声にあらためて『クレヨンしんちゃん』という漫画の大きさ、幅の広さを再認識いたしております」としている。

 双葉社によると、発見された臼井さんのデジタルカメラの最後の1枚は、山の上の絶壁から下をのぞきこんで写した写真だったといい「それを撮った瞬間に足を滑らせるかして、滑落したと思われます」としている。


 日刊スポーツの日曜日のインタビュー欄に「野原しんのすけ君」に登場を願ったのは07年春だった。初の漫画キャラクター登場の狙いは、なかなかマスコミの前に姿を現すことのない臼井さんへの取材だった。しかし、写真撮影を伴う取材だったこともあり、接触は実現しなかった。「夢を売る商売なので」と表舞台に立たなかったこだわりは、突然の死という残念な形で貫き通された。

 PTAが毎年のように「子どもに見せたくないテレビ番組」の上位に挙げながら、憎みきれないキャラクターだ。日刊スポーツに唯一掲載された臼井さんのコメントは92年、アニメの大ヒットを紹介する記事だった。

 臼井さん 幼稚園の運動会や授業参観にこまめに出て、娘や娘の友達のしぐさを観察するのが、一番のネタになります。僕もそうでしたが、男の子はだいたい女の先生が好きなんですよね。子供はエッチなことをやっても、それがエッチなことだと気付かない。良かれと思ってやったことが、なぜかお母さんに怒られてしまう。そのへんのギャップをデフォルメして書いているのが、大人に受けているのでは。

 貴重なコメントにしんちゃん誕生の秘密がこめられていた。


 92年からアニメ「クレヨンしんちゃん」を17年半にわたり放送し、93年からは毎年1本映画化作品を製作、東宝系で公開してきたテレビ朝日の広報は「お悔やみ申し上げます」と、臼井さんの死を惜しんだ。今後の対応については「ご遺族や関係者と相談して決めていきたい」としている。


 ◆臼井儀人(うすい・よしと)本名臼井義人。1958年(昭33)4月21日、静岡県生まれ。埼玉県春日部市在住。77年に春日部工高を卒業後、デザイン専門学校を経て79年に広告関係の会社に入社。87年「だらくやストア物語」で「双葉社 週刊Weekly漫画アクション新人賞」の佳作に入賞して漫画家の道に進む。90年8月から週刊Weekly漫画アクションで「クレヨンしんちゃん」の連載を開始した。「夢を売る仕事なので」と、マスコミに一切出ないことで知られる。


 群馬・長野県境の荒船山で、遺体で見つかった漫画家臼井儀人さん(51)の「クレヨンしんちゃん」を発行する双葉社(東京)は20日、雑誌「まんがタウン」への同漫画の連載を12月号(11月発売)まで続けることを明らかにした。

 同社によると、臼井さんは既に2回分の原稿を入稿。今月7日に編集者らと打ち合わせをし、自宅を出る2日前の9日にも電話でやりとりをしたが、特に変わった様子はなかった。臼井さんは山道を散策するのが好きで、時間ができると1人で山に向かうことがあったという。

 同社には20日午後9時すぎ、群馬県警から身元判明の連絡があり、現地入りした社員からの連絡を受けながら報道陣への対応に追われた。同社は「警察の捜索にいちるの望みをつないでいたが、最悪の結果となりショックを受けている。今はただ、臼井先生の冥福を祈るばかりです」とのコメントを発表した。(共同)


 ◆臼井儀人(うすい・よしと、本名義人)1958年(昭33)4月21日、静岡市生まれ。77年に埼玉・春日部工高を卒業後、スーパーでアルバイトをしながらデザイン専門学校に通う。87年に「だらくやストア物語」で漫画家デビュー。90年「クレヨンしんちゃん」の連載がスタート、早熟な幼稚園児「野原しんのすけ」が人気を博し現在まで連載が続いている。アニメの中で本人を登場させたり、歌声を披露したことはあるものの、「漫画家は夢を売るのが仕事」との理由で公の場に姿をみせないことで知られていた。


 ◆荒船山(あらふねやま)群馬県下仁田町と長野県佐久市にまたがる標高約1423メートルの山で、日本二百名山の1つ。南北約2キロ、東西400メートルの溶岩台地で、平たんな頂上部がある山容が荒波を割って進む船を思わせることから、荒船山と名付けられたといわれる。荒船山北端にある艫岩は荒船山を船に見立てた時に船尾にあたり、高さ200~300メートルの絶壁が続き、幅は約800メートルとされる。


 「クレヨンしんちゃん」原案で、現在公開中の映画「BALLAD 名もなき恋のうた」に主演する草■剛(35)と新垣結衣(21)も、臼井儀人(うすい・よしと、本名・臼井義人=よしひと)さん(51)の死にショックを受けた。草彅は4月の映画報告会で対面した。「僕の出身地である春日部を、こよなく愛してくださいました。大変悲しい。ご冥福をお祈りいたします」。新垣は「信じたくない知らせでした。ずっと無事に帰って来ることを祈っていました」と話した。

 ※■は弓ヘンに前の旧字体その下に刀


 人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人(本名・臼井義人)さん(51)は静岡県生まれ、埼玉県立春日部工高卒。1987年、「だらくやストア物語」が双葉社のWeekly漫画アクション新人賞佳作に入選、漫画家デビューを果たした。

 90年、同社の「週刊漫画アクション」で「クレヨンしんちゃん」の連載を開始。きれいなお姉さんが大好きな「かすかべ市」の幼稚園児、野原しんのすけが主人公の本作は大ヒットとなり、92年からテレビでアニメ放送も始まった。00年からは月刊「まんがタウン」に連載中で、同社によると、既に11月5日に発売される12月号分までの原稿が編集部に届いている。

 これまでにコミックが49巻、関連児童書を含めると累計約6500万部を刊行。93年に始まった劇場用アニメも今年で17本目を数えている。「しんちゃん」映画を原案にした草なぎ剛さん、新垣結衣さん主演の映画「BALLAD 名もなき恋のうた」が現在上映中だ。【岸桂子、内藤麻里子】

 ◇全盛期だったのに
 ▽漫画評論家、村上知彦さんの話 「クレヨンしんちゃん」は、いたずらな幼児に大人が振り回されるというギャグ漫画だが、「週刊漫画アクション」という青年誌での連載だったため、子供に読ませる意識はなく描いていた。だから下ネタがあり、大人の建前のナンセンスさを浮き彫りにする面白さがあった。そこにしんちゃんというキャラクターのかわいらしさと、本音をずばりと言うさわやかさが重なり、青年誌の読者だけでなく子供や若い女性にも受けた。テレビアニメも映画もヒットし、時代の中で存在感を発揮し続けるパワーはすごかった。描き手としては全盛期、まだまだいろいろやりたかったでしょうね。


 群馬・長野県境にある荒船山(1423メートル)のがけ下で見つかった男性の遺体が20日、行方不明となっていた漫画「クレヨンしんちゃん」の作者臼井儀人さん(51)=本名臼井義人=と確認された。臼井さんは今月11日朝、「荒船山に行く」と言い残して行方不明になっていた。死亡推定時刻は11日午後。遺書は発見されていないが、県警は事故と自殺の両面で捜査していく。

 登山道の途中にある「艫岩(ともいわ)」のがけ下約120メートルの地点で19日に発見された遺体は、やはり臼井さんだった。  20日、埼玉県春日部市の自宅から下仁田署に駆けつけた臼井さんの家族らが確認した。遺体は全身を強く打っており、骨が折れるなど損傷が激しく、顔は判別できないほどつぶれていたが、家族はすぐに「お父さん」と分かったという。最終的には歯型などから本人と確認した。

 自宅を出た時と同じグレーのTシャツの上に白地と緑のチェックのシャツを羽織った臼井さんの遺体は、衣類がボロボロで、ズボンは脱げて下着だけの姿だったという。死因は全身打撲による肺挫滅。遺体付近で壊れたデジタルカメラやリュックサック、脱げた靴が見つかった。リュックには携帯電話、財布、着替えの衣類などが入っていた。

 一部では信仰している新興宗教をめぐり、家族と対立し、自殺したのでは?との憶測も飛んでいたが、遺体発見現場付近や所持品から遺書のようなものは発見されていない。下仁田署は臼井さんが艫岩付近の登山道から誤って滑落した可能性もあるとみている。

 臼井さんは11日朝、荒船山に登山に行くと家族に告げて埼玉県春日部市の自宅を出た。登山口にタクシーで向かう途中、コンビニで食料らしきものを購入した姿が防犯カメラに写っていた。その後再びタクシーで荒船山の長野県側登山口に向かい、正午すぎには艫岩の頂上付近に到着したが、その数時間後に滑落したとみられる。

 臼井儀人さんは表舞台には出ず、「しんちゃん」とは対照的に、もの静かな人柄だった。静岡県出身で、さまざまな職業を経た後、30歳を目前に挑戦した漫画の作品が雑誌の新人賞で佳作に選ばれ、本人いわく「素人」がプロの道に入った。1990年に雑誌でスタートした「クレヨンしんちゃん」はたちまち人気を集め、テレビアニメや映画になった。臼井さん自身はインタビューでは「僕は面白い人間じゃないし、読者ががっかりしちゃうから」と、顔写真の撮影を拒んだ。

 ◆臼井さん11日の足取り◆

 午前 埼玉県春日部市の自宅出発

 9時43分 群馬県、上信電鉄・下仁田駅到着

 9時48分 同駅前でタクシー乗車

 9時53分 途中、上小坂のコンビニに立ち寄る

 ※11時00分 群馬・長野県境の荒船山登山口到着

 ※12時ごろ 登山道の途中「艫岩(ともいわ)」到着

 ※午後 艫岩のがけ下に転落。死亡

(※時刻は推定)
2014-05-24-09-46-06