東京都八王子市の京王八王子駅ビル9階の書店で22日夜、女性2人が男に包丁で刺されて死傷した事件で、警視庁に殺人未遂容疑で逮捕された会社員菅野(かんの)昭一容疑者(33)が「親が話を聞いてくれないので、大事件を起こせばマスコミに名前が出ると思ってやった」と供述していることがわかった。

 菅野容疑者は「数日前からいらだっていた」とも話しており、同庁は何が犯行の直接の引き金になったか調べている。

 同庁幹部によると、菅野容疑者は、動機について「仕事がうまくいかずにムシャクシャしていた」と仕事上のトラブルを挙げていたが、新たに「人間関係も含め、2~3日前からイライラしていた」などという供述を始め、親に相談しても耳を傾けてくれないため、両親を振り向かせるために無差別殺人を決意したという趣旨の話もしているという。菅野容疑者の父親(69)は23日朝、報道陣の取材に応じて「仕事の相談はなかった」などと、相談の事実を全面的に否定している。

 菅野容疑者は22日昼過ぎに自宅から徒歩で外出、同日夕、京王八王子駅ビル近くで凶器の包丁を購入し、リュックサックに隠して駅ビルに向かっていたことも判明。また司法解剖の結果、死亡したアルバイト店員の中央大学4年斉木愛(まな)さん(22)の左胸の刺し傷は一突きで心臓まで達していた。


 福田康夫首相は23日、東京都八王子市で起きた無差別殺傷事件について、首相官邸で記者団に「本当に残念。見ず知らずの人を殺傷してしまうという、安心できない世の中に日本がなりつつあるのかなと心配している。まずは、なぜそういうことが起こったのかという原因、背景を十分調べたい」と述べ、相次ぐ無差別殺傷事件に社会的背景がないか検証すべきだとの考えを示した。


 見ず知らずの若い女性2人を無言で突き刺した菅野昭一容疑者は、内向的で引きこもるタイプだった。唯一、仲が良かったとされる家族とも、ここ7年ほどは、ほぼ音信不通だった。菅野容疑者は「家族が相談に乗ってくれなかった」と供述。一方で父親(69)は「変わった様子も悩み事もなかったように見えた。相談もされていないんですが…」と困惑気味に語っている。

 菅野容疑者は地元の小・中学校を卒業した。だれもが「おとなしい」「内向的」と口をそろえるが、別の素顔ものぞかせていた。知人は「休み時間に同級生にからかわれると怒って教室を飛び出し、次の日は登校しなかった」と明かす。

 こうした性格から友達はおらず、教室ではいつも1人だった。中学2年になると不登校に拍車がかかり、進学した高校は1日も行かずに退学。その後は職を転々とした。

 唯一の理解者は家族だった。母親は「昭くん、昭くん」と言ってかわいがっていたという。学校に行かないことを周囲から指摘されても「うちは教育テレビを見ているからいいの」とかばっていたと、近くの女性(64)は証言する。

 20歳を過ぎても母親と仲良くコンビニに買い物に行く姿も見られた。だが7年ほど前に「彼女ができた」として家を出て以降はほぼ音信不通。その後に彼女と別れ、1人暮らしをしていたというが住所は家族にすら話さなかった。

 父親は「犯行原因は思いつかず、頭が真っ白」と頭を抱えた。一方、知人からは「甘やかした結果じゃないか」という声も漏れた。


 見ず知らずの若い女性2人を無言で突き刺した菅野昭一容疑者は、内向的で引きこもるタイプだった。唯一、仲が良かったとされる家族とも、ここ7年ほどは、ほぼ音信不通だった。菅野容疑者は「家族が相談に乗ってくれなかった」と供述。一方で父親(69)は「変わった様子も悩み事もなかったように見えた。相談もされていないんですが…」と困惑気味に語っている。

【写真で見る】八王子通り魔事件の現場

 菅野容疑者は地元の小・中学校を卒業した。だれもが「おとなしい」「内向的」と口をそろえるが、別の素顔ものぞかせていた。知人は「休み時間に同級生にからかわれると怒って教室を飛び出し、次の日は登校しなかった」と明かす。

 こうした性格から友達はおらず、教室ではいつも1人だった。中学2年になると不登校に拍車がかかり、進学した高校は1日も行かずに退学。その後は職を転々とした。

 唯一の理解者は家族だった。母親は「昭くん、昭くん」と言ってかわいがっていたという。学校に行かないことを周囲から指摘されても「うちは教育テレビを見ているからいいの」とかばっていたと、近くの女性(64)は証言する。

 20歳を過ぎても母親と仲良くコンビニに買い物に行く姿も見られた。だが7年ほど前に「彼女ができた」として家を出て以降はほぼ音信不通。その後に彼女と別れ、1人暮らしをしていたというが住所は家族にすら話さなかった。

 父親は「犯行原因は思いつかず、頭が真っ白」と頭を抱えた。一方、知人からは「甘やかした結果じゃないか」という声も漏れた。


 東京都八王子市の書店で女性2人が死傷した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された会社員の菅野(かんの)昭一容疑者(33)=同市川口町=が、警視庁捜査1課の調べに「大きな事件を起こして、家族に知らしめたかった」という趣旨の供述をしていることが24日、分かった。現場には現金や身分証明書が入った財布を放置しており、警視庁は逃走意思がなく、家族に犯行を誇示する目的があったとみて追及している。

 調べでは、菅野容疑者は犯行半日以上前の22日昼すぎに自宅を出発、約8キロ離れた書店がある京王八王子駅前ビルまで歩いて向かっていたことが判明した。菅野容疑者は近くの大型スーパーの100円ショップで凶器に使用した刃渡り約15センチの文化包丁を購入するなどしていたが、すぐには犯行に及ばず、捜査1課は閉店間際まで時間調整していたとみている。

 また、菅野容疑者はアルバイト店員で中央大4年の斉木愛(まな)さん(22)の胸をひと突きして刺殺するなどした後、リュックサックを放置して逃走。中には、逃走資金になる現金や自らの名前が記された病院の診察券を入れた財布などが入っていた。さらにJR八王子駅北口の交番にいた八王子署員に容姿が似ているとして職務質問された際にも抵抗せずに素直に容疑を認めていたほか、犯行から約30分の間に約300メートルしか移動していないなど、現場周辺から離れていなかったことも判明した。

 こうした点から捜査1課では、犯行後に逃走する目的がなかった可能性が高いとみている。

 調べに対し菅野容疑者は「仕事関係で悩み、事件直近に親に相談したが最後まで聞いてくれなかった。大きな事件を起こせば自分の名前がマスコミに出て(家族に)犯行を示せると思った」などと供述している。


 八王子市の京王八王子駅ビル9階「啓文堂書店」で22日夜、アルバイト店員の斉木愛さん(22)=中央大学4年=ら2人が殺傷された事件で、黒須隆一・八王子市長が23日午後7時半過ぎ、ビルの前に設けられた献花台を訪れ、手を合わせた。

 八王子市では8年前から、警察や市職員などで月に1度の防犯パトロールを実施。事件翌日のこの日はパトロールの実施日だった。黒須市長は「安全安心な街づくりを目指していた矢先の事件で、残念だし、本当に悲しく思う」と話した。

 また、殺人未遂容疑で逮捕された菅野昭一容疑者(33)=八王子市川口町=について問われると「なぜ何もしていない市民を巻き込むのか、全く許せない。生きるのが嫌なら自分で自分の命を始末すればいい」と怒りをあらわにした。【神澤龍二】


 女性2人が死傷した東京都八王子市の京王八王子駅ビル殺傷事件で、殺人未遂容疑で逮捕された会社員菅野昭一容疑者(33)が警視庁捜査1課と八王子署の調べに「大きな事件を起こして両親を困らせようと思った。最近、あちこちで通り魔事件が起きていて、刃物なら簡単に殺せると考えた」と供述していることが24日、分かった。 


 東京都八王子市の京王八王子駅ビルで22日夜、斉木愛(まな)さん(22)=中央大4年=ら2人が殺傷された事件で、現場となった書店に居合わせた客の高校生が、毎日新聞の取材に応じた。凶行に及んだ後、放心状態で歩く会社員、菅野昭一容疑者(33)の様子などを語った。

 証言したのは、同市内の都立高3年の男子生徒(18)。生徒は22日午後9時ごろ、駅ビルショッピングセンター9階の「啓文堂書店」に入った。8階から下は9時で閉店する。「9階は10時で閉店します」。館内放送が流れた後だった。

 レジの女性店員2人がおびえたように逃げるように見え、店内がざわついた。本棚の陰から出てきた男が、右手に包丁を持ち通路を横切った。菅野容疑者で、白いワイシャツにカーキ色のチノパン姿だった。

 「強盗か」。一瞬思った。しかし視界に入ったのは、数メートル先の雑誌コーナーの本棚の前に刺されて倒れている女性だった。斉木さんだった。

 菅野容疑者は、本棚の横を通った後、レジの前を横切り、エスカレーターの方に歩いていった。下りは既に止まっていたため、エレベーターに向かったとみられる。刺されたもう1人の女性客(21)は自力で上りのエスカレーターにたどり着き、10階で飲食店の男性に救助された。

 菅野容疑者について、生徒は「とぼとぼと歩き、力強さはなかった。目線はレジの方に向けていたが、ぼんやりした感じ。包丁は腹の前に突き出す感じで持っていたが、力なく握っているようだった」と話す。

 店内にいたのは、店員と客合わせて10人前後。すぐ警備員が駆けつけ、斉木さんの周りで、3人くらいの店員が「斉木さん!」と何度も叫びながら介抱していた。

 「当時何も考えられず、その日は、あの光景が浮かび夜も寝られなかった」と振り返った。【堀智行、杉本修作、山本太一】


 東京都八王子市の2人殺傷事件で、警視庁八王子署は24日、会社員、菅野昭一容疑者(33)を殺人と銃刀法違反容疑で東京地検八王子支部に送検した。菅野容疑者は殺人未遂容疑で逮捕されたが、斉木愛さん(22)が亡くなったため、殺人容疑に切り替えた。


 東京都八王子市の書店で女性2人が死傷した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された会社員の菅野(かんの)昭一容疑者(33)=同市川口町=が、警視庁捜査1課の調べに「最近あちこちで通り魔事件が起きており、刃物を使えば簡単に殺せると思った」と供述していることが24日、分かった。悩みの相談に乗ってくれなかった両親を困らせるために犯行に及んだとも話している。警視庁は詳しい動機を追及するとともに、同日、容疑を殺人と銃刀法違反に切り替えて送検した。

 調べでは、菅野容疑者は仕事関係で悩んでおり、事件直近に両親に相談したが最後まで話を聞いてくれなかったことから犯行に及んだと説明。「大きな事件を起こして両親を困らせようと思った」などと供述している。一方で「大変なことをしてしまった」とも話しているが、被害者に対する謝罪の言葉はないという。

 また、菅野容疑者が犯行約1時間前に書店が入る駅ビルに入り、店内を歩き回っていたことも分かった。捜査1課はビル内の防犯カメラを解析するなどして事件前後の行動の分析を進めている。


◇知人ら悲痛な表情

 凶刃に命を奪われたのは、宇都宮市出身の女子大生だった。東京都八王子市のショッピングセンターで22日夜、女性2人が襲われ死傷した通り魔事件。書店店員としてアルバイト中だった中央大学文学部4年の斉木愛(まな)さん(22)が、無差別殺人の犠牲者となった。「なぜあんなに良い子が……」。斉木さんを知る県内の学校関係者や近所の住民は、一様に驚きと悲痛の表情を浮かべた。【山下俊輔、吉村周平、松崎真理、松谷譲二】

 事件から一夜明けた23日昼。宇都宮市にある斉木さんの実家は、雨戸が閉められ、周囲はひっそりと静まり返っていた。

 「礼儀正しく、面倒見が良い子だった」と近所の人は口をそろえる。ある女性は「遠くで見かけても大声で『こんにちは』と声を掛けてくれた。今どき珍しい礼儀正しい子だった。理由もなく、あんなに良い子が殺されるなんて……」とショックを隠しきれない様子で語った。

 子供が斉木さんと同級生だったという主婦は「とても快活で、うちの子は男の子なのに一緒に遊んでいた。とても明るく賢かった。まさか(被害者が)愛ちゃんとは思わなかった」と話す。

 斉木さんが通っていた中学や高校も対応に追われた。宇都宮市立陽東中時代の担任は「今朝、テレビ報道で知った。聞き覚えがある名前だったが、場所(宇都宮と八王子)が違うのでまさかと思った」と答えた。「思いやりのある穏やかな子。とにかく素直だった。(容疑者には)憤りを感じる」と怒りをにじませた。

 04年3月まで通っていた県立宇都宮中央女子高の小野敏夫教頭によると、斉木さんが在学していた当時の担任は既に異動しており、斉木さんを知る人は少ないという。だが、当時の担任が残した記録によると、斉木さんは「明るく誠実な人柄。人に優しく接することができる。友人の信望が厚く、学習態度も模範的」と極めて好評価だという。小野教頭は「英語の成績は常に上位で、優秀な生徒だったそうです」と、突然の死を悼んだ。


 東京都八王子市の京王八王子駅ビルで22日夜、アルバイト店員の斉木愛さん(22)=中央大学4年=ら2人が殺傷された事件で、菅野昭一容疑者(33)が警視庁捜査1課の調べに、「最近あちこちで通り魔事件があり、刃物なら簡単に殺せると考えて包丁を買った」などと供述していることが分かった。警視庁は24日、菅野容疑者を殺人と銃刀法違反容疑で東京地検八王子支部に送検し、動機などをさらに調べる。

 調べでは、菅野容疑者は22日正午過ぎに自宅を出た後、現場近くのスーパー内の100円ショップで出刃包丁(刃渡り約15センチ)を購入。その後、八王子駅前付近で時間をつぶしていたという。

 書店で凶行に及んだ理由については、「夜遅くまで営業していたことは知っていた」とし、入店は「(2人を刺す)1時間ほど前」と供述している。

 また、2人を刺した後、菅野容疑者はすぐには逃走せず、数分間店内にいた。3基あるエレベーターのうち中央のエレベーターで1階まで降り、そのまま徒歩でJR八王子駅に向かったという。【川上晃弘、佐々木洋、古関俊樹】


 東京都八王子市の駅ビルの書店で女性2人が殺傷された事件で、警視庁に殺人未遂容疑で逮捕された会社員菅野(かんの)昭一容疑者(33)が、「あちこちで通り魔事件が起きていたので、刃物なら簡単に人を殺せると思った」と供述していることがわかった。

 同庁は、菅野容疑者が、東京・秋葉原の無差別殺傷事件など、相次ぐ通り魔事件に影響を受けて犯行を決意したとみて調べている。

 同庁幹部によると、菅野容疑者は、事件の数時間前の今月22日夕、京王八王子駅ビル近くの100円ショップで、凶器の包丁(刃渡り約15センチ)を購入したと供述しているが、包丁を選んだ理由について、今年に入り、全国で刃物を使った通り魔事件が続いていたことに触れ、「刃物なら簡単に人を殺せると思った」と話したという。


 東京都八王子市の書店で女性2人が死傷した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された会社員の菅野(かんの)昭一容疑者(33)=同市川口町=が、警視庁捜査1課の調べに「最近あちこちで通り魔事件が起きており、刃物を使えば簡単に殺せると思った」と供述していることが24日、分かった。警視庁は詳しい動機を追及するとともに、同日、容疑を殺人と銃刀法違反に切り替えて送検した。

 これまでの調べに対し、菅野容疑者は仕事関係で悩んでおり、事件直近に両親に相談したが最後まで話を聞いてくれなかったことから犯行に及んだと説明。一方で「大変なことをしてしまった」とも話しているが、被害者に対する謝罪の言葉はないという。

 また菅野容疑者が犯行約1時間前に書店が入る駅ビルに入り、店内を歩き回っていたことも分かった。目撃者によると、菅野容疑者は書店でアルバイトをしていた中央大4年、斉木愛(まな)さん(22)らを雑誌コーナー付近で包丁で刺した後、エレベーターとは反対側に向かって歩いていたという。

 目撃した男性は「包丁を右手に持ち、弱々しい感じで歩いていた」と証言。周囲が騒いでいたため異変を感じた直後に菅野容疑者を見かけ、その後、雑誌コーナーの方を見て、斉木さんが倒れているのに気付いたという。捜査1課はビル内の防犯カメラを解析するなどして事件前後の行動の分析を進めている。

                   ◇

 東京都八王子市の無差別殺傷事件で、警視庁が24日に発表した菅野昭一容疑者の供述内容は次の通り。

 職場での人間関係で不満が募って、親に相談してアドバイスをもらおう、解決法を教えてもらおうと思ったが、相手にされなかった。大きな事件を起こして両親を困らせてやろうと思った。2、3日前からむしゃくしゃしていた。

 最近あちこちで通り魔事件が起きていて、刃物なら簡単に人が殺せると思った。事件はテレビニュースとかで知っていた。包丁は百円ショップで買った。書店は夜遅くまでやっていることを知っていた。営業時間を知っていた。誰でもよかった。(2人の被害者を襲ったのは)視界に入ったから。大変なことをしてしまった。


 女性2人が死傷した東京都八王子市の駅ビル殺傷事件で、亡くなった中央大4年斉木愛さん(22)の母真理子さん(56)は24日までに、報道各社に対し、「報道の社会的使命の重要性は承知していますが、私どもはこのたびの事件被害のため多忙を極めております」と取材自粛を求める文書を栃木県警を通じて配布した。

 これを受け、同県内に取材拠点を置く栃木県報道代表者会加盟社13社は同日までに、被害者家族をはじめとする関係者の心情やプライバシーに配慮し、節度を持って取材・報道に当たることを申し合わせた。 


 女性2人が死傷した東京都八王子市の京王八王子駅ビル殺傷事件で、菅野昭一容疑者(33)が警視庁捜査1課と八王子署の調べに「視野に入った人を刺した」と供述していることが24日、分かった。

 特定の女性を狙ったことは否定しており、捜査1課は周囲への不満感を募らせた末に無差別殺人を決意した経緯を追及している。 


 東京都八王子市の駅ビルで、書店のアルバイト中、刺殺された中央大文学部4年、斉木愛(まな)さん(22)の通夜が24日、宇都宮市元今泉の斎場で営まれ、大勢の人たちが斉木さんの死を悼んだ。

 親族や近所の人たち、斉木さんの小中学校時代の同級生らが訪れたが、報道陣の問いかけに硬い表情で口を結び無言のまま。足早に建物に入る参列者が多かった。通夜が始まった午後7時ごろには雷雨となった。

 陽東中学校1年のときのクラスメートで、愛さんとともに学級委員を務めたという宇都宮市内の男性会社員(23)は「斉木さんは頭がよかったが嫌みがなく、きさくだった」と話し、「そんな彼女が殺されるなんて本当に理不尽な話で、今も信じられない」と憤った。


 東京都八王子市の京王八王子駅ビル殺傷事件で、死亡した中央大4年斉木愛さん(22)の通夜が24日、実家のある宇都宮市の斎場でしめやかに営まれた。黒い雲が空を覆い、激しい雨が降る中、小学校や中学校の同級生らが突然の死を悼んだ。

 参列した男性によると、祭壇には斉木さんが縫いぐるみを抱えてほほ笑む遺影が飾られ、母親の真理子さん(56)は気丈に振る舞っていたという。

 中学校で斉木さんの後輩だった女性は「同姓同名であってほしい」と話し、事件が信じられない様子。高校で担任だった女性は菅野昭一容疑者(33)に対して「自分の問題を人にぶつけないでほしい」と憤った。

 中学1年の時に、斉木さんと一緒に学級委員を務めた会社員の男性(23)は「責任感があって人望もあった。理不尽な話で、今でも信じられない」と唇を震わせた。 


 東京都八王子市の駅ビル書店で刺殺されたアルバイト店員で中央大学4年斉木愛さん(22)の通夜が24日、出身地の宇都宮市内の葬儀場で営まれ、弔問に訪れた友人らが突然の死を悼んだ。

 参列者によると、斉木さんの兄が涙をこらえながら「何でこんな理不尽なことになってしまったのか。愛の死が無駄にならないように願う」と遺族を代表してあいさつした。また知人女性が声を掛けると、斉木さんの母親は「みんなに助けてもらわないと耐えられない」と話したという。

 中学の同級生で会社員の男性(23)は「信じられない。頭が良くて気さくな人だった。亡くなったという実感がわかない」と沈痛な表情で語った。