何ら落ち度のない人々に刃が向けられる無差別殺傷事件が、今年に入って続発している。なぜ「悪夢」は繰り返されるのか。仕事絡みの不満、社会への責任転嫁…。複数の専門家は東京・八王子で女性2人を殺傷した菅野昭一容疑者(33)について、東京・秋葉原の連続殺傷事件を起こした加藤智大(ともひろ)容疑者(25)との“共通項”を指摘した。

【写真で見る】八王子通り魔事件の現場

 新潟青陵大学の碓井真史教授(臨床心理学)は、これまでに無差別殺傷事件を起こした容疑者について「いまにも割れそうにパンパンに膨れあがった風船」と表現する。「ストレスがたまり、ちょっとしたことで爆発する」状態を指す。その上で「菅野容疑者と加藤容疑者の境遇は似ている」とする。

 派遣社員だった加藤容疑者は職場への不満を募らせた結果、「つなぎがない」という些細(ささい)な理由をきっかけに凶行に及んだ。試用期間の菅野容疑者は「仕事がうまくいかず、むしゃくしゃしていた」と供述した。碓井教授は「収入が安定せず、将来の不安からストレスを募らせたことも考えられる」と予測する。

 「仕事のことで家族とトラブルになった」と供述した菅野容疑者。一方の家族は「相談はなかった」と話し、食い違っている。碓井教授は「本人が思っているような親切な対応でなかったとか、身勝手な思いこみが原因では」と分析。「まるで思春期の子供のような悩みで、33歳にもなって極めて未成熟。フリーター生活が長かったようだが、彼は本当の意味での社会に出ていなかったのではないか」と述べた。

 ジャーナリストの大谷昭宏さんも、菅野容疑者の供述などから秋葉原事件との類似性を指摘した上で「自分がうまくいかない理由を社会に転嫁しており、身勝手で甘ったれている」と甘え型の犯行と断じた。

 また、元検事で旧総理府青少年対策本部参事官も務めた田代則春弁護士は「将来に不安を感じ、自暴自棄になる一方、目立ちたいという意識から秋葉原の事件を模倣したのではないか」と指摘。実際、菅野容疑者は「大きな事件を起こせば、自分の名前がマスコミに出るようになると思った」と話しており、携帯サイトに「やりたいこと…殺人 夢…ワイドショー独占」と書いた加藤容疑者と同じ感覚といえる。


 福田康夫首相は23日夜、東京都八王子市で女性2人が死傷された事件について、首相官邸で記者団に「社会的な背景が何かあるのか、よく調べなければいけない」と述べ、原因などを調査する必要があるとの考えを示した。

 首相は「安心できない世の中になりつつあるのかなと心配している。深刻な問題であり、対応をしっかりしていかなければいけない」と語った。 


 東京都八王子市の京王八王子駅ビルの書店で女性2人が刺されて死傷した通り魔事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された八王子市の会社員、菅野昭一容疑者(33)が、警視庁捜査1課と八王子署の調べに「仕事のことで家族とトラブルになり、とっさに無差別に人を殺そうと決意した」と供述していることが23日、分かった。

 捜査1課などは、家族とのトラブルが引き金になり、菅野容疑者が通り魔の犯行を決意したとみて、殺人容疑に切り替え詳しい経緯を調べる。

 家族とのトラブルを供述していることについて、父親(69)は「SOSはなかった。相談なんかなかった」と話しており、捜査1課などは慎重に動機を調べる方針。

 調べでは、菅野容疑者は22日午後9時40分ごろ、書店で働いていたアルバイト店員の中央大4年斉木愛(まな)さん(22)=宇都宮市出身、八王子市打越町=の左胸を、持ってきた文化包丁で1回、刺した疑い。失血死とみられる。近くにいた女性客で大学生の原田夏希さん(21)も胸を刺されるなどして負傷した。命に別条はないという。

 菅野容疑者は現場近くのスーパーで包丁を買い、犯行後はビルのエレベーター内に捨て、診察券などが入った黒いリュックサックを書店内に残していた。

 菅野容疑者は犯行の約30分後、現場から約400メートル離れたJR八王子駅近くの交番前を歩いていたのを警察官が職務質問して取り押さえた。菅野容疑者は「本屋で人を刺した」と認め、交番で逮捕された。

 警視庁は当初、斉木さんの名前を「斎木」と、学年を「3年」と発表したが、訂正した。


 東京都八王子市の京王八王子駅ビルで女性2人が刺されて死傷した事件で、逮捕された会社員菅野昭一容疑者(33)の父親(69)が23日、同市内の自宅で報道陣の取材に応じ、「気が小さくて事件を起こすような人間じゃない。本当に申し訳ないことをしてしまった。亡くなられた方にはご冥福をお祈り申し上げます」と謝罪した。

 片手にハンカチを握り締めた父親は「息子は1週間に1回とか来ないときは1カ月ぐらい来ない。どこにいるか教えてくれなかった」と話し、事件を起こした原因については「分からない」を連発。困惑した表情を見せた。

 自宅は八王子市の中心部から外れた住宅街の一角。平屋の玄関で取材に応じた父親は、「妻も息子からの相談はあまりなかったと言っていた。妻はショックで寝込んでしまった」と話し、事件については何度も「びっくりした」と繰り返すのみで、事態がよく飲み込めていない様子だった。


 東京都八王子市の京王八王子駅ビルで女性2人が刺されて死傷した事件で、逮捕された会社員、菅野昭一容疑者(33)の父親(69)が23日、同市内の自宅で報道陣の取材に応じ、「気が小さくて事件を起こすような人間じゃない。本当に申し訳ないことをしてしまった。亡くなられた方にはご冥福をお祈り申し上げます」と謝罪した。

 片手にハンカチを握り締めた父親は「息子は1週間に1回とか来ないときは1カ月ぐらい来ない。どこにいるか教えてくれなかった」と話し、事件を起こした原因については「分からない」を連発。困惑した表情を見せた。

 自宅の玄関で取材に応じた父親は、「妻も息子からの相談はあまりなかったと言っていた。妻はショックで寝込んでしまった」と話し、事件については何度も「びっくりした」と繰り返すのみで、事態がよく飲み込めていない様子だった。(共同)


 京王八王子駅ビルで女性二人が刺されて死傷した事件で、逮捕された菅野昭一
かんの・しょういち
容疑者(33)は、家には寄りつかず、両親ともほとんど接触がなかったという。父親(69)は「内向的な性格。気が小さく、学生時代はおとなしかった。切れるようなことや暴れたりすることはなく、びっくりしている」と話した。

 父親によると、菅野容疑者は数年前には女性と生活していたが、父親は住んでいた場所も知らなかったとしており、親子の会話として「どこにいるの」と聞いても「うーん」と言う程度だった。

 菅野容疑者が二十五歳くらいの時から、家にはたまに戻るという生活。最近では一週間ほど前に荷物を取りに来たが、すぐにいなくなった。

 高校を中退後、フリーター生活だったというが、現在は八王子市内の製作所に勤務。右手の指をけがして休んでいたが「治ったらまた働く。そのうち正社員になるんだ」とも話していたという。

 父親は「秋葉原の事件を知って『自分でもやろう』なんて考えることはない」と話した。


 京王八王子駅ビルで刺殺された中央大4年生の斉木愛さん(22)は宇都宮市出身で高校時代を知る関係者は「指導するところが見当たらないほど優秀な生徒」。中央大進学後も歴史を学び「約15人のゼミのまとめ役で、活発な学生だった」という。突然若い命を奪われ、関係者は23日、怒りに体を震わせた。

 斉木さんは2001年3月、宇都宮市立中を卒業し、進学校で知られる県立宇都宮中央女子高に進学、1年生のときに英語学習係、2年生では保健委員、3年生になると生徒の出欠などに関する統計委員を務めた。

 大学によると、斉木さんは文学部史学科西洋史学専攻。3年生からゼミに所属し、ヨーロッパ中世史の勉強をしていた。卒業後は就職希望だったが、内定状況は把握していないという。


 東京都八王子市の京王八王子駅ビル9階の「啓文堂書店京王八王子店」で22日夜、店内に入ってきた男に女性2人が包丁で襲われ、1人が死亡、1人が負傷した事件で、警視庁に殺人未遂容疑で逮捕された会社員菅野(かんの)昭一容疑者(33)が今年5月、同市内の金属部品製造会社で正社員への採用を前提に働き始めた直後、機械で指を骨折し、長期間の休職を余儀なくされていたことがわかった。

 菅野容疑者は「仕事がうまくいかず、ムシャクシャしてやった」などと供述していることから、同庁は容疑を殺人に切り替え、動機との関連を調べている。

 勤務先の金属部品製造会社によると、菅野容疑者は5月8日から約1か月後に正社員となる約束で「社員試用」として働き出したが、同15日に工作機械に右手の指3本を挟まれて骨折。同月末まで入院した後は自宅で療養し、9月に職場復帰の予定だった。採用時の面接では「これまで派遣社員として部品の組み立て作業などをやってきた。モノ作りが好き」などと話し、同社専務(30)は「仕事を巡るトラブルはなく、不満も聞いていない」としている。

 同庁幹部によると、菅野容疑者は22日午後9時30分ごろ、書店の本棚を整理していたアルバイト店員で、中央大学文学部4年の斉木愛(まな)さん(22)に無言で近づいて包丁で左胸を一突きして殺害し、近くにいた女子大生(21)の右胸も包丁で切りつけたという。

 店の前にあるエレベーター内には凶器の包丁(刃渡り約15センチ)が落ちており、売り場には、菅野容疑者の名前が記された病院の診察券などが入った黒いリュックサックが残っていた。犯行後、菅野容疑者はエレベーターを利用して屋外に出て、JR八王子駅方面に歩いて向かったとみられる。菅野容疑者は「直前に現場近くの店で包丁を買った」とも供述。同署で当日の足取りなどを捜査している。

 同庁関係者によると、菅野容疑者は一夜明けた23日朝、拘置先の八王子署内で発作を起こし、救急車で病院に搬送されたという。


 東京都八王子市の京王八王子駅ビル九階の書店で女性二人が殺傷された事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された菅野昭一容疑者(33)は、ビルのエレベーターを使って逃走した疑いが強いことが二十三日、警視庁捜査一課と八王子署の調べで分かった。

 菅野容疑者は事件前に、ビルから約四百メートル離れたスーパーで凶器の文化包丁を購入したと供述。捜査一課などは、事件前後の菅野容疑者の行動を捜査している。

 調べでは、二十二日午後九時四十分ごろ、菅野容疑者は書店で働いていたアルバイト店員の中央大四年・斉木愛さん(22)と女性客(21)を包丁で相次いで刺した。その後、エレベーターを使って逃走。包丁はビルのエレベーター内に落ちているのが見つかった。


 二十二日午後九時四十分ごろ、東京都八王子市明神町、京王八王子駅ビル九階の啓文堂書店京王八王子店で、刃物を持った男が、アルバイト店員の中央大四年・斉木愛さん(22)=八王子市打越町=を刺して逃げた。

 斉木さんは左胸を刺されており間もなく死亡。失血死とみられる。近くにいた女性客で大学生・原田夏希さん(21)も胸を刺され負傷したが、命に別条はないという。

 約三十分後、八王子署員が現場から約四百メートル先のJR八王子駅近くで不審な男を発見。職務質問に「わたしが刺しました」と話したため、無差別殺傷事件とみて、斉木さんに対する殺人未遂容疑で八王子市川口町、会社員・菅野昭一容疑者(33)を逮捕した。

 警視庁捜査一課と八王子署の調べに対し「仕事がうまくいかず、両親も相談に乗ってくれなかった。むしゃくしゃしてやった。無差別に人を殺そうと決意した。誰でもよかった」と供述。「大きな事件でも起こせば自分の名前もマスコミに出ると思ってやった」とも話したという。

 襲われた二人は菅野容疑者と面識はなかった。捜査一課は殺人容疑に切り替えて調べる。

 菅野容疑者の父親(69)は八王子市の自宅前で取材に応じ「(息子が)住んでいるのはここではない。SOSはなかった。相談なんかなかった」と話している。

 調べでは、菅野容疑者は、書店の入り口近くにいた斉木さんの胸を正面から包丁で一回刺した疑い。凶器は刃渡り約十五センチの文化包丁で、逃走ルートとみられるビルのエレベーター内に落ちていた。

 事件前、八王子市内の百円ショップで包丁を買ったと供述したという。診察券などが入った菅野容疑者の黒いリュックサックは書店に残っていた。書店の営業終了は午後十時だった。

 都内では六月、男が秋葉原の交差点にトラックで突入し、ダガーナイフで刺して七人を殺害、十人に重軽傷を負わせる無差別殺傷事件が起きたばかり。


 女性2人が死傷した東京都八王子市の京王八王子駅ビル殺傷事件で、駅ビルを管理する京王電鉄は23日夜、報道陣に、現場となった9階の書店などを公開した。

 同社側の説明によると、死亡した中央大4年でアルバイト店員の斉木愛さん(22)は書店の雑誌コーナーの陳列棚の間で倒れていた。周辺の雑誌などには飛び散った血の跡があったという。

 会社員・菅野昭一容疑者(33)は凶器の包丁を持ったまま、エレベーターホールまで逃走したとみられ、さまざまな所に血痕が点々とあったという。