イオンは30日、機能を絞り込み、価格を安くしたスマートフォンの端末と通信サービスのセットを、4月4日に発売することを明らかにした。端末代金と定額のネット利用料、通話基本料を合計した月額料金を2980円(税抜き)に抑えた。

 総合スーパー「イオン」のうち携帯電話の売り場がある約170店で取り扱う。4月1日から予約を受け付ける。当面は8千台の限定で売り出し、その後の対応は消費者の反応を見て検討する。

 大手携帯電話から回線を借りて割安な料金でサービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)を活用。契約者情報を記録した「SIMカード」を差し込んで使う。



 イオンが、通信サービスをセットにしたスマートフォン(高機能携帯電話)を低価格で発売することが30日、分かった。端末代金と基本料、定額のネット接続料を含め、携帯電話大手の半額以下の月額2980円(税抜き)で提供する。4月1日から予約を受け付け、4日から総合スーパー「イオン」の携帯電話売り場で販売する。

 端末は米グーグルと韓国LG電子が開発した「ネクサス4」で本体価格は3万4080円(24回払いの月1420円)。これに基本料とネット定額を1560円にした携帯電話用ICカード「SIMカード」を組み合わせる。

 携帯電話事業者から回線を借りて割安な料金でサービスを提供する仮想移動通信事業者(MVNO)を活用、ネット接続の通信速度を抑えることで低価格を実現した。メールやインターネットの閲覧の利用が中心の主婦や学生などを中心にに売り込む。

 当面は8千台限定で販売し、売れ行きをみて今後の展開を検討する。



 イオンが通信サービスをセットにした低価格スマートフォン(高機能携帯電話)を発売することが30日分かった。端末代金と基本料、定額のネット接続料を含め大手通信事業者の半額以下の月2980円(税抜き)で提供。4月1日から予約を受け付け、4日からイオンの携帯電話売り場で販売する。

 端末は米インターネット検索大手グーグルと韓国LG電子が開発した「ネクサス4」で、本体価格は3万4080円。24回払いの月1420円と基本料とネット定額を1560円にした携帯電話用ICカード「SIMカード」を組み合わせる。携帯電話事業者のネットワークを借りてサービスを提供する仮想移動通信事業者(MVNO)、日本通信の通信サービスを利用。ネット接続の通信速度を抑えることで低価格を実現し、メールやインターネットの閲覧の利用が中心の主婦や学生などに売り込む。まずは8000台限定で販売し、売れ行きをみて今後の展開を検討する。

 イオンはこれまでもSIMカードを販売。利用者は携帯電話事業者の制約がないスマホなどで使用していたが、端末とセットの商品を求める声が寄せられたため、販売を決めた。
Twitterボタン