人気アイドルグループ・AKB48の通算33枚目のシングル「ハート・エレキ」(30日発売)が店着(入荷)初日に102.1万枚を売り上げ、10/29付デイリーランキング首位に初登場。史上初となるシングル14作連続ミリオンを達成する金字塔を打ち立てた。

【一覧】AKBが大記録!10/29付デイリーランキング

 AKB48のシングルが100万枚を突破したのは、20thシングル「桜の木になろう」(2011年2月発売)から14作連続通算15作目。これまでB’zが持っていた13作連続(「LADY NAVIGATION」(1991年3月発売)~「Real Thing Shakes」(1996年5月発売)を17年5ヶ月ぶりに塗り替え、歴代1位の新記録を樹立した。

 シングル通算ミリオン獲得数でも、B’zの15作に並ぶ歴代1位タイ記録となり、次作以降での単独1位に王手。デイリーランキング初登場首位は、13thシングル「言い訳Maybe」(2009年8月発売)から21作連続となった。

 本作は1960年代に流行したグループ・サウンズ調のナンバー。AKB48が「世代交代」を加速させていたなかで、ちょうど8年前の2005年10月30日に「AKB48オープニングメンバーオーディション」に合格した1期生の小嶋陽菜(25)が、8年目にして初センターを務めたことでも話題となった。

 小嶋は「秋元(康)先生から『小嶋がセンターだ』とメールをもらったときは、何かの間違いで、迷惑メールか何かかと最初は思ってしまいましたが、こんな光栄な記録に残るシングルのセンターをやらせていただけたことが、本当にうれしいです」と感激。同期の高橋みなみ(22)も「14作連続ミリオンを達成したことが新記録だと伺い、うれしいと同時に、大変光栄なことだと思っています。これからも慢心せず、この記録に恥じないよう、メンバー一同頑張っていきたいと思います」と気持ちを新たにした。

■歴代アーティスト別シングル連続ミリオン獲得数
1. AKB48…14作連続(11年2月「桜の木になろう」~13年10月「ハート・エレキ」)
2. B’z…13作連続(91年3月「LADY NAVIGATION」~96年5月「Real Thing Shakes」)
3. Mr.Children…8作連続(93年11月「CROSS ROAD」~96年4月「花-Memento-Mori-」)




 人気アイドルグループ「AKB48」の33枚目のシングル「ハート・エレキ」(30日発売)が発売初日で約102万1000枚を売り上げたことが、30日に発表されたオリコンデイリーランキング(10月29日付)で明らかになった。AKB48のシングルがミリオンを達成するのは、20作目の「桜の木になろう」(2011年2月発売)から14作連続で通算では15作目。ロックバンド「B’z」が「LADY NAVIGATION」(1991年3月発売)から「Real ThingShakes」(96年5月発売)で記録した13作連続を塗り替え、68年1月のオリコン週間ランキング発表開始以来、歴代新記録となった。

【写真特集】こじはるがセンター初体験 ライブも模様

 また、通算のシングルミリオン獲得数もB’zの通算15作に並ぶ歴代1位タイとなり、デイリーシングルランキング初登場首位は13作目の「言い訳Maybe」(2009年8月発売)から21作連続となった。

 AKB48の総監督を務める高橋みなみさんは「これからも慢心せず、この記録に恥じないよう、メンバー一同頑張っていきたいと思います」とコメント。センターを務める小嶋陽菜さんは「秋元先生から『小嶋がセンターだ』とメールをもらったときは、何かの間違いで、迷惑メールか何かかと最初は思ってしまいましたが、こんな光栄な記録に残るシングルのセンターをやらせていただけたことが、本当にうれしいです」と喜んでいる。

 「ハート・エレキ」は、9月18日に行われた「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」のステージ上で初披露された楽曲で、小嶋さんが加入から8年目にして初センターを務めていることも話題になっている。(毎日新聞デジタル)




 30日に発売されたAKB48の33枚目のシングル「ハート・エレキ」(You、Be Cool!/KING RECORD)が店着初日を集計した29日付けオリコンランキングで102万1000枚を売り上げ、初日ミリオンを達成した。

 AKB48のシングルミリオンは、20作目の「桜の木になろう」(2011年2月発売)から14作連続通算15作目。14作連続のシングルミリオンは、これまでロックバンドのB’zが持っていた13作連続(「LADY NAVIGATION」(1991年3月発売)~「Real Thing Shakes」(1996年5月発売))を塗り替える、1968年1月の週間ランキング発表開始以来の歴代新記録となった。

 また、今作でAKB48は通算のシングルミリオン獲得数記録でもB’zの通算15作に並ぶ歴代1位タイとなり、次作以降での単独1位に王手を掛けた。デイリーシングルランキング初登場首位は13作目の「言い訳Maybe」(2009年8月発売)から21作連続となった。

 今作は1960年代に流行ったグループ・サウンズ調のナンバー。9月18日に行われた「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」のステージ上で初披露され、第1期メンバーである小嶋陽菜(25)が8年目にして初めてセンターを務めたことでも話題となった。

 日本音楽史上に金字塔を打ち立てたことにメンバーの総監督、高橋みなみ(22)は「多くのファンの方に支えて頂いていることの証だと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。これからも慢心せず、この記録に恥じないよう、メンバー一同がんばっていきたいと思います」とコメント。さらに小嶋は「秋元先生から『小嶋がセンターだ』とメールをもらったときは、何かの間違いで、迷惑メールか何かかと最初は思ってしまいましたが、こんな光栄な記録に残るシングルのセンターをやらせて頂けたことが、本当に嬉しいです」と歓喜している。




 30日に発売されたAKB48の33枚目のシングルCD「ハート・エレキ」が初日に売り上げ100万枚を超えた。オリコンによると、シングルCDとしては14作連続のミリオンセラーで、「B’z」が持つ記録を更新した。




 アイドルグループ・AKB48が、30日にリリースした33枚目のシングル「ハート・エレキ」で102万1000枚を売り上げ、史上初となる14作連続のシングルミリオンを達成。同楽曲で初センターを務めた小嶋陽菜が喜びのコメントを寄せた。

他の写真を見る

 29日付のオリコンデイリーランキングで初登場首位とともに初日ミリオンを達成した同作。AKB48のシングルミリオンは、20作目の「桜の木になろう」(2011年2月発売)から14作連続通算15作目。14作連続のシングルミリオンは、これまでロックバンド・B’zが持っていた13作連続を塗り替える歴代新記録となった。また、今作でAKB48は通算のシングルミリオン獲得数記録でも、B’zの通算15作に並ぶ歴代1位タイとなり、次作以降での単独1位に王手。デイリーシングルランキング初登場首位は13作目の「言い訳Maybe」(2009年8月発売)から21作連続となった。

 この偉業達成にAKBの総監督を務める高橋みなみは、「嬉しいと同時に、大変光栄なことだと思っています。これからも慢心せず、この記録に恥じないよう、メンバー一同がんばっていきたいと思います」とコメント。また、初センターを務めた小嶋は、「秋元先生から『小嶋がセンターだ』とメールをもらったときは、何かの間違いで、迷惑メールか何かかと最初は思ってしまいましたが」と、センターを言い渡された時のことを振り返るとともに、「こんな光栄な記録に残るシングルのセンターをやらせて頂けたことが、本当に嬉しいです」と喜んだ。





AKB48 こじはる初センターシングルで、史上初14作連続ミリオン達成
 AKB48のニューシングル『ハート・エレキ』が、店着初日の集計で102.1万枚の売り上げを記録(オリコン調べ)し、10月29日付オリコンデイリーランキングで1位に立った。

その他の写真など

 【34thシングル選抜じゃんけん大会】で初披露された「ハート・エレキ」は、小嶋陽菜が初めてセンターを務めていることでも話題のグループ・サウンズ風ナンバー。初日デイリー1位と好スタートを切るとともに、彼女たちのシングルでのミリオンは14作連続(通算では15作目)となり、歴代新記録を達成したこととなる。


◎小嶋陽菜のコメント
秋元先生から「小嶋がセンターだ」とメールをもらったときは、何かの間違いで、迷惑メールか何かかと最初は思ってしまいましたが、こんな光栄な記録に残るシングルのセンターをやらせて頂けたことが、本当に嬉しいです。
これからも皆様の期待に応えていければと思いますので、ぜひ応援よろしくお願い致します。

◎高橋みなみのコメント
AKB48 33枚目のシングル「ハート・エレキ」がミリオン達成とのこと、大変嬉しく思います。
そして、グループとしてリリースしてきたシングルが14作連続ミリオンを達成したことが新記録だと伺い、嬉しいと同時に、大変光栄なことだと思っています。
これも、AKB48が多くのファンの方に支えて頂いていることの証だと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。
これからも慢心せず、この記録に恥じないよう、メンバー一同がんばっていきたいと思います。



 AKB48が14作連続でシングルミリオンを売り上げB’Zを抜いて記録を更新し、史上初の偉業を達成したことが30日、わかった。

秋元氏が“許可”?「大島優子AKB卒業」を追跡

 この日に発売されたAKB48の33rdシングル「ハート・エレキ」が29日付オリコンデイリーランキングで102万1000枚を売り上げた。

 20作目の「桜の木になろう」(2011年2月)から14作連続、通算15作目のミリオンを達成。これまではB’Zの13作連続が最高だった。

「ハート~」は第1期メンバー小嶋陽菜(25)が8年目にして初センターを務めたことで話題になった。

★小嶋陽菜=秋元先生から「小嶋がセンターだ」とメールをもらったときは、何かの間違いで、迷惑メールか何かと最初は思っていましたが、こんな光栄な記録に残るシングルのセンターをやらせていただけたことが、本当にうれしいです。これからも皆様の期待に応えていければと思いますので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

★高橋みなみ=新記録だとうかがい、うれしいと同時に大変光栄なことだと思っています。これもAKB48が多くのファンの方に支えていただいていることの証しだと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。これからも慢心せず、この記録に恥じないよう、メンバー一同頑張っていきたいと思います。



AKB48が日本音楽史にその名を残す金字塔を打ち立てた。

10月30日に発売されたAKB48の33枚目のシングル「ハート・エレキ」が店着初日を集計した10月29日付オリコンデイリーランキングで102.1万枚を売り上げ、初日でミリオンを達成。AKB48のシングルミリオンは20作目の「桜の木になろう」(2011年2月発売)から14作連続の通算15作目で、14作連続のシングルミリオンはこれまでB'zが持っていた13作連続(「LADY NAVIGATION」(1991年3月発売)~「Real Thing Shakes」(1996年5月発売))を塗り替える、1968年1月の週間ランキング発表開始以来の歴代新記録となった。

【その他の画像】

また、今作でAKB48は通算のシングルミリオン獲得数記録でも、B'zの通算15作に並ぶ歴代1位タイとなり、次作以降での単独1位に王手。デイリーシングルランキング初登場首位は13作目の「言い訳Maybe」(2009年8月発売)から21作連続となった。

9月の「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」のステージ上で初披露された本作「ハート・エレキ」は、1960年代に流行ったグループサウンズ調のナンバー。第1期メンバーである小嶋陽菜が8年目にして初センターを務めたことでも話題となっていた。

【高橋みなみ コメント】
AKB48 33枚目のシングル「ハート・エレキ」がミリオン達成とのこと、大変嬉しく思います。そして、グループとしてリリースしてきたシングルが14作連続ミリオンを達成したことが新記録だと伺い、嬉しいと同時に、大変光栄なことだと思っています。これも、AKB48が多くのファンの方に支えて頂いていることの証だと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。これからも慢心せず、この記録に恥じないよう、メンバー一同がんばっていきたいと思います。

【小嶋陽菜 コメント】
秋元先生から「小嶋がセンターだ」とメールをもらったときは、何かの間違いで、迷惑メールか何かかと最初は思ってしまいましたが、こんな光栄な記録に残るシングルのセンターをやらせて頂けたことが、本当に嬉しいです。これからも皆様の期待に応えていければと思いますので、ぜひ応援よろしくお願い致します。




 音楽情報会社オリコンは30日、AKB48の最新シングル「ハート・エレキ」が発売初日に約102万枚を売り上げ、14作連続シングルミリオンセラーの新記録を達成したと発表した。これまではB’zとAKB48が連続13作で並んでいた。AKB48はミリオンの通算獲得数でも今回、B’zの15作に並び、歴代1位タイとなった。

 AKB48のシングルは平成23年2月発売の「桜の木になろう」からミリオンを続けている。「ハート・エレキ」は1960年代に流行ったグループ・サウンズ調のナンバーで、小嶋陽菜が初センターを務めている。

 小嶋はオリコンを通じて「こんな光栄な記録に残るシングルのセンターをやらせていただけたことが、本当に嬉しいです」とコメント。「秋元先生から『小嶋がセンターだ』とメールをもらったときは、何かの間違いで、迷惑メールか何かかと最初は思ってしまいました」というエピソードも明かした。




 AKB48の33枚目のシングル「ハート・エレキ」が30日、発売され、初日売り上げ102・1万枚でミリオン突破を果たした。29日付オリコンデイリーシングルランキングはもちろん初登場1位。これでシングル14作連続ミリオンを達成したAKB48は、B,zの13作を抜いて、歴代新記録の金字塔を樹立。AKBが保持する発売初日ミリオン記録も、3作連続の通算6作目に更新した。

【写真】こじはる、ピンクのナース衣装でドッキリ発言!

 日本の音楽シーンの記録を塗り替え続けるAKBが、また偉業を成し遂げた。連続でのシングルミリオン記録を14に伸ばし、前人未到の領域に足を踏み入れた。ミリオン数だけでいえば15作目となり、B’zと並んで歴代1位タイになった。

 2011年2月発売の「桜の木になろう」から積み上げてきた、栄えある「14」という数字。グループ総監督の高橋みなみ(22)は「14作連続ミリオンを達成したことが新記録だと伺い、うれしいと同時に、大変光栄なことだと思っています。これも、AKB48が多くのファンの方に支えていただいていることの証し」と誇らしげにコメントした。

 新曲「ハート・エレキ」は、1期生の小嶋陽菜(25)が初めてセンターポジションを務めた曲。小嶋は、「秋元先生から『小嶋がセンターだ』とメールをもらったときは、何かの間違いで、迷惑メールか何かかと最初は思っていました」と大抜てきをおっとり振り返り「こんな光栄な記録に残るシングルのセンターをやらせていただけたことが、本当にうれしいです」と自身がセンターとなった曲で新記録となったことを喜んでいた。




 AKB48の新曲「ハート・エレキ」が発売初日の29日付オリコンデイリーランキングで、売り上げ102.1万枚を記録。“シングル14作連続ミリオン”のオリコン新記録を達成したことが30日、発表された。

 B’zの13作連続を塗り替え、ミリオン獲得も通算15作となりB’zと並び歴代1位に。同曲で初のセンターに立った小嶋陽菜(25)は「こんな光栄な記録に残るシングルのセンターをやらせていただけたことが本当に嬉しいです」と興奮気味にコメントした。



 AKB48の最新シングル「ハート・エレキ」がオリコンの29日付の集計で102万1000万枚を売り上げたと30日、発表された。

 シングルのミリオンセールスは11年2月発売の「桜の木になろう」から14作連続となり、B’zが持っていた13作連続の最長記録を塗り替えた。

 高橋みなみ(22)は「うれしいと同時に大変光栄なこと」と感激。同曲でセンターを務めた小嶋陽菜(25)は「こんな光栄な記録が残るシングルのセンターをやらせていただけたことが本当にうれしい」と喜んだ。




 人気アイドルグループ・AKB48が、ニッポン放送の24時間番組『第39回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』(12月24日正午~)のパーソナリティに決定し、メンバーの高橋みなみが31日、同局で行われた記者会見に出席した。

【動画】たかみな、「AKBの人気がいつまで続くかはわからない」

 前日に発売された新曲「ハート・エレキ」が初日102.1万枚を売り上げ、史上初の14作連続ミリオンの記録を達成したことを受けて高橋は「ありがたいことにたくさんの皆さんに自分たちの曲を聴いていただくことができているので、すごくうれしい気持ちでいっぱいです」とファンに感謝。「きっと小嶋(陽菜)さんが“よかった”と肩(胸)をなでおろしているに違いない」と珍回答しながらも「ああ見えて、センターというプレッシャーがあったと思うので」と8年目で初センターを務めた同期を労った。

 B’zが持っていた13作連続ミリオンの記録を17年ぶりに更新したことには「恐れ多いですね。今でもすばらしい方々ですし、ずっと私たちも聴いてきているので」と恐縮しつつも「ファンの皆さんが支えてくださった結果だと思うので、素直に喜ばせていただきたいと思います」と笑顔をみせた。

 1975年にスタートした同番組は、目の不自由な人のために「音の出る信号機」を設置するためのチャリティーキャンペーン。12月24日正午から翌25日正午まで同局で生放送し、募金を呼びかける。














画像1
画像1
画像1
画像1