先週9/11付で、女性アーティストのデビュー作としては、史上最高の初動売上を記録(※グループからのソロ・デビューは除く)、女優の歌手デビュー作としては広末涼子以来、10年ぶりのTOP3入り達成と、記録ずくめの歌手デビューを果たした沢尻エリカ。

今週、そのデビュー作、Kaoru Amane「タイヨウのうた」が先週の2位から上昇し、首位を獲得した(累積売上26.1万枚)。

 本作は、沢尻エリカが主演を務めるTBS系ドラマ『タイヨウのうた』での役名「雨音薫」としてリリースした同ドラマの劇中歌。女優のデビュー作による首位獲得は、1994/10/31付の内田有紀「TENCAを取ろう!―内田の野望―」以来、11年11ヶ月ぶり。初登場から2週連続でのTOP3入りも、1989/9/25付、10/2付でともに2位の宮沢りえ「ドリームラッシュ」(最高位2位)以来、16年11ヶ月ぶりと、女優による歌手デビュー作としては史上稀に見る大ヒットとなっている。

 また、女性アーティストのドラマの役名での首位は、CX系『スケバン刑事Ⅲ』に出演の浅香唯、大西結花、中村由真の3名が「風間三姉妹」名義でリリースした同ドラマの主題歌「Remember」(首位日付:1987/10/26付)で獲得して以来、18年11ヶ月ぶり。史上2組目の快挙となった。


 同作は今週、11.1万枚を売上げ、初登場の先週(15.0万枚)に引き続いて10万枚突破を記録。これは昨年12月発売のEXILE「ただ…逢いたくて」以来、女性アーティストでは2004年8月発売の柴咲コウ「かたちあるもの」以来、約2年ぶりと、ここ数年でも高水準の推移を見せている。

ちなみに、沢尻エリカが先週初登場2位となった時の1位はこちらも初登場のGYM「フィーバーとフューチャー」で初動22.6万枚だった。

今週の2位は初登場のキグルミ「たらこ・たらこ・たらこ」で初動5.0万枚だった。
画像1

女優による主な歌手デビューシングル。

最高1位を獲得したのは、

薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」(1981/11/21)。累積86.5万枚。

内田有紀「TENCAを取ろう!―内田の野望―」(1994/10/21)。累積43.7万枚。

そして、Kaoru Amaneこと沢尻エリカの「タイヨウのうた」の3つだ。