17日スタートの戸田恵梨香(22)と三浦春馬(20)主演の月9ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」(フジテレビ系、月曜後9・00)の初回平均視聴率が12・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、分かった。前クール(2010年10~12月)の同時間帯枠で放送された「流れ星」(竹野内豊主演)の初回平均視聴率13・6%と比べると、やや低調なスタートと言えそうだ。

 「大切なことはすべて君が教えてくれた」は結婚を控えた上村夏実(戸田)と柏木修二(三浦)という2人の教師と、修二と関係を持った一人の女子生徒・佐伯ひかりとの三角関係を軸に描く“試される愛”をテーマにした禁断の学園ドラマ。戸田と三浦はともに本作が月9初主演で、初の教師役に挑戦している。

 共演には800人のオーディションを勝ち抜いてひかり役を射止めた武井咲(17)、戸田演じる夏実の親友・東堂さやか役のAKB48の篠田麻里子(24)、ひかりを見守る看護師・水谷亜弥役の内田有紀(35)ら。17日の初回は15分の拡大版で放送された。
画像1

W主演を務めた戸田恵梨香(22)と三浦春馬(20)。

画像1

主演の三浦春馬&戸田恵梨香のほか、武井咲(18)、AKB篠田麻里子(24)、内田有紀(35)らも出演。