29日午後11時54分から翌30日午前2時40分までテレビ朝日系で生中継された、サッカーのアジア・カップ決勝「日本―オーストラリア」の平均視聴率が33・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが31日、分かった。関西地区は33・5%だった。

 関東地区は30日午前0時46分の37・5%が瞬間最高視聴率で、関西地区は39・2%。いずれも前半終了の時間帯だった。

 25日の準決勝、対韓国戦は平均35・1%、瞬間最高40・6%(いずれも関東地区)、関西地区は平均34.2%、瞬間最高39.9%だった。