EXILEのパフォーマー、AKIRA(32)が10月スタートのフジテレビ系「ハニー・トラップ」(土曜後11・10)に主演し、産業スパイに陥れられた商社マンを演じることが4日、分かった。仕事も生活も失った主人公が逆襲を繰り広げるサスペンスで、パフォーマーとしての身体能力を生かしたアクションシーンも登場。妻役は女優、仲間由紀恵(33)が演じる。

 ドラマは、企業の秘密情報を入手する産業スパイの世界を描いた異色サスペンス。AKIRA演じる一流商社マンの美山悠一は、全社を挙げた新事業に関わることになった業界の時の人。だが、何者かに新事業の情報が盗まれ、情報漏洩の容疑で謹慎処分に。名声や裕福な生活を奪われ、失ったものを取り戻そうと逆襲を試みる-。

 AKIRAはEXILEのパフォーマーにとどまらず、昨年放送の同局系「GTO」で主人公の元ヤンキー熱血教師を好演するなど、役者としての活躍もめざましい。

 同局制作側は「表現者としてあらゆる変化に対応でき、肉体的、精神的にタフな印象を持ち合わせる俳優は、AKIRAさんしかいない」と、そのマルチな活躍から白羽の矢を立て、日本を代表するパフォーマンス集団きっての演技派の起用を決めた。

 「ハニー・トラップ」のタイトル通り、主人公の前には窮地に陥れようとする登場人物が次々と現れ、だまし合いの心理戦を展開。スリリングな展開とともに、パフォーマーとして鍛え抜かれたAKIRAによるアクションシーンもふんだんに登場し、大きな見どころとなる。

 見えない敵と戦う主人公を支える妻・美山なつみ役は、AKIRAと初共演となる仲間由紀恵。美しく、料理上手で夫を第一に考える絵に描いたような良妻だが、物語の鍵を握る重要人物だ。

 AKIRAは「『ハニー・トラップ』の世界観の中で心身ともに追い込むことで、また新たな自分の一面を開拓できたら」とストイックに撮影に臨む覚悟を語った。

 産業スパイという異色の題材には「平和な日本の中でも企業情報や個人情報の管理の大切さ、重要さも改めて感じていただけるような作品になればと思っております」と社会派ドラマとしての役割を担うことも誓った。




 EXILEのパフォーマー、AKIRA(32)が10月スタートのフジテレビ系「ハニー・トラップ」(土曜後11・10)に主演し、産業スパイに陥れられた商社マンを演じることが4日、分かった。

 共演陣も豪華で、AKIRA演じる主人公が重要機密を漏らしたのかどうかを監視する国際特許事務所の所長役に高嶋政伸(46)、その部下に池内博之(36)、内山理名(31)、ライバル会社のヘッドハンター役に小澤征悦(39)が起用された。個性派&演技派たちが主人公の前に立ちはだかるが、物語の行方を左右するキーパーソンは誰か?





EXILEのAKIRAと女優の仲間由紀恵が、フジテレビ系10月スタートの土曜ドラマ「ハニー・トラップ」(午後11時10分~)に出演することがわかった。

【他の写真を見る】EXILE・AKIRA&仲間由紀恵が夫婦に コメント到着

今作は、産業スパイの世界を描いたサスペンス。一流商社で働く主人公・美山悠一は、上司からの期待、裕福な生活、美しい妻など、すべて思い通りの生活を送っていたが、ある日、もろくも崩れ去る。何者かに新事業の情報が盗まれ、悠一は情報漏えいの容疑者として上司から謹慎処分を下されてしまう。しかし、悠一は失ったものを取り戻すために立ち上がり、逆襲していくといった様子が描かれる。

仕事を第一に考え一流商社の先端材料の研究員・美山悠一をAKIRA、このドラマの大きな鍵となり経理部に勤務している悠一の妻を仲間が演じる。そのほか、高嶋政伸(特別出演)、小澤征悦、池内博之、内山理名など、個性あふれる演技派の豪華俳優陣が勢揃い。

AKIRAは、「このドラマに携わることで、日本は、世界で最も産業スパイが暗躍しているという事実を知りました。そして、自分達の身近にも産業スパイが潜んでいる現状を知りました。ドラマのハラハラ、ドキドキな心理戦や駆け引き、ストーリーと共に、平和な日本の中でも、企業情報や個人情報の管理の大切さ、重要さも改めて感じていただけるような作品になればと思っております」とコメント。

フジテレビ編成部の編成企画・太田大氏は、「EXILEのメンバーとしてダンスをはじめとするパフォーマンスの世界を追及されてきているAKIRAさんと、国民的な俳優として演技の世界で活躍されてきた仲間さん。それぞれ違ったプロフェショナリズムを背負いながら第一線で相当ストイックに走られてきたお二人だからこそ持つ、意地とプライドを、産業スパイという未知の世界においてさまざまな苦境に直面する夫とその妻という、演じる上で相当なエネルギーの要る役柄にぶつけていただきたくお願いいたしました」と明かし、プロデュースの高石明彦氏は「『ハニー・トラップ』というタイトルの通り、誰かが誰かをはめています。一体、誰が本当の悪なのか? 豪華キャストの共演が、このドラマをよりサスペンスフルに創造し、さらなる緊張感をもたらします。さらに、ハラハラドキドキのタイムサスペンス、息が詰まるような心理戦、ハリウッド仕込みの本格アクションシーンが、このドラマの大きな見どころです」とアピールした。(モデルプレス)




 「EXILE」のパフォーマーで俳優としても活躍するAKIRA(32)が10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「ハニー・トラップ」(土曜後11・10)に主演することが5日、同局から発表された。

フジテレビ「金8」もドラマ枠!Mステなどに挑戦状

 一流商社を舞台に、産業スパイに仕事も私生活も奪われた商社マンが、妻の支えで逆襲していく姿を描くサスペンス。パフォーマーとしてだけでなく、「GTO」「ビブリア古書堂の事件手帖」(いずれもフジテレビ)などで役者としても着実に実力を伸ばしているAKIRAがエリート研究員という新境地に挑む。

 AKIRAが演じる美山悠一は、最新技術を駆使した素材のプロジェクトを中心となって進める研究者。切れ者ながら朴とつとした人柄で社内の評判も良いが、その才能や仕事ぶりをやっかむ人間も多い…といった役どころだ。妻・美山なつみを演じるのは仲間由紀恵(33)。悠一とは社内結婚で、料理上手で貞淑、夫のことを第一に考えるという理想的な妻で、エリートから転落した夫を献身的に支えていく。

 AKIRAは「『ハニー・トラップ』の世界観の中で心身共に追い込むことで、また、新たな自分の一面を開拓できたらと思っております!」とコメント。今回、日本は世界でもっとも産業スパイが暗躍している事実を知ったといい、「ドラマのハラハラ、ドキドキな心理戦や駆け引き、ストーリーと共に、平和な日本の中でも、企業情報や個人情報の管理の大切さ、重要さも改めて感じていただけるような作品になればと思っております」と意気込んでいる。

 編成企画を務める同局編成部の太田大氏はAKIRAと仲間の異色の顔合わせについて「ドラマ内で展開するさまざまな裏切りや衝撃に負けることなく、かつ緊張感を100%表現できる夫婦役を演じていただけることと期待しています」と説明。AKIRAが持ち前の肉体美と運動神経を生かしたアクションシーンもふんだんに盛り込まれており、大きな見どころとなる。

 主人公を取り巻く“怪しい人物”を演じるのが高嶋政伸(46)、小澤征悦(39)、池内博之(36)、内山理名(31)といった個性派たち。撮影は今月下旬にスタートする。





 EXILEのパフォーマー・AKIRAが10月スタートのフジテレビ系ドラマ『ハニー・トラップ』(毎週土曜 後11:10)に主演することが5日、明らかになった。産業スパイに仕事も私生活も全て奪われ、地獄に落ちる商社マンを演じるAKIRAは「(ドラマの)世界観の中で心身共に追い込むことで、また、新たな自分の一面を開拓できたらと思っております」と新境地に期待。主人公を支え、守り抜こうとする理想的な妻役には、女優の仲間由紀恵が起用され、異色のカップリングでスリリングなスパイサスペンスを展開する。

【動画】EXILE・AKIRA&MATSUがカレないなダンスを披露

 日本は、世界で最も産業スパイが暗躍している「産業スパイ天国」とも揶揄(やゆ)される。その理由は、スパイ行為を取り締まる専門家がいないこと。世界でトップクラスの最新技術を持ち、豊富な情報が行き交うこの国で、貴重な財産であるはずの情報が毎日どこかで盗まれているかもしれない。いとも簡単に機密情報が流失してしまう社会の中で、人は何を信じて生きていけば良いのかを問う。

 AKIRAも「自分たちの身近にも産業スパイが潜んでいる現状を知りました。ドラマのハラハラ、ドキドキな心理戦や駆け引き、ストーリーと共に、平和な日本の中でも、企業情報や個人情報の管理の大切さ、重要さも改めて感じていただけるような作品になればと思っております」とやりがいを感じている。

 『GTO』(同局系)では元ヤンキーの熱血教師、『ビブリア古書堂の事件手帖』(同局系)では本アレルギーのフリーターと、役者としての経験も積んでいるAKIRA。今作では、持ち前の肉体美と抜群の運動神経を生かしたアクションシーンも見どころとなる。

 仲間は、AKIRA演じる悠一の妻で、夫と同じ会社の経理部に勤務する美山なつみ役。なつみは、料理が上手で、夫のことを第一に考え、見えない敵に狙われる夫を、自らの身を削って支えるまさに理想的な良き妻を体現する。

 主人公たちを取り巻く人物に、高嶋政伸(特別出演)、小澤征悦、池内博之、内山理名らの出演も決定している。





EXILEのAKIRA、女優の仲間由紀恵が、10月スタートのフジテレビ系ドラマ『ハニー・トラップ』(毎週土曜23:10~23:55)に出演することが5日、明らかになった。

同作は、一流商社に務め、最新技術を駆使したある素材プロジェクトに携わる研究員・美山悠一(AKIRA)を主人公に、彼が産業スパイのたくらみによってすべてを失うものの、それを取り戻すために逆襲に打って出るという本格スパイサスペンス。裏切りが裏切りを呼ぶ心理戦、だましあいの連続に、何が真実で誰が黒幕なのか、手に汗握る予測不可能な展開が見どころとなっている。

主演を務めるのは、『GTO』(2012年)では元ヤンキーの熱血教師、『ビブリア古書堂の事件手帖』(2013年)では本アレルギーのフリーターと、作品によって異なる表情を見せ、役者としての実力を着実に伸ばしているAKIRA。「『ハニー・トラップ』の世界観の中で心身共に追い込むことで、また、新たな自分の一面を開拓できたらと思っております!」と意気込み、「平和な日本の中でも、企業情報や個人情報の管理の大切さ、重要さもあらためて感じていただけるような作品になればと思っております」と作品に込める思いを語った。

また、仲間が演じるのが、悠一を献身的に支える妻で、同じ会社の経理部に務める美山なつみ。料理上手で夫のことを第一に考えるという理想の妻で、地の果てに落とされ、見えない敵に狙われる夫を、自らの身を削って支える。また、ドラマには主人公を取り巻く怪しい人物たちが次々と登場。高嶋政伸(特別出演)、小澤征悦、池内博之、内山理名といった個性あふれる演技派俳優陣が、強烈なキャラクターを演じる。

AKIRAは「日本を代表する女優、仲間由紀恵さんや豪華キャストの皆さまとご一緒できることに心から感謝しております!」と豪華俳優陣との共演を喜び、「皆さまとご一緒することでまた一つ学びと共に成長できたらと思います」と語っていた。ドラマは9月下旬にクランクイン予定。





 EXILEのパフォーマーで俳優としても活動するAKIRAが、10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『ハニー・トラップ』の主演に決定した。産業スパイに仕事も私生活も全てを奪われて地獄に落ちる商社マン役に挑戦する。共演は女優の仲間由紀恵ら。

共演者の写真

 同ドラマは、一見平和に見えるも実は世界で最も産業スパイが暗躍おり、「産業スパイ天国」とも揶揄(やゆ)されている日本の現状にスポットを当てる社会派サスペンスドラマ。

 AKIRAが演じるのは、一流商社に勤務する先端材料の研究員・美山悠一。性格は朴訥(ぼくとつ)として人柄も良く、周囲の評判は良いが、全社を挙げた大プロジェクトの責任者に抜擢されるなど、秀でた才能や仕事ぶりをやっかむ人間は多い……といった役どころだ。ある日、新事業の情報が何者かに盗まれ、悠一は情報漏えいの容疑者とされ、さらに自宅も荒らされ、それまでに手にした裕福な生活や名声をすべて失ってしまう。それらを取り戻すために立ち上がり逆襲する悠一の前に怪しい人物たちが次々に現れ、裏切りがまた裏切りを呼ぶ心理戦を繰り広げる、というストーリーで、AKIRAの肉体美と運動神経を生かしたアクションシーンもある。

 そんな悠一を自らの身を削って支える妻・なつみ役に仲間由紀恵。悠一が務める会社の経理部に勤務し、料理が上手で、夫のことを第一に考え、貞淑でまさに理想的な良き妻を演じる。そのほか、怪しい人物として高嶋政伸や小澤征悦、池内博之、内山理名らが脇を固める。

 産業スパイサスペンスに挑むことについてAKIRAは、「土ドラ初、そして自身でも初の産業スパイサスペンスということですごく楽しみにしております。『ハニー・トラップ』の世界観の中で心身共に追い込むことで、また、新たな自分の一面を開拓できたらと思っております!」と意気込みを語っている。

 『ハニー・トラップ』はフジテレビ系で10月スタート、毎週土曜午後11時10分~11時55分放送。






 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」のAKIRAさんが、10月にスタートするフジテレビの連続ドラマ「ハニー・トラップ」の主演を務めることが5日、明らかになった。AKIRAさんは、産業スパイに仕事も私生活も全てを奪われ、逆襲する商社マン・美山悠一という役どころ。その夫を支える献身的な妻・なつみ役を仲間由紀恵さんが務め、人気ドラマ「GTO」(同局)と「ごくせん」(日本テレビ系)で不良生徒を次々と更生させる“カリスマ教師”をそれぞれ演じてきた2人が強力カップルを演じる。

【写真特集】AKIRAさん「GTO」時代の金髪姿

 ドラマは、日本にはびこる産業スパイの世界にスポットを当てた社会派ドラマ。主人公を追いつめようとする怪しい人物たちとのハラハラドキドキの心理戦やだまし合いなど、最後まで予測不能なサスペンスが展開し、AKIRAさん持ち前の肉体美と運動神経をいかしたアクションシーンも登場するという。AKIRAさんは「ドラマの世界観の中で心身共に追い込むことで、また新たな自分の一面を開拓できたらと思っております!」とコメントしている。

 一流商社で最新技術を駆使したある素材のプロジェクトを進める悠一は、周囲からも期待され、同じ商社に勤める美しい妻に支えられ、順風満帆な生活を送っていた。しかし、何者かに新事業の情報が盗まれ、悠一は情報漏えいの容疑者として上司から謹慎処分を下される。一緒に新事業を進めていた大学教授の父も姿を消し、自宅も荒らされ、一瞬のうちにすべてを失ってしまう。悠一は失ったものを取り戻すために立ち上がり、逆襲していく……という展開。主人公を取り巻くキーパーソンとして、高嶋政伸さん、小澤征悦さん、池内博之さん、内山理名さんといった豪華キャストが登場する。

 編成企画を手がける太田大さんは、AKIRAさんと仲間さんの起用について「第一線で相当ストイックに走られてきたお2人だからこそ持つ、意地とプライドを、相当なエネルギーのいる役柄にぶつけていただきたくお願いした」といい、「ドラマ内で展開するさまざまな裏切りや衝撃に負けることなく、かつ緊張感を100%表現できる夫婦役を演じていただけることと期待しています!」と語っている。

 ドラマは、10月から毎週土曜午後11時10分~同55分に放送。(毎日新聞デジタル) 





10月のフジテレビ土曜ドラマ、通称“土ドラ”は、スパイサスペンス「ハニー・トラップ」を放送することが決定した。主演はEXILEのAKIRA。AKIRAが演じるのは、一流商社の先端材料の研究員・美山悠一。悠一は、競合会社もこぞって入札をもくろむ新事業の責任者として、全社を挙げた大プロジェクトの中心的人物。仕事を第一に考えるタイプで、押しの強さはないが、人柄も良く、評判はいい。しかし、その秀でた才能や仕事ぶりをやっかむ人間も多く、敵が多い…といった役どころ。本作はスパイサスペンスというだけあって、持ち前の肉体美と抜群の運動神経を生かしたアクションシーンも見どころとなっている。

仲間由紀恵演じる美山なつみは妻として、AKIRA演じる悠一を支える

そして、AKIRAを支える妻役の仲間由紀恵。悠一と同じ会社の経理部に勤める美山なつみ役を演じる。なつみは、料理が上手で、夫のことを第一に考え、貞淑でまさに理想的な良き妻。地の果てに落とされ、見えない敵に狙われる夫を、自らの身を削って支える。また、主人公を取り巻くキーパーソンたちが次々と怪しい人物として登場予定。高嶋政伸(特別出演)、小澤征悦、池内博之、内山理名といった個性あふれる演技派の面々が、どぎついキャラクターを演じ、本作を大いに盛り立てる。

【あらすじ】一流商社で最新技術を駆使したある素材のプロジェクトを進める美山悠一(AKIRA)は、上司からも期待され、まさに商社界の時の人。同じ商社に勤める妻のなつみ(仲間由紀恵)は、温かく悠一をサポートしてくれる、まさに理想の妻だった。上司からその新事業を一緒に進めてほしい、と命じられた人物は、奇しくも同じ素材の研究をしている大学教授で悠一の実父だった。悠一の母は少年時代に病死。仕事に没頭するあまり、母の最期を看取らなかった父に対して、恨みに近い感情を悠一は抱いていた。そんなある日、悠一の幸せな生活がもろくも崩れ去る。何者かに新事業の情報が盗まれ、悠一は情報漏えいの容疑者として上司から謹慎処分を下される。父親も大学から姿を消し、自宅も荒らされ、一瞬のうちにすべてを失ってしまう。悠一は失ったものを取り戻すために立ち上がり、逆襲していく。

主演のAKIRAは「土ドラ初、そして自身でも初の産業スパイサスペンスということですごく楽しみにしております。『ハニー・トラップ』の世界観の中で心身ともに追い込むことで、また、新たな自分の一面を開拓できたらと思っております・。このドラマに携わることで、日本は、世界で最も産業スパイが暗躍しているという事実を知りました。そして、自分達の身近にも産業スパイが潜んでいる現状を知りました。ドラマのハラハラ、ドキドキな心理戦や駆け引き、ストーリーとともに、平和な日本の中でも、企業情報や個人情報の管理の大切さ、重要さも改めて感じていただけるような作品になればと思っております」とコメントを寄せている。





 EXILEのパフォーマー・AKIRAと女優の仲間由紀恵が、10月よりスタートするフジテレビの土曜ドラマ「ハニー・トラップ」で夫婦を演じることが明らかになった。AKIRAは「日本を代表する女優・仲間由紀恵さんをはじめとするキャストの皆さまとご一緒できることに心から感謝しております。また一つ学ぶとともに成長できたらと思います」と喜びを語った。

 本作は、想像を絶する産業スパイの世界にスポットを当てたサスペンスドラマ。何者かに新事業の情報を盗まれ、仕事も私生活も全て奪われた商社マン・悠一(AKIRA)が、失ったものを取り戻すため逆襲に立ち上がる姿を描く。仲間は、見えない敵に狙われる夫を自らの身を削って支える良き妻を演じる。

 テレビドラマ「GTO」では元ヤンキーの熱血教師、「ビブリア古書堂の事件手帖」では本アレルギーのフリーターと、作品によって異なる表情を見せてきたAKIRA。今回も「土ドラ初、そして自身でも初の産業スパイサスペンスということで、すごく楽しみにしております。『ハニー・トラップ』の世界観の中で心身共に追い込むことで、また新たな自分の一面を開拓できたらと思っております」と意気込んだ。

 さらに「このドラマに携わることで、日本は世界で最も産業スパイが暗躍しているという事実や、自分たちの身近にも産業スパイが潜んでいる現状を知りました」というAKIRAは、「ドラマのハラハラ、ドキドキな心理戦や駆け引き、ストーリーと共に、平和な日本でも企業情報や個人情報の管理の大切さを改めて感じていただけるような作品になればと思っております」と見どころを明かした。

 主人公・悠一を窮地に追い詰めようとする人々には、高嶋政伸、小澤征悦、池内博之、内山理名といった俳優陣がふんすることも発表された。(編集部・中山雄一朗)

ドラマ「ハニー・トラップ」はフジテレビ系にて10月スタート 毎週土曜日午後11時10分~11時55分









画像1
画像1