女優のチェ・ジウが2年ぶりにブラウン管にカムバックをする。

チェ・ジウは9月に放送予定のSBS(ソウル放送)の新しい月火ドラマ『怪しい家政婦』(仮題)の女主人公パク・ポンニョ役で出演する。

『怪しい家政婦』は、崩壊直前の家庭にミステリアスな雰囲気の漂う家政婦パク・ポンニョがやってきたことから起きるエピソードを描いた作品。昨年下半期まで日本テレビで放送されて40%を越える視聴率を記録した『家政婦のミタ』が原作だ。父親の不倫が原因で母親が自殺した家庭に家政婦がやってくる設定や父親と4兄弟姉妹という家族構成はそのまま受け継ぐが、入試競争や就職競争など韓国的な背景を加えた。

今回の作品はチェ・ジウが2011年のドラマ『負けてたまるか』以来、約2年ぶりのお茶の間カムバックになり、放映前から話題を集めている。




 女優チェ・ジウが今年9月末に放送予定のドラマ『怪しい家政婦』(SBS)の主人公にキャスティングされた。チェ・ジウのドラマ出演は、2011年の『負けたくない!』以来2年ぶり。

 『怪しい家政婦』は、ベールに包まれたミステリアスな家政婦の話を描いた作品で、原作は日本で11年に放送され40%の高視聴率を記録した『家政婦のミタ』。

 チェ・ジウは「原作のストーリーの感動的ヒューマニズム、主人公のキャラクターの独特な魅力、キム・ヒョンシク監督に対する信頼から、迷うことなく出演を決めた。女優チェ・ジウの新たな挑戦になるだろう」と意気込みを語った。

 これまで映画やドラマで純情可憐型のヒロインや、やり手のキャリアウーマンを演じてきたチェ・ジウが今回「特異な」キャラクターをどのように表現するのか、注目が高まっている。



【ソウル聯合ニュース】韓国の女優チェ・ジウがSBSの新ドラマ「怪しい家政婦」(原題)に主演する。SBSが31日、明らかにした。

チェ・ジウのプロフィールと写真


 同作はベールに包まれた家政婦を描いた作品で、2011年に日本テレビで放送され最終回視聴率40%を記録した「家政婦のミタ」が原作。
 
絶対に笑顔を見せない謎の家政婦の登場で、傷ついた家族が癒されていくストーリーだ。
 
チェ・ジウは2011年のMBC「負けたくない! 」以来、2年ぶりのドラマ出演となる。
 
同作への出演についてチェ・ジウは「原作が感動的で家政婦に独特な魅力があり、迷わず出演を決めた。新たな演技に挑戦することになる」とコメントを寄せた。
 
9月23日に初回放送予定。



画像1
画像1
画像1