きょう31日午前に一般女性(34)との年内結婚を発表した俳優の藤原竜也(31)が、都内ホテルで結婚会見を行った。大勢の報道陣が詰めかけるなか、黒のスーツで登場した藤原は「個人的なことではありますが、9年間お付き合いしている女性と年内に結婚することをファンの皆さまにご報告させていただきます」と笑顔で報告。はっきりしたプロポーズは「まだ」といい、結婚は所属事務所と演出家の蜷川幸雄氏に相談したと明かした。

<同日に発表>藤原竜也が一般女性と年内結婚 9年間の交際実らせゴールイン

 結婚決意の理由については「今年(交際)10年目で、いい区切りになる。芝居や撮影中の大変な時期を支えてくれたので、そろそろいいのかと」と告白。9年に及ぶ交際も「自分にとってはあっという間。よくこんな僕についてきてくれたなと」と感謝を述べた。

 2人は既に6年ほど同居しており、藤原はお相手を「謙虚な優しい方。常にそばにいてくれて、支えてくれた女性」と紹介。似ている芸能人を聞かれると「似ている人はあんまりいなくて、小動物的な、ミーアキャットみたいな。それ言われると怒られるかな」とのろけ、「似顔絵は事故になるので、控えさせてもらいます」と白い歯をこぼした。

 普段はお互いを「下の名前で呼び合っている」といい、子供については「自然の流れで」とした。また、婚約指輪はすでにプレゼントしているといい、「奮発はしてないですけど、普通のやつをあげました」と照れ笑いで明かした。

 入籍日については「彼女の誕生日は夏くらいですが、バタバタしても仕方がないので、それは相談しながら」と現状は未定。相手の両親には今年に入ってあいさつしたといい、「『わかった』と言ってくれた。うれしさもあり、責任感も芽生えてきた」と恥ずかしそうに語っていた。

 お相手の女性とは、2004年の夏に知人の紹介で知り合い、その後交際に発展。9年の交際を経て、昨年末に結婚を決意した。藤原は、弱冠15歳の時に演出家・蜷川幸雄氏の舞台『身毒丸』の主演に抜てきされ、役者デビュー。その後、映画『バトルロワイアル』(00年)、『デスノート』(06年)などに主演し、人気を博している。




 年内に一般女性(34)との結婚を発表した俳優の藤原竜也(31)が31日、東京都内で会見した。

【写真】ミーアキャット…日光浴好むマングース科の食肉類

 藤原は黒いスーツにネクタイを締め、会見場に現れて一礼。「ファンの皆様、関係者の皆様に報告したく、このような席を設けていただきました。よろしくお願いします」と幸せそうにほほ笑んだ。「今年で交際10年目です。区切りということで女性と話を進めてきた。年内の良き日を選んで結婚したい」などと話した。

 04年夏に知人の紹介で知り合ったという女性について「謙虚な優しい人。いつも支えてくれました。小動物系の人で…ミーアキャットのような。なんていうと怒られるかな」と照れ笑いを浮かべた。また、「よくこんな僕についてきてくれたなと思っています」と感謝した。





うれしそうに結婚することを発表する藤原竜也(撮影・金田祐二)
 年内に一般女性(34)との結婚を発表した俳優の藤原竜也(31)が31日、東京都内で会見した。

【写真】ミーアキャット…日光浴好むマングース科の食肉類

 すでに一緒に暮らしているといい、期間について「5、6、7年くらいかな…幅が広すぎますよね」と自分でツッコミながら笑い、「6、7年…7年です」とようやく観念したように言い切ると、会場から温かい笑いが起こった。交際期間が長いことから旅行も何度も行っているようで「海外にも、日本の温泉にも行って思い出を作っています」と話した。

 今後の思いについて問われると「彼女の幸せを最優先することも一つですが、より一層いい仕事を、才能ある人と仕事をしてお芝居に力を入れていきたい」と力強く語った。






うれしそうに結婚することを発表する藤原竜也(撮影・金田祐二)
 年内に一般女性(34)との結婚を発表した俳優の藤原竜也(31)が31日、東京都内で会見した。

【写真】ミーアキャット…日光浴好むマングース科の食肉類

 藤原はお互いに何と呼び合っているかと問われると「下の名前で呼び合ってます。でも、なぜか『や』を付けないことが多いです。あ、ここまで話すつもりはなかったのに…」と自身が「たつ」と呼ばれていることを話した。

 いわゆる“あねさん女房”であることについては「あんまりそういうのはないです。俳優という仕事を理解してくれているので帰宅時間のこととか、家のことをやれとかと言われません」と話した。結婚式の日程については「ばたばたしてもしょうがない。タイミングを考えて、会社とも相談して決めたい」と話した。





 31日に3歳年上の一般女性(34歳)と年内に結婚すること発表した俳優・藤原竜也(31歳)が同日、都内ホテルで会見を行った。2004年に友人の紹介で知り合ったお相手との交際期間は9年間。「今年が10年目、いい区切りかな」と結婚に至った経緯を説明した。同居を始めてからは7年経つという。

大ノロケ!会見フォトギャラリー

 「ファンや関係者の方たちにきちんとご報告をしたくて、この席を設けていただきました」と緊張の面持ちであいさつした藤原は、相手の女性について「やさしい方。よくこんな僕についてきてくれたなって。芝居で大変なときも常にそばにいて支えてくれた。感謝の気持ちでいっぱい」と笑顔で彼女への思いを告白。

 容姿については「小動物系。小柄でミーアキャットみたいな……。こんなこと言うと怒られちゃうかな」と照れ笑い。「手料理もおいしい」とのろけ、普段は「タツって言われているかな」とお互いを下の名前で呼び合っていると明かした。

 藤原は、既婚者の友人・小栗旬と中村勘九郎から「早く結婚したほうがいい」と言われており、年内の結婚を報告した際には祝福を受けたそう。また、新人のときに舞台「身毒丸」で藤原の才能を見出した恩師・蜷川幸雄には「いいタイミングじゃないか」と祝福され、結婚を後押しされたという。

 入籍については「二人のタイミングのいい日を選んで」。子どもは「天命に任せたい。自然の流れで……」と終始笑顔の藤原だった。(福住佐知子)





 映画や舞台を中心に演技派俳優として活躍中の藤原竜也(31)が、9年間交際を続けてきた一般人女性(34)と近く結婚すると31日、所属事務所のホリプロが発表した。年内に婚姻届を出す。

 それによると、2人は2004年夏に知人の紹介で知り合い、交際に発展。昨年末に結婚を決めたという。女性は学年では4つ上にあたり、妊娠はしていないという。

 藤原は埼玉県出身。演出家の蜷川幸雄氏に見いだされ、15歳だった1997年、舞台「真毒丸」で初舞台。蜷川氏の秘蔵っ子として多くの舞台に出演し、2003年の「ハムレット」では、日本演劇史上最年少の21歳でハムレットを演じた。現在は栗山民也氏が演出する「木の上の軍隊」の公演中。

 映画でも「バトル・ロワイアル」「デスノート」「カイジ」など多くのヒット作で主演。今月行われたカンヌ国際映画祭に出品された「藁の楯」では、幼女殺人犯の役を演じている。




俳優の藤原竜也(31)が年内に結婚することが5月31日(金)、所属事務所の発表により明らかになった。お相手は2004年の夏に知人の紹介で知り合い、9年間の交際を実らせた一般女性(34)。藤原さんは同日、ザ・プリンスタワー東京で記者会見を行った。以下、会見の詳細。

新婚旅行は「彼女の希望する場所に連れて行ってあげたい」

――結婚を決められた思い、そしてお相手の女性について教えてください。

藤原さん:今年で交際10年目ということもあり、大変な時期に常に支えてくれた彼女ですし、お話を進めるなかで「そろそろいいんじゃないかな」と。まだ、籍も入れないですけど、入籍前夜にでも(プロポーズの)言葉をかけてあげられれば、喜ぶんじゃないかなと。普通の一般の方で、謙虚で優しい方です。

――結婚を決意するに至った思いは?

藤原さん:(照れ笑いしながら)あんまりニヤニヤするのもなんですけど、自然の流れと言いますか、けじめと言いますか、区切りと言いますか。女性に対する思いもありますし、もっと仕事を頑張っていき、結婚はもうちょっと先でもいいのかなと思う時期もありましたが、タイミング的に今年が一番良かった。去年の暮れから話は進めていた。

――具体的にどんな容姿をされていますか?

藤原さん:誰かに似ている、というよりは小動物系な(笑)、ミーアキャットのような小柄な女性ですね。怒られるかもしれませんが。えっ? スケッチブックに? それは(所属する)ホリプロ的にもすごく考えたんですけど、僕が絵のセンスがあまりにないので「事故になるだろう」という結論になったので、控えさせていただきます。

――すでにお二人で生活をされているんですか?

藤原さん:はい、長くさせていただいています。

――お好きな彼女の手料理などはありますか?

藤原さん:好きな料理は、まあ王道ですけど、お鍋ですとか、カレーライスとかハンバーグですかね。

――演出家の蜷川幸雄さんには、どんなご報告をしましたか?

藤原さん:10代、20代とお世話になっている中で、簡単に自分をサポートしてくれる女性を見つけるのは、これから羽ばたく俳優にとっては良いことではないと厳しく言われたことも。今回、報告させていただいた時は、自分(蜷川さん)のもとで大変なこともあったろうがよく乗り越えてくれたと言ってくださり、新たなスタートとして、竜也が前に進んでいくことを期待していると祝福していただいた。

――非常におモテになるイメージもある藤原さんですが、交際9年間は彼女に一筋だったということですか?

藤原さん:そうですね、僕にとってはあっという間。振り返れば、いろいろありましたが、よくこんな僕についてきてくれたなと。

――どんな家庭を築いていきたいですか?

藤原さん:そうですね。まあ、大きく何かが変わることはないと思いますが、自然体に。僕も今後、多くの才能ある人たちと出会って、仕事を頑張っていくだけだと思っています。いつまでも一緒にいられたら。

――結婚を決意し、何か心境に変化はありますか?

藤原さん:家庭を築くというか、彼女にとっても自分にとっても新たなスタートだなと思っています。

――お互いをどう呼び合っているんですか?

藤原さん:まあ、下の名前で呼び合っていますけど(笑)。(恥ずかしそうに)“たつ”と呼ばれています。

――9年の交際期間で、一番の思い出は?

藤原さん:一番、ということではありませんが、国内外問わず旅行が好きなので、年1回行けるか行けないかですけど、行った時にはいい思い出を作っていますし、国内なら温泉に入ったり。気分転換しています。

――お相手は年上ということですが“姉御肌”のような面はありますか?

藤原さん:あんまりないですね。俳優の世界を理解してくれている方なので、帰宅時間について何か言ってくるとか、「家ではこれをやって」ということはないですね。

――藤原さんの作品を一緒にご覧になることはありますか? 例えばダメ出しされたりすることは?

藤原さん:そうですね…、そこは難しい話ですね。正直「ここは良くない」と言われるとイラっとしますし(笑)、褒められれば素直に喜びますし。よく作品は見てもらっている。

――ケンカをすることは?

藤原さん:よくしますね。僕は3人兄弟の末っ子で、彼女も末っ子なので、末っ子同士でぶつかり合うことも。僕が非常にせっかちで、例えばカフェに入っても、彼女はゆっくりコーヒーを飲みたいのに、僕はビール一杯飲んで店を出たくなってしまう(笑)。あんまり良くないですよね。今後はゆっくりカフェで過ごせるようになりたいですね(笑)。

――気が早いかもしれませんが、お子さんの予定は?

藤原さん:それはもう自然な流れで、授かってくれれば。人数? それも自然に任せて、具体的な希望はありません。

――ご両親にはどんなご挨拶を?

藤原さん:ちゃんと正座して「結婚を考えているんですけど、よろしいでしょうか?」と話をさせていただいた。それは今年に入ってからです。お相手のご両親も「分かった」と言ってくださった。ありがたかったです。嬉しさと同時に、責任感が芽生えた。

――新婚旅行、指輪などのご予定は?

藤原さん:今年はほぼスケジュールが埋まっていますが、良きタイミングで彼女の希望する場所に連れて行ってあげたいです。結婚指輪についても、彼女の希望通りのものを贈れれば。婚約指輪は…、贈りました(照れ笑い)。

――最後にファンにメッセージを。

藤原さん:彼女の幸せを最優先するのはもちろんですし、僕にとっては表現することによってファンの皆さんとコミュニケーションを取ることで、より一層の努力をして、いい仕事をしていくことだと思いますね。これからも応援よろしくお願いいたします。

婚姻届は「年内の良い日」(藤原さん談)を選んで提出する予定。お相手の女性は現在妊娠していない。藤原さんは現在、舞台「木の上の軍隊」(栗山民也演出)に出演している。また、第66回カンヌ映画祭のコンペティション部門に出品された『藁の楯 わらのたて』が絶賛公開中。同作で、藤原さんは10億円の懸賞金がかけられた殺人犯“人間のクズ”清丸国秀を怪演している。今後は、ロンドン、ニューヨークで上演される「ムサシ」(井上ひさし作、蜷川幸雄演出)が秋に公演。また映画『サンブンノイチ』『神様のカルテ2』が2014年春に公開される予定だ。





 きょう31日午前に一般人女性(34)との年内結婚を発表した俳優の藤原竜也(31)が、都内ホテルで結婚会見を行った。お相手の女性とは、2004年の夏に知人の紹介で知り合い、その後交際に発展。その後、9年の交際を経て、昨年末に結婚を決意したという。

<おのろけ会見>藤原竜也、お相手は「ミーアキャット似」

以下は、会見での一問一答。

【結婚を決めた思い。相手の女性について】
付き合い始めて今年10年目になる。いい区切りかなと思って。芝居や撮影中に大変な時期があったのですが、彼女が支えてくれた。所属事務所と演出家の蜷川幸雄氏さんに相談のってもらったところ、いいタイミングじゃないか言われ、それで決めました。

【結婚への経緯は?】
あんまりニヤニヤすると怒られるんですが…。結婚は自然の流れといいますか、ケジメといいますか、区切りといいますか。元々、個人的には結婚はもうちょっと後でいいのかなと思う時期があったのですが、時期的に今年が1番よかったのかなと。去年の暮れごろから話は進めていきました。

【同居生活は何年ぐらいか】
5、6、7年くらいかな…。幅が広すぎますね。6、7年は一緒に住んでいるんじゃないでしょうか。

【プロポーズの言葉は? 入籍日はいつごろか】
プロポーズに関しては、まだ籍を入れてないので(まだ)。良き日にタイミングがあれば、声をかけたい。(籍は)彼女の誕生日は夏くらいですが、バタバタしても仕方がないので、お互いや、会社の人たちにとってタイミングいい日を選びたい。

【交際9年はどんな期間?】
すごくあっという間だった。でも振り返ってみると、長い9年だったとも思う。よくこんな僕についてきてくれたと感謝の気持ちでいっぱいです。

【交際中の1番の思い出は?】
お互い国内問わず旅行が好き。海外旅行に毎年行くか行かないかですけれど。温泉にいったことはいい思い出として残っている。いろんなところに行って、思い出作ってます。

【新婚旅行・結婚指輪の予定は?】
たまたま、今年の僕のスケジュールがほぼ埋まっているので、なかなか連れて行ってあげれない。でも、彼女の望むところに連れて行ってあげたいですし、指輪も希望通りのものを用意できれば。婚約指輪は奮発はしてないですけど、普通のやつをあげました。

【お相手はどういう方?】
年は4つ上で、いま34歳です。謙虚な優しい方。常にそばにいてくれて、ずっと支えてくれた女性。

【似ている芸能人はいますか】
あんまりいなくて、小動物系なんですかね? ミーアキャットのような、小柄な女性。ミーアキャットと言って怒られるかもしれないですけど。絵の才能がないので、似顔絵の方は控えさせていただきます。

【彼女の手料理は?】
映画撮影中は時間もなくなっている時期なので、家事を手伝ってもらっている。料理は簡単なものも美味しいですし、ハンバークだったり、カレーも美味しい。よく作ってくれているなと。(好きなメニューは)冬場だったら、お鍋も美味しく作ってくれます。

【友人の方への報告はどんな風に?】
実は、中村勘九郎さんから「結婚しろ」と言われてて、さきほど電話もらいまして、「久しぶりに泣いたよ」と言ってもらいました。

【仲のいい小栗旬から夫婦円満のアドバイスは?】
特に秘訣は聞いていない。今日のことを彼も中村勘九郎さんもすごく祝福してくれて。(夫婦生活は)大変なこともあるでしょうから、その時はよきアドバイスをもらいたい。

【蜷川幸雄さんにはどんな話をしたか】
蜷川さんからは「簡単に自分をサポートしてくれる女性を作るということは、いまから飛び出していく俳優にとっては、よくないかもしれない」と教育を受けていた。今回、報告したときは「10、20代の時、大変なころもあっただろうけど、よく乗り越えてきた。竜也が新たなスタートをきって進んでいくことを、僕は祝福するよ」と言っていただいた。

【お相手のご両親にはどうごあいさつを?】
ちゃんと正座して、「こういうことを考えている」と今年に入ってからあいさつした。返事は「わかった」とシンプルでありがたかった。うれしさもありますし、責任感が芽生えてきましたね。彼女にとっても、自分にとっても新たなスタートだなと思っております。

【どんな家庭を築いていきたい?】
特に変わることはないと思いますけど、お互い自然体で一緒にいれたらいいなと思います。

【お互いをどう呼び合っているか】
僕は下の名前で。彼女も僕のことは下の名前で。でも「や」をつけないことが多い、「たつ」と。

【“姉さん女房”になるわけだが、そういう雰囲気ですか?】
あんまりないですね。すごく俳優の世界を理解してくれている方。帰宅の時間だとか、家のことやりなさいと注意されることはない。

【お相手は、藤原さんの出演作を見る?】
よく見てもらってます。「ここはよくない」って言われたらイラッてしますね。でも褒められたら素直にうれしい。

【喧嘩はするのか】
よくしますね。僕は3人兄弟の末っ子で、彼女も末っ子なんです。末っ子同士でわがままでぶつかったりします。僕は非常にせっかちなので、同じところに留まっていない。カフェに入っても、彼女より早く飲み物を飲んでしまって、僕はそのまま席を立ちたい。あんまりよろしくないですね。今後はカフェでゆっくり過ごせるようにします。

【お子さんは?】
自然の流れで、授かってくれればいいかなと。

【今後に向けて】
彼女の幸せにするのが最優先。僕も表現することで、いろんな人たちとコミュニケーションがとれる。才能ある人といい仕事をすることが僕に大事になってくる。入籍を機に、より一層頑張って参りたいと思いますので、応援してください。よろしくお願いします。





 舞台「身毒丸」や映画「デスノート」シリーズなどで知られる俳優・藤原竜也(31)が31日、一般女性(34)と結婚すると発表した。女性は妊娠しておらず、婚姻届は年内に提出する予定。

【写真】ミーアキャットとは?日光浴好み太陽に向かって立ち上がる姿が…

 同日、都内で会見した藤原は、2004年に出会ってから、9年間交際を続けてきたことを明かし、「大変な時期も常に支えてくれたのが彼女だった」と真剣な思いを告白。純愛を貫いてのゴールに笑顔を見せた。

 純愛9年、藤原が人生の節目を迎えることになった。スーツ姿で会見した藤原は「9年お付き合いして、今年で10年目。いい区切りかなと思って女性と話し合い、結婚を決めました」と報告した。女性とは2004年の夏ごろに友人の紹介で知り合い、交際に発展。「仕事で大変だったときも常にそばにいて支えてくれました」と大切な存在であることを力説した。

 姉さん女房となる女性については、「(学年で)4つ上。謙虚で優しい方です」と紹介。女性の似顔絵は、自身の画力が足りずに断念したことを明かし、「小動物系の…、ミーアキャットのような人ですかね」と動物に例えて、かわいさを表現した。

 藤原といえば、一部で“プレイボーイ”と表現されるほどのモテモテ伝説が伝えられていたが、実は女性とは7年ほど同せい生活を送っていたという。「一筋でした。彼女もよくついてきてくれたと思います」と感謝した。女性からは「タツ」と呼ばれており、時には出演作を厳しく評価されることもあるという。

 すでに所属事務所「ホリプロ」の堀威夫ファウンダー(創業者=80)や、師と仰ぐ演出家・蜷川幸雄氏(77)にも報告済み。交際を始めた当初は否定的だった蜷川氏も「10代、20代に大変なことをよく乗り越えた。祝福する」と喜んでいたという。以前から結婚を強く勧めていた友人の歌舞伎俳優・中村勘九郎(31)から会見前に電話が入り、「久しぶりに泣いたよ」と祝福された。

 挙式・披露宴などは未定だが、すでに女性の両親にあいさつは済ませている。「(両親から)『分かった』と言っていただき、うれしいし、違う責任感がわいてきました。自分にとっても彼女にとっても新たなスタートです」。少年のイメージが強かった藤原が力強い男の顔を見せた。





 俳優、藤原竜也(31)が3歳年上の一般女性と結婚することになり、俳優の小栗旬(30)が31日、「おめでとう! ずっと見てきた2人だから、本当にわが事のようにうれしいです。お幸せに!」と祝福コメントを寄せた。

【写真で見る】終始、照れながら結婚を発表した藤原竜也

 同じ1982年生まれで、15歳の時にドラマ「それが答えだ!」で共演して以来、互いに無二の親友と公言。居酒屋で演技論を戦わせるなど何でも話し合える同志の結婚に大感激した。小栗本人は昨年3月に女優、山田優(28)と結婚。今後は愛妻トークで盛り上がる!?




俳優、藤原竜也(31)が3歳年上の一般女性と結婚することになり、31日、都内で会見した。お相手は9年前に知人の紹介で出会った元OL(34)で、今年が交際10年目の区切りとなる上、恩師の演出家、蜷川幸雄氏(77)に一人前の役者だと認めてもらったことで決意した。年内に婚姻届を提出する藤原は、照れながらも「結婚を機に、さらに芝居に力を入れていきたい」と決意を新たにした。

 普段はクールな印象が強い藤原も、この日ばかりは笑顔が弾けた。

 突然の発表だった。31日午前、所属事務所を通じて結婚を知らせるファクスが届き、その3時間半後に記者会見。黒のスーツで登壇した藤原は「9年間交際してきた一般の女性の方と、年内の良き日を選び、入籍しようと決めました」と“電撃婚”を報告した。

 2004年夏、友人の紹介で食事をしたのがきっかけで交際へと発展。節目の10年目となるのを機に、昨年末に結婚を決意したという。

 4学年上の姉さん女房になるが、「謙虚で優しい方。常にそばにいてくれて支えてくれた」と告白。芸能人には例えられないといい、「小動物系でミーアキャットのような小柄の女性。こんなこと言ったら怒られるかな」とマングース科の動物を挙げ、ノロけた。

 7年前から同居生活を送っているが、プロポーズはこれからで「タイミングがあれば、入籍の前日にすれば喜んでくれるかな」。妊娠はしておらず「自然の流れで授かってくれれば」と語った。

 恩師の言葉も結婚への後押しとなった。15歳だった1997年に、いきなり舞台「身毒丸」の主演に大抜てきした蜷川氏だ。「10~20代のときに簡単にサポートしてくれる女性を作ることは、今から飛び出していく俳優にはよくないという教育を受け、厳しいことも言われた」と振り返った。

 その教えを守ってきた。甘いマスクで実力派、若さにもあふれ、世の女性は放っておけない“逸材”。それでも誘惑に負けず、スキャンダルもなく、交際相手をマスコミに知られることなく、硬派に、いちずに愛した。

 結婚の意思を蜷川氏に報告したところ、「『大変なこともよく乗り越えて30代を迎えた。祝福する』と言ってもらえました」と一人前の役者として認められたことが、決意を固いものにした。

 「これからも才能ある人と仕事をしていき、芝居に力を入れていきたい」

 新たな決意表明で結んだ藤原。伴侶とともに、役者としてさらなる高みをめざしていく。




 俳優の藤原竜也(31)が31日、一般女性(34)と結婚することを発表し、都内で記者会見を開いた。

 超辛口の演出家・蜷川幸雄氏(77)からも評価を得ている演技派の藤原。この日は黒のスーツでビシッと決めながらも、終始笑みがこぼれるおのろけムード全開の会見となった。

 2004年夏に友人の紹介で知り合い、交際開始。この時期での結婚に「今年は(交際して)10年目。いい区切りかなと思った。そろそろいいんじゃないかと思った」。所属事務所幹部や蜷川氏にも相談。「いいタイミングじゃないか」と背中を押された。

 年内に「良き日を選んで」籍を入れる予定。プロポーズはまだで「入籍前夜にも声をかけてあげれば」と、はにかんだ。

 姉さん女房となるフィアンセの素顔については赤面して言葉を選んだ。

「(芸能人で)似てる女性があんまりいないんです。小動物系な、ミーアキャットのような小柄な女性。こんなこと言ったら怒られるかも」

 スケッチブックで婚約者の似顔絵を求められたが、やんわり拒否。「あまりにも(絵を描く)センスがない。(放送)事故になるだろうと思うので、控えさせてください」と頭をかいた。

 すでに同棲して6~7年たっているといい、「ケンカはよくします」。

「お互い末っ子同士。ワガママがぶつかったりする。僕がせっかち。同じところにとどまってないんです。喫茶店に入って、彼女がコーヒーを飲んでても、僕はビール1杯で帰っちゃう。今後はゆっくりカフェで過ごせるようにしたい」と苦笑い。

 出演作品についても「よく見てくれてます。『ここは良くない』といわれるとイラッとするけど…」と笑いを誘った。

 婚約指輪は「奮発してない。普通のです」。女性は妊娠していない。「タツ」と呼ばれているという。

 俳優の小栗旬(30)、歌舞伎役者の中村勘九郎(31)と仲が良い藤原。「祝福してくれた。すごくありがたい。勘九郎さんには『(結婚)しろ! しろ!』と言われてた。さきほど電話もらって『久しぶりに泣いたよ』と言われた」と明かした。



「彼女は常にそばにいてくれて、ずっと支えてくれた女性です。(似ている芸能人は)あまりいなくて、小動物系なんですかね。ミーアキャットのような女性です」

 5月31日、元OLの一般女性(34)と年内に結婚する予定であることを発表した藤原竜也(31)。交際9年、同棲7年を経てのゴールだった。2人の出会いは’04年の夏ごろ。知人の紹介による食事から徐々に交際に発展していったという。2人の関係をより決定づけたのは、’04年末、舞台『ロミオとジュリエット』出演中に、彼が腰痛を悪化させたことだった。

「そのときに彼女が年上ぶりを発揮して、かいがいしく面倒をみたことで交際が本格的に発展したと聞いています。もうそれ以来、彼にとって彼女は欠かせない存在になったんですね。その翌年ぐらいにはもう同棲を始めていました」(舞台関係者)

 9年間の交際中、彼女は決して『結婚』の二文字を出すことなく、彼に寄り添って生きてきた。藤原に対して、決して多くを望まなかった彼女が唯一漏らしていたのは『赤ちゃんが欲しい』という願いだった。一方、藤原も周囲の親しい人たちが立て続けに結婚したことに触発されたようで、2年ほど前から結婚願望が芽生えてきていたという。

「結婚を決めたきっかけになったのは昨年12月に中村勘三郎さんが亡くなったことです。藤原さんは勘九郎さんを通じて勘三郎さんとも交流があり、大変慕っていました。父親の死に気丈に振る舞う勘九郎さんと、彼を支える妻の前田愛さんの姿を見て、結婚を意識したようです。勘三郎さんも『結婚はいいよ』って藤原さんにアドバイスしていましたしね。藤原さんが結婚を具体的に考え始めたのも昨年の12月です」(歌舞伎関係者)

 勘三郎さんに背中を押された藤原の結婚。2人の“長すぎる春”はようやく開花を迎えたーー。




 演技派俳優・藤原竜也(31)が先月末に、一般女性(34)と年内に結婚することを発表し、都内で記者会見を開いた。

 2004年夏に友人の紹介で知り合い、交際10年目の今年ゴールイン。終始笑顔でおのろけムードだったが、お相手の素顔については「(芸能人で)似てる女性があんまりいないんです」と歯切れが悪い。ならばとスケッチブックで似顔絵をお願いされても「あまりに(絵を描く)センスがない。(放送)事故になるだろうと思うので控えさせてください」とやんわり拒否し、苦笑い。

 実は藤原、知る人ぞ知る“絵心ゼロ人間”だという。「周りのスタッフは知ってますよ。女性(婚約者)の似顔絵を描かせたら、絶対に『ゾンビみたい』とからかわれる」(関係者)

 バラエティー番組スタッフは「それを知ってるから、お笑いのイメージではなく正統派で売っている藤原に、絵を描かせる企画はオファーできない。小さいころから絵画は苦手らしい」と明かす。別の関係者は「中居さんみたいなんじゃないか」と言う。

 SMAP中居正広(40)は絵がド下手で、親しみを込め関係者の間では「画伯」と呼ばれている。ネット上には、あまりにキテレツで理解不能な動物や人物を描いた作品が並ぶ。

 藤原はフィアンセのルックスについて「小動物系な、ミーアキャットのような小柄な女性。こんなこと言ったら怒られるかも」と例えて頭をかいたが、確かに晴れの席で“ゾンビ顔”を公開しようものなら新婚生活が苦いものになってしまうかも。





 俳優の藤原竜也(31)が結婚会見を開き、年内に結婚することを発表した。お相手は9年間交際を続けてきた元会社員(34)。

「以前から年上好きは公言していましたが、それでも意外でしたね」と言うのは女性週刊誌記者。

「かつてはかなりの遊び人といわれ、10代で100人斬りなんて話も出るほどのモテ男。そんな彼が選んだ結婚相手は年上の一般女性で、しかも9年も純に愛をはぐくんでいたということで彼のイメージが変わりました。好感度アップです」

 子供ができちゃたわけでもなく、写真を撮られたわけでもなく、入籍の日時も決まってない中での発表は珍しい。

「実は11月に「藤原竜也と行くハワイツアー」というファンとの旅行企画があるんですが、その募集をかける前に発表したいというのが彼の意向だったのです」

つまりファンを裏切りたくないという藤原の誠実さからだったようだ。これも年上女性仕込み!? 





 かつては16才にして女性の経験人数は100人と噂されたが、それも今では伝説のように語り継がれている。

 そんな藤原竜也(31才)が5月31日、一般女性(34才)との婚約を発表した。2004年の夏に知り合ったというフィアンセも4才年上。超モテ男ゆえなのか、ゴールインまで実に9年もの時間を要したわけだが、こんなにも長く、女心をつかみ続けていられたのはなぜなのか? イケメン評論家の沖直実さんはこう話す。

「藤原さんはただならぬ年下なんです。ペットにできる年下ではなく、人間として同等につきあえる存在。それにはやっぱり仕事ができるというのがありますよね。彼の芝居に対する誠実さ、ストイックさは男として尊敬できる。

 演出家の蜷川幸雄(77才)に評価されているという点も大きい。でも笑顔になると、少しはにかんで八重歯が見えたりしていわゆるかわいい年下の男の子になる。そのギャップを持ち合わせている年下男性って、なかなかいないんですよ」

 また藤原はその派手な外見からは想像もつかないが、実はとっても“庶民派”。

『女性セブン』は以前、藤原と彼女のデート現場に居合わせたことがある。場所は都内の繁華街にある大衆居酒屋『世界の山ちゃん』。手羽先1人前(5本)400円ということもあって、周りは学生やサラリーマンでごった返していたが、そんな中、友達カップルと普通に飲んでいた。

 また同棲していたマンション近くの下町は、ふたりのデートスポットだった。

「よく夜遅くにふたりでふらりとやって来て、ビール飲んで、ラーメンと餃子を食べて帰っていくんですよ。長いつきあいなんでしょ? これといった会話がなくても、いい雰囲気なんですよね」(ラーメン店関係者)

「焼酎とか日本酒とか買って行くよ。いつも同じ女の子と一緒です」(近所のコンビニスタッフ)





“隠れ肉食系”藤原竜也(31)の結婚相手とは――。

 先月31日に9年間交際していた一般女性Aさん(34)との年内ゴールインを発表した藤原。彼女の容姿について本人は「似ている芸能人はあんまりいなくて。ミーアキャットのような女性」とだけ答え、似顔絵のリクエストも絵心のなさを理由に断った(本紙既報)。

 そこで本紙が取材を進めると…。

「Aさん? ああ、あの子ね。よく彼が電話で呼び出していたよ。一緒に飲み会に参加したこともあったね。すごく面倒見のいい子で、酔うと甘える彼をうまくコントロールしている感じ。理想のあねさん女房ですね」

 そう明かすのは藤原を知る舞台関係者だ。外見については「ズバ抜けて美人というわけではなく、一見するとキャバ嬢みたい(笑い)」と“毒”を吐くが、それを補って余りあるほど“デキた女性”という。

 藤原といえば、童顔とは対照的に“隠れ肉食系”で有名。16歳の時にすでに「100人斬り」と豪語。その後も“記録”を伸ばし続け、現在は「1000人斬り」とウワサされている。

「1000人は言いすぎだけど、それなりの数はこなしていますね。彼は芸能人には見向きもせず、いわば“素人専門”。キャバクラが大好きで、若かりしころはハメを外すことも多かったようです」とは藤原を知る人物。

 別の関係者も補足する。「女性とは基本的に1回こっきり。(女性の)ストライクゾーンは広く、一緒に仕事したスタッフや取材を担当したライターさんにも『この後、飲みに行きませんか?』と声を掛ける。相手が藤原さんなら女性もうれしくて付いて行きますよ」

 そんな藤原の“夜遊び”を大目に見続けたAさんはさすが。一部では「過去のこともあって藤原はAさんに頭が上がらない。カカア天下は間違いない」という声も聞こえてくるが…。


画像1
画像1
画像1
画像1
画像1
画像1
画像1
画像1